【IT転職】Webディレクターって稼げるの?単価はいくらくらい?

スポンサーリンク
Webディレクター

今回はWebディレクターの年収の目安についてご紹介していきます。

転職をするなら福利厚生や年収が今の時点の待遇とどう変わるのか、というところは興味がありますよね?

実際どれくらい稼げる?

Webディレクターの収入はどれくらいなのでしょうか?

dodaの平均年収ランキング(2020/1/20時点)の記事を参照すると、Webデザイナーの年収平均は446万円でした。

クリエイティブ系全体の収入の平均が377万円、全体平均年収(職種問わず)が403万円ということを考えると40万円ほど平均より高いことがわかります。

Webディレクターの年収

男女別の平均年収の額はこちらです。

平均年収全体男性女性
金額446万円484万円404万円

この金額ですと生涯賃金は2億1741万円らしいです。
次に年代別に年収を見ていきましょう。

平均年収20代30代40代50代
金額365万円462万円533万円554万円

30代の時点で平均年収が446万円を超えていることから、20代のWebデザイナーが多くいて、平均を下げていることがわかりますね。

反面、40~50代の方は責任が大きい仕事を持つことになるため、報酬はクリエイティブ系の年収からみても多めの年収であることがわかります。

Webディレクター職の前段階としてWebデザイナー、Webサービスエンジニアなどの年収についてはこちらにまとめてあるので興味のある方はご覧ください。

フリーランスと会社勤務の差は?

フリーランスのWebディレクターと、企業に勤務するWebディレクターとでは年収に差が出てくるのでしょうか?

フリーランスで働く場合、一般的に400万円程度が平均年収となるようです。
Webディレクターの平均年収が446万円ということを考えると、あまり平均とかわらないようです。年齢によっては上で記載していた平均年収より低くなる場合もあるでしょう。

クラウドワークスなどのようなクラウドソーシングでお仕事を受注するWebディレクターの場合、Webマーケティングなどの案件(100,000円~300,000円程度)を探してくる必要があります。

ただ、案件自体が少ないのでクラウドソーシングで仕事を探すというのはあまり効率が良くないと思います。

(Webディレクターとしての仕事でなくても、Webデザイナーとしての仕事は多くあるのでそれで糊口をしのぐという手はありますが。。)

以降ではフリーランスとして働く場合と、企業に勤めて働く場合の収入に関するメリットとデメリットについてまとめていきます。

フリーランス

案件をとるのが難しい

上でも述べましたが、Webデザイナーやコーダーと違ってWebディレクターとしての仕事はクラウドソーシングではなかなか受けにくい状況です。

その場合どうやって案件をとるかというと、転職サイトで求人を探すのが基本的な方法になります。または自分の人脈をつかって案件をとるという方法になります。

そのため、未経験からフリーランスでWebディレクターとしての独立というはかなり困難だと言えます。まずはスキルの充実のためにもWebデザイナーなどの関連職業で仕事の流れなどを叩き込むことから初めていきましょう。

定期収入の確保が難しい

Webディレクターに限らずフリーランス全体に言えることですが定期収入が確保しにくいという問題があります。

上の「案件をとるのが難しい」の中でも書いているように案件自体が取りにくいので定期収入をとることが難しくなってきます。

案件受注のためには、実績を積んだりきちんとしたポートフォリオを用意することが必要になるでしょう。


このようにフリーランスとしてWebディレクターが活動するための難しい点が複数あるものの、

  • 企業に属さないことから企業の評価制度に縛られる必要がなく収入の増加が見込める(1000万プレイヤーもいます)
  • 働く時間や時期を自由に決めることができる

というメリットがあるので、フリーランスは魅力的な選択肢と言えるでしょう。

勤務する場合の苦しいところ

これはそのままフリーランスのメリットをひっくり返したものになるのですが、

  • 企業の評価制度のせいで実力と収入が合わない
  • 働き方に制限がかかる

というデメリットがあります。

企業勤めであれば収入は安定するものの、案件ごとの単価は変わらないので収入が実力に合わないということがあり得ます。

二点目の働き方に制限がかかるというのは、転職をする際にきちんと労働条件や福利厚生を確認していれば問題ない点かとは思いますが、フリーランスより働き方の自由度が下がることは考えられます。

WebデザイナーのキャリアパスとしてWebディレクターがあるものの20代からWebディレクターとして活動する人もいます。

まとめ

今回はWebディレクターの年収についてまとめました。

  • 平均年収は446万円
  • 平均年収から逆算すると20代のWebデザイナーの割合が多い

さらに、「フリーランスで働く場合」と「企業勤めで働く場合」の収入に関するメリットデメリットをまとめました。

フリーランス
メリットデメリット
・知識と経験を積めばそれだけ収入を上げる
 チャンスがある
・知人からの案件紹介などつてがないと案件確保が
 難しい
・定期収入の確保が難しい
企業勤め
メリットデメリット
・定期収入があるので生活が安定しやすい。・案件ごとの収入が変わらないので実力と収入が
 合わない可能性あり。

転職先の職業としてWebディレクターを考えている方は自分が案件をとることができそうか?ということを考えておく必要があります。

なければ誰か相談できる人がいないか、コネクションを作ることが重要になってくるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました