【面接でアピール!】転職に有利な資格10選!!

スポンサーリンク
スキル関連

転職活動を行うにあたって、どのような資格を持っているかは非常に大切です。

資格を持っていないと転職がうまくいかないということはありませんが、持っていた方が転職活動において有利になることは確かです。

ここまでの「資格が転職活動に大事」という話は前提としてみなさん意識を持っていると思います。

どのような資格があれば転職に有利なのか分からないという人は多いのではないでしょうか?

あとむ
あとむ

闇雲に資格を取れば良いというわけではなく、転職に有利な資格を効率良く取得していくことが転職成功の近道です。

ひとくくりに転職に有利な資格といっても、目指している転職先によって必要性のある資格は異なります。今回の記事では、転職先のジャンルごとに持っていると有利になる資格を数点ずつ紹介していきます。ぜひ参考にしてください。

事務系資格

まず最初に紹介するのは、事務系の転職先を考えている方がとるべき資格です。事務職といっても、業務内容は幅広く担当する仕事は様々ですが、どの会社にも事務職は必要なので会社の規模などを選ばなければかなりの数の求人がある仕事と言えます。

MOS資格

事務系の資格で、持っていると有利な資格の1つにMOS資格があります。MOSとは”Microsoft Office Specialist”の略で、名前の通りマイクロソフトオフィス製品のスキルを証明できる資格です。

具体的にはワードやエクセルのスキルのことで、スキルのアピールだけでなく取得過程において作業の効率化などについての知識を深める事ができます。

かなりIT技術は進んでいるのにまともにオフィスのツールを使える人って割合かなり少ないですよね。教養として学ぶという意味合いでも是非取っておくことをおすすめします。

日商簿記

日商簿記も持っていると事務系の転職の際に有利になります。

簿記とは、経済活動の記録や計算、整理を通して経営の成績をまとめる技能です。
日商簿記の資格があると、経理事務としての会計知識や経営における分析力などを証明する事ができます。

秘書検定

事務系資格の最後に紹介するのは秘書検定です。

秘書検定とは社会人なら身につけるべきマナーや立ち振る舞いの理解度を証明できる資格です。
試験は筆記と面接で行われ、態度や言葉遣い、仕草や身なりなども合否の判定対象となります。

あとむ
あとむ

女性がやってるイメージの多い秘書ですが、秘書検定はマナーが身につくという観点で男女問わずいい資格だと思います。

IT系資格

次に紹介するのは、IT系の転職先を考えている方がとるべき資格です。

実はIT系に転職する際には資格よりも経験が重視される事が多い傾向があります。しかしながら、資格がないよりあった方が良いのは確実ですし、資格取得への過程での学習は必ずあなたの今後に役立ちます。

勉強の意味も兼ねて資格を取得しておいて損はないでしょう。

ITパスポート

IT系で最初に紹介する資格は、ITパスポートです。ITパスポートはITに関する幅広い基礎知識を証明する事ができる国家資格です。具体的には、IT技術や経営戦略やマーケティング、さらにはプロジェクトマネジメントの知識など、とにかくITに関する総合的な知識が必要な資格です。ITパスポートは実際に大企業も取得を推奨している価値のある資格です。

基本/応用情報技術者

次に紹介するのが基本情報技術者という資格です。このブログでも何度か紹介しております。

この資格は、高度IT人材に必要な基本的知識に加え実際にそれを活用する技術までを身につけた人が取得できる資格です。

ITパスポートと似たような資格ですが、基本情報技術者はITパスポートより少し踏み込んだレベルの知識と技術が必要な資格です。また、基本情報技術者を取得するにはプログラミングの知識も必要です。

これのステップアップした資格が応用情報技術者です。

この資格は基本情報技術者のさらに上のレベルの資格で、基本的な知識に加えて実際の実務経験を積んでいることも取得の条件として必要となってくる資格です。

営業系資格

最後に紹介するのは、営業系の転職先を考えている方がとるべき資格です。

営業をするひとにとって、相手から信頼を得ることはとても大切です。
営業職の場合は転職活動の時だけでなくそのあとの営業活動にも提案、話の信頼度などで資格の有無が大きく影響します。

営業士検定

営業系の転職先を考えている方は、営業士の資格を取得していると有利に転職活動を行えるでしょう。

営業士検定とは、営業に関する知識を試す検定で、初級上級マスターの3級に分かれています。
初級では基本的な営業知識、上級では営業指導技術や管理業務、マスターではマネジメントやマーケティングに関する専門知識まで幅広い問題が出題されます。

セールスレップ

次に紹介するのはセールスレップ資格です。

セールスレップ資格とは、メーカー企業と販売先の間に立ち販売活動を行う技術を証明する事ができる資格です。こちらの資格も3級に分かれていて、営業や販売活動の基礎から応用、プレゼンテーションの技術まで様々な技術をつける事ができます。

中小企業診断士

3つめに紹介する資格は、中小企業診断士です。中小企業診断士とはビジネスパーソンが取得したい資格ランキングの1位である資格で、会社の経営に関する知識を身につけ、中小企業のコンサルティングの技術を証明する事ができます。

企業のコンサルティングができれば、その知識は営業で役立てる事ができます。営業にとって必要な知識をたくさん学べる資格ですので、是非取得を検討してみてください。

TOEIC

営業系の転職で有利になる資格で最後に紹介するのはTOEICです。
TOEICは英語力を証明する世界共通の資格で990点満点の点数方式で評価を受けられます。

この資格は有名なので知っている人も多いのではないでしょうか?

営業の仕事をするにあたり、英語は必須知識ではありませんがグローバル化に伴い英語の需要は高まっています。英語力を持った人材は、今後ますます必要とされていくでしょう。

営業系に分類しましたが、最近は社内の公用語を英語にしている会社も出てきているので自分の転職の可能性を狭めないためにも是非獲得しておきたいです。

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は事務系、IT系、営業系の3種類に分けて全部で10この資格を紹介しました。これらの資格は、それぞれの業種の転職活動の際にあなたを有利にしてくれる事でしょう。

今回紹介した資格以外にもまだまだたくさんの資格があるので、皆さんもぜひ色々な資格について調べて、自分の転職に必要なものを取得するようにしましょう

この記事が転職活動の際に、皆さんの力になれば嬉しく思います。

オススメの転職サイト

大手企業、中小企業どちらを選ぶべきか?という話でしたが、やはり実際には相手企業とやりとりしてみたら「中小を狙ってたけど大手に行きたい!」ということもあり得ます。

転職サイトを上手に使って自分のニーズにあった求人を探していきましょう!

doda

doda(デューダ)はパーソルキャリアが展開する転職サイトです。
求人情報が多く転職活動を始める上でとりあえず登録しておきたいサイトの一つです。

「私の転職エピソード」「「自己PR」発掘診断」という転職で悩みやすいことがらに焦点を当てたコラムもあり、転職したい人の強い味方になってくれます。

より詳しい情報はこちらの記事から!!

リクナビNEXT

5/1現在でITエンジニア(システム開発・SE・インフラ)関連の求人が9375件と多く、IT業界への転職を検討している方は是非利用をしてほしい転職サイトです。

より詳しい情報はこちらの記事から!!

タイトルとURLをコピーしました