【Web系転職】Webデザイナーって稼げるの?単価はいくらくらい?

スポンサーリンク
Webデザイナー

Webデザイナーとして働くことを検討し始めると、気になるのが収入です。

転職する理由は例えば金銭的な面以外に「交流関係」、「在宅ワークがしたい」、「福利厚生」など人によるものではあります。

とはいえ、金銭面は生活をしていく上で切り離せない点なので、Webデザイナー志望の方はしっかりと確認しておきましょう!!

実際どれくらい稼げる?

Webデザイナーの収入はどれくらいなのでしょうか?

dodaの平均年収ランキング(2020/1/20時点)の記事を参照すると、Webデザイナーの年収平均は347万円でした。

クリエイティブ系全体の収入の平均が377万円、全体平均年収(職種問わず)が403万円ということを考えると若干平均より低いということがわかります。

Webデザイナーの年収

ちなみに同時期の男女別の金額はこちらです。

平均年収全体男性女性
金額347万円391万円327万円

男性の方が平均年収が大きいという結果になっています。
次に年代別に平均年収を見ていきましょう。

平均年収20代30代40代50代
金額309万円373万円412万円データなし

WebデザイナーはWebコンテンツ制作の下流に位置することになります。

そのため、キャリアアップの一つとして全体をリードするWebディレクターが候補に上がりますが、そちらの年収も見ていきましょう。

Webディレクターの年収

こちらはWebディレクターの年収です。

平均年収全体男性女性
金額446万円484万円404万円

Webデザイナーのキャリアパスとして存在するお仕事なだけあっておおよそ平均年収も100万円ほど上がっていますね。

平均年収20代30代40代50代
金額365万円462万円533万円554万円

20代の年収をWebデザイナーと比較するとそこまで大きくないのかなと言う感じがしますが、そのほかの年代だとかなり収入の幅があることがわかります。

責任の大きい仕事になるので、マネジメントする年代になればなるほど報酬は大きいと言うことが読み取れます。

Webサービスエンジニアの年収

こちらはWebサービスエンジニアの年収です。

平均年収全体男性女性
金額429万円444万円382万円

こちらもWebデザイナーのキャリアパスの一つなのでWebデザイナーよりは高めの年収になってますね。

平均年収20代30代40代50代
金額372万円485万円568万円596万円

Webディレクターより比較的高い金額になっています。

このような点をみると、Webデザイナーとして仕事をする場合には早めのキャリアアップを目指すのがいいように思えますね。

こちらは企業で務める方とフリーランスの方の混合の結果ですがフリーランスで働く場合には収入の天井は自分で決められるので、頑張り次第ではこの平均年収を上回ることも可能です。

フリーランスと勤務の差は?

フリーランスのWebデザイナーと企業に勤務するWebデザイナーとでは年収に差があるのでしょうか?

フリーランスWebデザイナーの場合、一般的に300~400万円の間が平均年収と言われています。
上記のWebデザイナーの年収から見ても差が大きくあるとは言えないようです。

クラウドワークスなどのようなクラウドソーシングでのお仕事の受注となると単価のイメージは下のような感じです。

Webデザイン:5万円
ホームページ制作:10万円 ~ 50万円(高いと100万)
コーディング:5000円~5万円

などなど、代表的なお仕事だけ今ピックアップしましたが、他にもお仕事種類はあるので是非一度ご自分で目を通して見ることをおすすめします。

年収について「フリーランス」と「会社で勤務する場合」とで以下のような苦しいところがあります。

フリーランス

苦しいところ1:案件が取れないと収入が全然伸びない

フリーランスの場合、

案件が取れない = 仕事がないから収入0円

になってしまいます。

これは結構苦しいですよね。余程最初から実力がないと上のような状況になってしまうことは必至です。

では、案件をとるためにどうしたらいいかと言うと、こちらはシンプルで

  • 実績を積む
  • 知識量、技術を磨く

という方法になります。知識量はあればあるほどカバー範囲が広がり仕事の受注に有利になりますからね。

苦しいところ2:定期収入が確保しにくい

一度手掛けたコンテンツの定期メンテナンスや、他の人にWebデザインの技術を教えるようなお仕事を受注できない場合、Webデザイナーの定期収入の確保は難しいです。

企業に務めるWebデザイナーに比べるとこの点ではデメリットと言えるかもしれません。


このように、フリーランスで働く場合、即座に収入をあげるということができない上に常に自分で仕事を取りに行かないといけないという問題があります。

勤務する場合の苦しいところ

苦しいところ1:収入の増加がゆるやか

実力のついたWebデザイナーの年収は1000万円を超える場合もあります。
企業勤務の場合、多くは年功序列をベースに年収が決まるので実力がある人でも実力がない人とおおよそ同じペースで年収が増加していきます。

自分の気質が「実力主義の世界の方があっているかもしれない」と感じる方は、必死に勉強してフリーランスとして道を歩むのもいいかと思います。

とはいえ、お給料として収入がはいるので少なくとも契約している金額は毎月入ることを考えるとその点は企業勤めのWebデザイナーのメリットと言えるでしょう。


お互いの苦しいところを挙げましたが、フリーランスは「企業に常駐で勤務しなくても働くことができる」、「収入は自分の頑張り次第で上げられる」、といったいい点があります。

特に働く場所が縛られないのは新型コロナのような病気が蔓延したときに強いです。

まとめ

今回の記事ではWebデザイナーの平均年収についてまとめました。

  • 平均年収は347万円
  • 男女比でみると男性の方が年収が高い傾向がある
  • Webデザイナーのキャリア展開の一つWebディレクターは446万円

「フリーランスとして活動する場合」と「勤務して働く場合」とでメリット・デメリットをまとめました。

フリーランス
メリットデメリット
・知識と経験を積めばそれだけ収入を上げる
 チャンスがある
・案件が取れないと収入がそもそも発生しない
・定期収入の確保が難しい
企業勤め
メリットデメリット
・定期収入があるので生活が安定しやすい。・実力ある人でも実力がない人と同じスピード
 でしか年収が上がらない

ご自分の転職に際しては、フリーランスと企業勤めのどちらが自分の求めるライフスタイルを実現できそうか考えることが重要だと思います。

タイトルとURLをコピーしました