【つらい】システムエンジニアに英語力は必要?徹底解説します!!

スポンサーリンク
システムエンジニア

学生時代英語は得意でしたか?

英語の勉強って高校を出るとあんまりやらないので、学生時代に苦手だとそのままひきづってしまって苦手意識を持ったままになってしまいますよね。

英語力があると転職活動はある程度有利に進めることができます。
そもそも英語ができること前提の案件もあるので、転職の選択肢も広がります。

さて、結論から述べるとシステムエンジニアに転職したい場合に英語力はあればあるだけ良いです。
今回はSE転職に有利になる点をみていきましょう。

あとむ
あとむ

SEになるためにどんな有利なことがあるかまとめていきましょう!
ちなみに僕は学生時代英語そこそこ苦手でした。

英語力を持つメリット

それでは英語力を持つメリットについてまとめていきましょう。

  • 転職の窓口が広がる
  • 情報のキャッチアップが早くなる
  • 転職後のキャリアアップに繋がる

転職の窓口が広がる

まず上げられるメリットとしては転職の窓口が広がることです。

転職の案件をみているとわかりますが、英語を公用語にしている企業というのは結構多くあります。有名どころだと楽天は英語を公用語にすることで一時期有名になっていましたね。

公用語が英語で会議は日本語、みたいなパターンもあるので求められる英語力はまちまちなのですがそもそも英語が全くわからないという場合には公用語が英語の企業には転職しにくいですよね。

希望の条件が揃っている企業なのに、英語が公用語で泣く泣くあきらめる。。ということにならないように英語力を養っていくことはいいと思います。

情報のキャッチアップが早くなる

基本的にIT技術の一次情報は英語で記述されます。

新しい技術が出てきた時に日本語しか読めないと日本語翻訳を待たないといけないですよね。
その分情報に触れるまで遅くなってしまいます。

逆に英語力がある程度あれば情報のキャッチアップが早くなるので、新しい情報、技術にいの一番に触れて手を動かすことができるためシステムエンジニアとしてクオリティが上がります。

また、そもそも普段から使うプログラムやシステムの仕様情報が英語で書かれている場合も多々あるので英語が読めれば仕事が捗ることにつながります。

Twitterで海外の情報発信アカウントをフォローしていると、普及しているテクノロジーと現在の最先端技術でどれくらい乖離があるのかわかってとても面白いですよ。

転職後のキャリアアップに繋がる

転職後の企業によっては昇進の条件に「TOEIC 〇〇点」などのように英語関連のスキルが求められる場合があります。

他にオフショア開発などがある企業であれば、英語力を生かして会議に積極的に参加することができるので自分のポジションを確立することができます。

オフショア開発とはプログラミングやシステム開発などを海外の企業(海外にある現地法人)に委託することです。メリットとして日本で同じ作業を委託するよりも人件費が安いことが挙げられます。

オフショア開発をする場合、進捗確認や仕様のすり合わせなどでコミュニケーションの場はいくらでもありますし英語を使えるメリットはとても大きいです。

チームで重宝される存在になることができれば若手でも昇進の目があるでしょう。

どれくらい出来るといいの?

英語力があるのはいいのがわかったが、どれくらいできるといいのか?

まずは文章の読解ができるようになるのを目標としましょう。
具体的に言うと英語の仕様書を読めるくらいの英語を持つといいと思います

テクニカルワードを個別に覚えていく必要はありますが文法自体は基本的で、かつ簡単なもので記述されているので慣れればサクサク読めるようになると思います。

転職で有利にするためにはTOEICで自分の英語力を見える化することが重要です。(本筋と全然関係ないですけど”見える化”ってコンサルやSEまわりの人すごく好きな言い回しですよね。)

大体730点くらいほしいですね。700点くらいからシステムエンジニアとしてはある程度使える印象かと思います。
外資系に転職予定だったらそれ以上の点数が必要でしょう。こちらはあればあるだけいいと思います。

英語力ないんだけど。。

「英語力なんて全然ないんだけどどうしたら。。」という方もいるかと思います。

元システムエンジニアの観点から言うと英語力自体は全然なくても仕事はできます。

というのも現状システムエンジニアとして働く時に、顧客はBtoBで日本企業のことがほとんどだからです。そのため、日本語だけでも問題なく仕事ができます。
※スタートアップで海外相手の場合や外資系に転職する場合を除きます。

システムを構成するプログラムやライブラリ仕様確認で英語に触れることは多くあるかと思いますが、慣れでどうにかなるレベルですしGoogle翻訳を使えば大丈夫でしょう。

最近のGoogle翻訳は強い。

おわりに

今回はシステムエンジニアとして転職する時に英語力が必要なのか?

と言うテーマでまとめました。
メリットとしては

  • 転職の窓口が広がる
  • 情報のキャッチアップが早くなる
  • 転職後のキャリアアップに繋がる

の三点が挙げられます。

個人的には”転職の窓口が広がる“というメリットが一番大きいと思います。
転職は生活をかけた一大決心ですし、その時に自分の希望の職場環境を英語力のせいで諦めることになったら非常にもったいないと思います。

英語学習が苦手な人はいきなり英語教室に通って話すというのも厳しいと思うのでオンライン学習をおすすめします。

Udemyで学ぶ

Udemyではオンラインで英語学習ができます。

英語スキルというと読み・書き・話すが挙げられますが、自分が伸ばしたいものに絞って効率よく伸ばすコンテンツが作成されているので、おすすめです。

英語が苦手な方のための英文法では英語アレルギーの方に向けてわかりやすい英文法のこうしゅうがされているので、「中学英語からもう不安だ。。!!」というかたは是非チェックしてみてください!

Udemyに興味が出た方はこちらの記事もご覧ください。

タイトルとURLをコピーしました