「家族や恋人から転職を反対されてしまった!」という時の対策

スポンサーリンク
反対面接対策

今回のテーマは”身内から転職を反対されてしまったら“です。

転職活動を始めるとたくさんやることがあります。

その結果、家族、恋人への相談を後回しにしてしまった。。。という方も多いのではないでしょうか。

ここでは「せっかく転職活動頑張ったのに家族や恋人から反対されてしまった!」という場合について、それぞれに対処法をまとめていきたいと思います。

また、相談していない人は「転職の内定をもらって一安心。。」というタイミングで周りから反対されないように、対策をしていきましょう。

この記事はこんな悩みを抱えてる人におすすめ!!

  • 転職活動をしていたら家族に反対されてしまった。しかし最終面接は間近。。
  • 「恋人に黙って転職活動をしているけど、相談したほうがいいかな」という悩み

大前提:自分のスタンスを決めよう

自分のスタンスを最初に決めることが何より大事なことです。

実際に転職活動をするのはあなた自身なので、

家族の反対を押し切ってもやりたい仕事への転職なのか

家族のことを考えるとゆらぐのか

この点をはっきりしないと、「家族を説得する」にしろ、「転職を止める」にしろ後悔のある結果になってしまいます。

ここをはっきり自分の中で定めた上で、次の内容へ進んでいきましょう。

あなたを止める家族の気持ちを考えよう

自分のスタンスが決まったら次にやるべきことは、転職に反対している方の気持ちを考えることです。

ご家族や恋人は、あなたのことを「頭ごなしに否定して転職を止める」ように言ってはないはずです。

例えば、ご家族を持っている場合には、

  • 子供が来年から小学校に入る
  • 家を買うためにローンを組んだところ

というように理由があるはずです。

上記の例ではどちらも

  • 子供が来年から小学校に入る     だから お金が必要
  • 家を買うためにローンを組んだところ だから 失業するわけにいかない

というように転職に失敗してお金がなくなったら困るという気持ちが反対する理由となっています。

反対している方が何故反対しているのか、その点をしっかり考えることが重要です。

妥協点があるか模索してみよう

さて、ここまでで

  • 自分のスタンス
  • 反対する人の気持ち

を考えてきました。

それらを踏まえて妥協点、折衷案があるか考えていきましょう。

1.転職理由が”給料”の場合

転職のモチベーションが、”より高給取りになりたいから“という場合。

転職にさえ成功すれば、お金の理由は打ち消すことができるので転職に成功する根拠を示せばいいことになります。

例えば、転職エージェントに登録していて、面接の練習や履歴書の添削などのサポートがあるということを示して説得することができるでしょう。

既に面接を受けていて、いくつか通っているのであればそれも大きな根拠になります。

転職活動をしていないほとんどの方は、転職エージェントや転職サイトでできることの多さをわからないと思います。

そのため、きちんと説明してあげたら家族や恋人も、よりフラットに転職について考えることができるでしょう。

2.転職理由が”職場環境の改善”の場合

転職のモチベーションが、”ブラック企業で働いていて体調壊すから”という場合。

(この場合は、あまり反対されないかもしれませんが。。)

この場合、例えば単に今より仕事がゆるいところに転職する予定だと、収入が減る可能性があります

収入が減る場合、周りの方から反対される可能性が高いので、他の要素で補完できることを伝えましょう。

例えば

  • 福利厚生が充実している
  • 家賃補助が出るのでトータルの出費が今と変わらない

などの利点を主張して、生活自体は今より悪くならないと理解してもらえるように説得しましょう。

まとめ

いかがでしょうか。

今回は転職を家族、恋人に反対された時の対処方法についてまとめました。

流れとしては

  1. 自分のスタンスを決める
  2. 相手の気持ちを考える
  3. 転職理由を考え、妥協点をさがす

というようにして少しずつ解決していくと良いでしょう。

ぜひ、自分の後悔のないように決断していってください

タイトルとURLをコピーしました