【IT転職】インフラエンジニアに未経験からなるには?

スポンサーリンク
インフラエンジニア

インフラエンジニアとして働くためにはどんなスキルや知識が必要なんでしょうか?
未経験から最短でインフラエンジニアになるために必要な知識、スキルをしっかり把握しておきましょう。

まずはそもそもインフラエンジニアってどんなことをするの?というところから説明していきます。

インフラエンジニアって?

インフラエンジニアのインフラとはITシステムなどを動かす基盤のことです。

ITシステムの基盤というとネットワーク、システムが入っているサーバー、内部で動くミドルウェアなどのことをいいます。

最近はAIなど強力な計算力が必要なサーバが準備されたシステム、アプリケーションなどの提供もニーズが出てきているためネットワーク環境の構築やサーバの構築などの業務を受け持つエンジニアのニーズは増えています。

まあAWSで全部解決しちゃえってことも多くあると思いますが。

仕事の概要

インフラエンジニアは縁の下の力もちというイメージで捉えるとわかりやすいです。

システムを実装するためのインフラ環境の整備が主な仕事の内容となります。
どういったアプリケーションに使われるかなどの情報を踏まえた上で「ロードバランスの台数」や「監視システムの導入」、「仮想環境の構築」などを調整していきます。

また、ミドルウェアの選定や設定によってサーバの利用率が変わります。そのためしっかりチューニングできているとパフォーマンスを向上させることができ、お金にも優しいサービス展開ができることにつながります。

「サーバエンジニアとどう違うの?」って思う方もいるかもしれませんが、サーバエンジニアはシステムやアプリケーションのバックで動くサーバの実装が業務になります。

インフラエンジニアはサーバエンジニアがスムーズに業務を行えるようにサーバ構築を行うイメージです。

インフラエンジニアに求められる知識

パフォーマンスチューニング

上記で説明した通り、チューニングを上手にできるインフラエンジニアはサーバの導入台数を減らす(イニシャルコストの削減)、効率的にシステム運用ができる(ランニングコストの削減)をすることができます。

OS、ミドルウェアの仕組みを理解することでサーバのパフォーマンスをあげることにつながります。

ここは経験的な力がものをいう部分でもあります。

監視システム

サーバ、ロードバランサー、DBなどのネットワークを構築した時にはインフラエンジニアが監視システムの管理を行います。

障害は基本的に「起こることを前提にして、どれくらい早く復旧するか」という発想で対応します。

そのため、リソース監視や障害検知ツールについての知識が必要です。

ロードバランサー

ロードバランスとは負荷分散のことを言います。サーバへのアクセス、負荷を予測してロードバランサーを設置します。

ユーザからの通信はロードバランサーによって背後のサーバにアクセスが振り分けられます。適切な能力のロードバランサーを設定することで無駄なお金を使わずにシステム構築できます。

また、ロードバランサーにファイアウォールの機能が載っている場合もあるのでそれらも合わせて知識を持っておくと良いかと思います。

サーバ、DB

サーバを配置する場合に、OSの選定をしたりデータベースをどれで実装するかなどを決めます。

そのため用途に応じたサーバOSの選定やDBの選定をできるように知識が必要です。

仮想環境はサーバの内部に仮想的にサーバを構築する技術です。これらもインフラエンジニアとしては習得必須の知識になります。

未経験者が必要な知識は?

未経験者の方がインフラエンジニアとして転職するためにはまずは何をしたら良いのでしょうか?

まず取り組むべきなのは

  • ネットワーク関連知識に興味を持つ
  • サーバ関連知識に興味を持つ
  • 効率的な勉強の仕方を知る

です。

ネットワーク関連知識を持つ

インフラエンジニアはネットワークエンジニアやサーバエンジニアと同様にネットワークの知識が必須になります。

通信がどのプロトコルを使って行われているか、サーバのセキュリティを守るためにファイアウォールがどういった動きをしているかなど把握をしましょう。

そもそもTCP/IPなどの部分から知らない場合には、基本情報処理技術者試験などの合格を目指して勉強すると良いでしょう。

包括的にIT関連知識を勉強することができるので、有効です。

また、試験をパスしていれば転職面接の際にも有利に働くので未経験の方はぜひ資格取得しておきましょう。

サーバ関連知識を持つ

ネットワーク関連知識と同様に基本情報処理技術者試験や応用情報処理技術者試験などで基本的なことは学べます。

サーバのOSや仮想化知識に関しては実際に自分で触ってみないことにはあまり知識がつきにくいです。そのためAWSでサーバを借りてみたり、自分のPC上で仮想環境を作ってみたりすると良いでしょう。

オンプレ環境で活躍することを希望しないなら、AWS技術を徹底的に学ぶだけでも転職にはかなり有利です。

効率的な勉強の仕方を知る

インフラ関連知識と技術を学ぶためにはオンラインスクールをお勧めします。

インフラエンジニアとして知識やスキルをつけるためには上で述べたような情報処理技術者試験の勉強で基本的な部分は対応することができますが、より具体的な業務に関連する知識は現役のエンジニアやスクールの講師から聞けるというのが理想です。

Udemy

Udemyはオンライン学習プラットフォームで、サーバ関連、仮想化技術に限らず開発、写真、音楽など様々な分野について動画学習をすることができます。

オンラインで学習が完結するので、現在の仕事が忙しくてなかなか時間が取れない方にも時間の融通が聞きやすいというメリットがあります。

詳しい登録の方法や学習のメリットについては以下の記事にまとめてあるので確認してみてください。

まとめ

今回はインフラエンジニアに未経験からなろうとした時に、まずどんなことをしたらいいのかということをまとめました。

インフラエンジニアに転職を考えている方はぜひUdemyを使ってサーバ技術やロードバランサー、監視システム知識を学んでください。

タイトルとURLをコピーしました