【IT転職】システムエンジニアとして取っておきたい資格は?

スポンサーリンク
システムエンジニア

システムエンジニアへの転職に取っておきたい資格はあるのでしょうか?

もっと言えばこれを取っておけば有利!というのがあれば是非取っておきたいですよね!

今回はシステムエンジニアに転職を考える皆さんが取っておきたい資格についてまとめていきます。

「そもそも資格ないと仕事できないの?」、「資格うんぬんより試験がしんどいんだけど。。」とお考えの方に是非読んでいただきたいです。

システムエンジニアとして活動するのに資格は必須なの?

さきに結論を述べますが

資格は必須ではない

です。

システムエンジニアの仕事内容は金融、物流、アプリケーションなどなど業界ごとに必要な知識が異なってきます。
そのため、特定の資格が必須!ということはないです。

しかし、中には取っておくといい資格というのはある程度あるのでしっかり確認して計画的に取得していきましょう。

資格取得のメリット

スキルと実力の客観的な指標になる

資格を取っておくことでスキルと実力を客観的に示すものになります。
そのため、求人案件の条件に「〇〇資格取得」というものも散見されます

未経験から転職を考えている方は、資格を取得しておくことで自分のモチベーションの高さをアピールすることにもつながるので是非取っておきましょう!

他の未経験からの転職者が資格を取っていない可能性もあるので、資格をとるだけで一歩先んじることができます。

学習モチベーションUPに

一番簡単な資格でも合格率はおおよそ2割ちょっとです。

ある程度難しい上、落ちてしまうと受験料がもったいないですし、学習モチベーションを高く持つことができます。

システムエンジニアになった後にしっかり活躍するためにIT知識は多いに越したことないので、資格取得を目標として勉強するのは有効でしょう。

システムエンジニアに関する資格

ここからはシステムエンジニアで取っておくといい資格について紹介していきます。

網羅的な試験

  • ITパスポート
  • 基本/応用情報処理技術者試験

特定の知識に関する試験

  • Oracle Java SE試験
  • 〇〇スペシャリスト
  • プロジェクトマネージャ試験

網羅的な試験

ITパスポート

IT関連試験では一番手軽な試験です。

ITを正しく理解して、ITを利用することができることを目的に試験が設定されているためシステムエンジニアのための試験というより、ITにかかわる業種なら営業、事務、技術に問わず取っておいていい試験です。

個人的には、「少なくともこれくらいのレベルの知識を持っておかないと業務でコミュニケーションをとるときにうまくいかないこともあるんじゃないかなー」という感じです。

基本/応用情報処理技術者試験

こちらはITパスポートと同様にIT全般の知識を問う形式の問題です。

基本<応用の難易度となり、合格率も応用の方が少なくなります。
出題範囲はほとんど変わらず、基本情報が選択式試験なのにたいして応用が記述式試験という違いがあります。

正直応用試験の方でも、解答方法に慣れれば基本情報とあんまり変わらないです。

網羅的な内容のIT試験は応用くらいまで取っておくとある程度エンジニアとして箔がつくかな、というイメージです。


試験自体は1ヶ月ほどしっかり勉強しておけばそんなに難しくないので、計画的に勉強して取得を目指しましょう。

未経験からの転職の場合、最低で基本情報処理技術者試験、できれば応用まで取っておくといいと思います。
ちなみに別に基本、応用の順でとる必要はないので応用情報だけ頑張ってとってもいいと思います。その方がお金も時間も削減できるので。

特定の知識に関する試験

Oracle Java SE試験

プログラム言語のJavaはOracle社が開発元なのですが、そのOracle社が提供しているのがこの”Oracle Java SE試験”試験です。レベルが3つあり下に行くほど難しくなっていきます。

  • Java Bronze
  • Java Silver
  • Java Gold

未経験の方だとそもそもJavaという言語に親しみがない人も多いと思うので、問いあえずBronzeの取得を目指すのが良いと思います。

出題難易度の感覚としては

Bronze:言語初学者が理解するべき基礎項目レベル
Silver:プログラミングのための仕様理解
Gold:設計から実装まで独力で機能実装ができるレベル

という感じです。

Bronzeくらいだと新卒社員が研修で取るレベルなので、そこまで難しくないです

Python試験

PythonもAI実装などで使われている背景から、一定の地位を確立しています。
そのため、今のところ試験を取っておくことで面接に特に有利にならないものの、将来的に価値を持つ試験になるでしょう。

システムエンジニアとして取っておいていい試験です。

  • Python3 エンジニア認定基礎試験
  • Python3 エンジニア認定データ分析試験

の二つが紹介されていますが、現在受験可能なのはエンジニア認定基礎試験です。

〇〇スペシャリスト

データベーススペシャリストやネットワークスペシャリストなどがあります。

基本情報や応用情報試験の開催元であるIPA(情報処理推進機構)が行う試験です。基本/応用情報に比べると非常に難しい試験となるので、ある程度期間を取って学習する必要があります。

そのため、現職でIT関連に勤めていてシステムエンジニアに転職したいという場合に取得を目指す試験となります。

社内評価制度で〇〇スペシャリストをとることで昇給という設定がされている会社も多くあると思います。

プロジェクトマネージャ試験

こちらもIPAが執り行っている試験で、〇〇スペシャリストは例えばデータベースに関する専門的な知識についての知識が問われますが、プロジェクトマネージャ試験は

  • システム開発プロジェクトの立ち上げ、計画
  • プロジェクトの実行管理
  • プロジェクトの完了フェーズ

など、システムエンジニアとしてのマネジメントスキルについての試験になります。

こちらはシステムエンジニアとしてキャリアアップを視野に入れた転職をするときに是非取っておきたい試験です。

試験学習を低コストで上手に行いたい!!

試験学習には書籍を買って、それをみながら座学。。という感じになりますが、JavaやPython、データベースなどは具体的にPCを使いながら学習することが重要です。

これは僕自身の体験からも言えることなのですが、

IT知識は手を使って実感を伴いながら学習するのが一番です。

そのため、書籍よりもオンラインスクールでの学習をおすすめします。

Udemyでは動画学習で完結するので忙しい方でも夜寝る前の10分とか朝早く起きて10分とかでスキマ時間を使って学習を進めていくことができます。

また、動画を一回買えば何度でも見返すことができるのも魅力的です。
返金保証もあるので、一度自分の受けたい資格試験の講座をみてみることをお勧めします!

Udemyはこちらから

そのほか詳しい情報はこちらの記事でまとめています!

まとめ

今回はシステムエンジニアとして取得しておきたい資格についてまとめました。

システムエンジニアになるにあたって、資格がないといけない」ということはありませんが、資格をとることで自分のスキルの担保になるので是非取っておくことをオススメします。

特に未経験の方は資格を取っておくだけでも自分のモチベーションのアピールになるので有効です。

タイトルとURLをコピーしました