【it転職】システムエンジニアに未経験からなれる?仕事内容は?

スポンサーリンク
システムエンジニア

システムエンジニアとして転職するためにはどんなスキルや知識を準備していくと良いでしょうか?

システムエンジニアは転職先として人気があるため、情報収集をしっかりしないと他の転職希望者と差が出てしまう可能性大です。

この記事を読んで準備を進めていきましょう!

システムエンジニアって?

「システムエンジニアがどういう職業か?」というところから説明していきましょう。

システムエンジニアの仕事は、クライアントの要件からシステム設計を定義し設計に沿ってプログラムを作成することです。

クライアントの「これに困ってる」、「こんなことがしたい」をヒアリングして実現していくというのが主な仕事になります。

システムの設計にはクライアント打ち合わせ、設計など対人での作業から手を動かしてコーディングをするなど幅広く作業があります。
そのためポジションによって求められるスキルが変わってきます。

システムエンジニアになるために必要なこと

それでは次にシステムエンジニアになるために必要なすきるについてまとめていきましょう。

身につけるべきスキルとは?

システムエンジニアになるためには必要なスキルがたくさんあるのですが、その中でも特に重要なポイントについて紹介していきます。

  • プログラミングスキル
  • コミュニケーションスキル
  • 論理的な思考

順番に詳しく説明していきましょう。

プログラミングスキル

システムエンジニアの作業工程を分解すると

  1. 顧客ヒアリング(要件定義)
  2. 設計
  3. 詳細設計
  4. 開発
  5. テスト
  6. 稼働(保守など)

という様になっています。開発は外注化することもあります。

開発するシステムの要件によって必要になるプログラミング言語が変わってくるので、一概にどれを覚えるべき!とは言いにくいのですがJavaあたりくらいは勉強しておいていいかと思います。

プログラミングのスキルを持つことのメリットは「開発に携われるから」ということもありますが、プログラミングのスキルを持つことでヒアリング、設計や詳細設計の段階で話をするのに理解が深くなります。

また、1.〜3.の工程(実際に開発が動き出すまで)を上流工程というのですが、転職の案件にはここの経験があることを要件に加える場合が多いです。

コミュニケーションスキル

システムエンジニアはテレビで出てくる様なものよりもずっと対人コミュニケーションの場面が求められます。

コミュニケーションスキルがないと下の様な弊害が出てきます。

  • クライアントからニーズを聞き出すことができない
  • クライアントにソリューション提案をうまくできない
  • プログラムの仕様決定の際に定義変更があとから生まれてくる

また、システムエンジニアの仕事はチームを組んで行うので、チームメンバーとのコミュニケーションがうまくいかないと作業に遅れが出たり、不和がうまれて瓦解ということもありえます。

論理的な思考

システムエンジニアはクライアントが抱える問題点を正確にヒアリングして、ニーズを満たした満足のいくソリューションを提案する必要があります。

そのためにはクライアントの抱える問題点や導入したいものを分解、理解して一番効果的な解決アプローチを考えないといけません。

クライアントが抱えている問題の裏側に潜む内在的なニーズを導き足すためにも論理的な思考は必須です。

システムエンジニアになるために

未経験からシステムエンジニアとして転職するために、まず何をすればいいか考えていきましょう。

何から手をつけると良い?

システム開発手順を理解する

システム開発手順を知らないことには転職面接もままならないです。

仕事の流れをおおまかにでも理解することができれば、自分が仕事をしている景色を想像することができます。

上で説明した通り、システム開発の手順はざっくり「顧客ヒアリング(要件定義)」→「設計」→「実装」→「保守」という流れになりますが、その中でもウォーターフォールモデルやアジャイルモデルなどのシステム開発の形式があります。

ウォーターフォールモデル

ウォーターフォールという名称の通り、水が上から下に流れるように上流工程から下流工程に順番に行っていくものです。

そのため基本的にすべての工程は綿密に設計され手戻りが無いように進められます。一部の作業が終わっていないのに次の作業に進んでしまう、ということも同様にありません。

メリット
進捗把握が比較的容易なのと、品質担保がしやすいことです。

デメリット
手戻りが起きたときのリカバリーに時間がかかったり、全体的に時間がかかる開発方法である

システム開発で多く使われる開発方法です。

アジャイル開発モデル

ウォータフォールと対照的に素早く目に見える形に成果物を持っていく開発方法です。開発→点検→改善点を洗い出す→変更というようにPDCAのサイクルをぐるぐる何度も回していきます。

メリット
とりあえず作ってみて何かあるたびに随時修正していくので、短い時間で開発できる

デメリット
とりあえずつくるので品質担保がウォーターフォールに比べて難しい

スマホアプリの開発などで使われます。

プログラミングスキル

システム開発に使われる言語はJava、Python、PHP、Rubyなど、フロントエンドはHTML,CSSなどの言語が使われます。

アプリケーションになるとKotlinやC#などの言語が求められます、

システム設計のために全部の言語に詳しくなる、というのは現実的では無いので、どれか一つの言語でシステム設計を自分でおこなってみて、どういうようにシステムが成り立っているのか学ぶのをお勧めします。

おすすめはオンラインスクールでの学習です。
学べるプログラミング言語の幅広さ、開発に関わるかは転職してからじゃないとわからないという点を考えるとUdemyでの学習をおすすめします。

Udemy

Udemyは2400万人の会員をかかえるオンラインプログラミングスクールです。

オンラインで学べるため、スキマ時間で効率的に学習を進めることができます。
また、幅広い分野でプログラミング学習ができるので転職したい企業で求められているスキルに合わせて学習する内容を細かく変えられるのが魅力です。

ちなみに、プログラミングスキル以外にもコミュニケーションスキルを学ぶこともできるのでSEとして転職を考えている人は確認必須です!!

まとめ

今回はシステムエンジニアに未経験からなるためにどんなスキルが必要なのか?ということをまとめました。

転職でシステムエンジニアになりたいと考えている方は

  • システム開発手順を学ぶ
  • プログラミングスキルを獲得する

ことを最初に行いましょう。

タイトルとURLをコピーしました