20代の転職は厳しい?第二新卒で転職するメリット・デメリット

スポンサーリンク
年代別転職

こんにちは。


今回のテーマは“20代の方で転職活動をするときのメリットデメリット”についてです。

新卒で会社に入ってみて、研修を真面目に受けたものの実際に働き始めたらなんか思っていたのとちがう。。

とりあえず3年。と違和感を抱えながら働いていたものの転職したくなってきた。

ということは、みなさんあるかと思います。
今回は実際に20代で転職するときに考えられるメリット、リスクについてまとめていきたいと思います。

この記事の対象者

  • 転職に興味があるが、まだ右も左もわからない。。
  • 20代であまり貯金もないし、転職活動に失敗したらどうしよう。。

という悩みを持った方。

20代で転職をするメリット

最初に20代で転職することについてのメリットをまとめていきたいと思います。

主なメリットとしては以下があると思います。

新しい職種に挑戦することができる

「同じ仕事を続けていて自分の成長になるのか?」

「職場の雰囲気がどうしても合わない。会社のせいか業種のせいなのか」

と悩みを元に転職を考え始めることが多いかと思います。    

20代での転職の場合、良くも悪くも業界に染まっていないので、仮に前職と全く異なる業種に努めたとしても新しい知識を吸収する抵抗が少ない状況です。  

この点は大きなメリットといえるでしょう。

第二新卒で扱われるため比較的転職しやすい

第二新卒とは、学校卒業後に一旦就職したが、その後に数年で退職している人のことを言います。    

上の項では、転職をする側の意見としてメリットを述べましたが、企業としても 第二新卒の方は

  • 「柔軟性がある」
  • 「能力開発の余地が大きい」

と言う風に前向きに捉える傾向にあるようです。

そのため、社会人として活動を始めてから3年程度(目安)での転職だったら第二新卒として扱われ、比較的転職しやすい立場にいると考えられます。

20代で転職をするデメリット

新卒に比べてスキルや実績が要求される

就職活動はおしなべて新卒である方が有利です。  

新卒に対して企業は学生時代の活動を元にその人の期待度で採用しますが、転職となるとそれまでの退職理由やスキル、人となりなどをを評価の対象とするからです。  

つまり、新卒のように新人研修を受けさせなくても戦力になるかを考えています。  
(この点は第二新卒でも同じですが。。)

この求められるスキルは例えば

  • 「高度情報試験の資格を持っている」
  • 「プロジェクトのマネジメント役として一定期間活躍した」

など実績を求められます。

その点で言えば、経験自体が浅い20代での転職は難しいと言えます。

周りの目が気になる・・・

一昔前に比べて、転職に関する環境は社会全体的に徐々に整ってきていると言えるでしょう。  
それでも20代の転職活動となると、周りからは

  • すぐやめるなんて根性がない  
  • まだ仕事にも慣れていないのにやめる判断をするなんて早急だ  
  • 会社に忠誠はないのか。

と言う意見が出てくる可能性があります。

転職を考えている時点で、給料や福利厚生、社風などが入社時に期待していたものと違うという考えがあるかと思いますので、それらに屈してしまうのはもったいないです

また、転職する側としてもできれば円満退社したいので周りからの意見とは折り合いをつける必要が出てきます。

転職活動のスケジュール調整が大変

転職活動をするにあたり、どうしても日々の業務の後に面接に行ったり土日を潰してイベント参加したりというスケジュールになりがちです。  

また、場合によっては今いる会社に有給の申請をしてまで面接を受ける必要が出てくる場合もあります。

(転職を考えている先の最終面接が日中だった!など)

20代だと会社の制度や雰囲気にもよりますが、自由に有給申請を通すということは難しくなりやすいです。

そのため、転職活動のスケジュール繰りが大変になります。

20代の方が転職活動を始める際にやることは?

今回の記事では20代で転職をする場合のメリット、デメリットについて例を挙げて紹介しました。

メリット

  • 新しい職種に挑戦しやすい
  • 第二新卒で扱われるため比較的転職しやすい

デメリット

  • 新卒に比べてスキルや実績が要求される
  • 周りの目が気になる
  • 転職活動のスケジュール調整が大変

デメリットにあげた内容の解決策としては、転職エージェントを利用した転職活動を行うことです。

上述の通り、転職活動を現在の会社の業務と並行した場合、業務後に面接を組んだり、有給を使って面接を受けたり、土日を当てて転職活動の情報収拾する必要が出てきます。

その点、転職エージェントを介して面接スケジュールの希望を相手企業に伝えておけば、自分の代わりにエージェントが面接日程を相手企業と調整してくれるため面接内容に集中することができます。

また、20代で業務経験が浅いため、履歴書に自信がないような場合も気軽に相談することができます。

積極的に転職エージェントを利用して、転職活動をストレスフリーに成功させましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました