【30代向け】転職活動前に知りたいメリットとデメリットについて

スポンサーリンク
年代別転職

こんにちは。

今回の記事のテーマは”30代の転職活動について”です。

30代というのは結婚や出産、育児、人によっては介護等様々なライフイベントが重なってくる年齢です。30代になってから自分自身の人生を考え、転職活動を考える方も多いのではないでしょうか。

今日は30代で転職活動をする前に考えておきたい、転職をするメリットとデメリットについてお知らせします。

この記事の対象者

  • 「30代になってからの転職はむずかしいのかな」と不安に思っている

といった悩みを持った方。

30代で転職するメリット

まず30代で転職するメリットについて考えていきましょう。

年収が上がる可能性がある!

教育要素の多い20代と異なり、30代はビジネスパーソンとして社会人スキルを身に着け経験を豊富に積んでいる方が多いでしょう。あなたのこれまでの経験を欲している企業に応募をすることができれば年収アップの好待遇で迎え入れてくれることがあります。

ただ、年収アップのためには以下の2点が必要になります。

  1. あなたの経験スキルと企業の募集するポジションで求めるスキルが合致すること
  2. そもそも転職を希望する会社の平均年収レンジが今の会社よりも高いこと

まず①についてですが、あなたのこれまでの経験が転職先で求められていないとそもそも採用には至りません。またどの程度あなたの経験スキルが求められているのか(主担当としての活躍を望んでいるのか、アシスタントレベルでの活躍を望んでいるのか)によっても頂ける年収は変わってきます。

あなたが主担当として活躍したいと考えていても、採用企業はアシスタントレベルの活躍しか望んでいない場合、年収はあまり上がらないでしょう。

次に②についてですが、世の中にはその業界そのものの年収レンジが平均よりも高い業界は存在します。業界ではありませんが、外資系企業も日経企業と比べると平均年収が高くなる傾向があります。

また、年功序列が色濃く残っており、年齢に応じた昇給がある会社も平均よりも年収が高くなる可能性があります。あなたが今いる会社は平均と比べて相場はいかがでしょうか。年収レンジが高い業界に現在いる場合は同じように年収レンジの高い業界に転職をすることで、年収アップを目指すことができます。

あなたの社会人経験や培ってきた人生観をベースにした職業選択ができる!

正直、新卒で選んだ会社は、周りからの声やイメージで選んでしまった!という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

これまでコツコツ仕事での経験を積み、20代の頃思い描いていた人生プランが現実味を帯びてきたからこそ、自分自身に「本当に合った」就職先、働き方を選ぶこともできるかもしれません。

30代で転職活動をするデメリット

メリットももちろんありますが、転職活動にはデメリットもつきもの。30代で転職するデメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。

20代の頃と比べて書類通過率は低下するかも…

もちろん人によりますが、20代というのは経験ではなくポテンシャルを見越した採用となります。経験がなくても書類選考に比較的容易に通過する20代に比べると経験を重視される30代は書類選考の通過率が低下する可能性はあります。

ただ、転職エージェントを上手に利用し、あなたの経験を活かせそうな職種に応募をする場合はそこまで通過率に影響はありません。

今までとは別のカルチャーの中、仕事をするストレス!

30代は社会人としてのスキル経験が身についている状態ですが、ある意味今まで在籍していた会社の文化が染みついてしまっている状態でもあります。

転職をすると新しい環境に0から順応していかなければいけません。これまで成長してきた会社の文化と異なる会社に転職する場合、会社に慣れるまではストレスを感じる方もいらっしゃるかもしれません。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

30代での転職活動はメリットもデメリットもあります。

よく巷で言われている年収アップは正直条件次第では望めないこともあります。あなたが30代で転職を考える理由は何かを今一度整理し、メリットとデメリットを考えながら活動をしてみましょう。

転職のモチベーションを整理する上で重要な自己分析の仕方についてはこちらの記事をどうぞ!

タイトルとURLをコピーしました