【Web転職】Webデザイナーって副業でもできる?

スポンサーリンク
Webデザイナー

未経験からWebデザイナーに転職希望する場合、ざっと以下のことについて知る必要があります。

  • プログラミングスキル
  • デザインのスキル
  • 画像編集などのスキル
  • ポートフォリオの作成

この辺りの詳しい内容について知りたい方はこちらの記事を読んで欲しいです。

ここで何が言いたいかというと、いろいろ勉強することがあるなら今の仕事を続けながら勉強する方が収入が途切れないという意味でもおすすめということです。

ついでにお小遣い稼ぎもできれば転職活動の資金作りにも使えますし、今の職場を辞めたい理由が「収入が少ないから」という理由であれば副業でWebデザイナーの仕事を受注できれば解決できるかもしれません。

この記事ではWebデザイナーとして個人で受注できるお仕事の単価と、どこでお仕事の受注ができるか紹介します。

Webデザイナーの単価はいくらくらい?

今回はクラウドソーシングで受注する場合を検討してみましょう。

クラウドワークスで案件単価を確認してみると以下のような感じです。

業務内容報酬相場
Web制作・デザインコーディング30,000 ~ /ページ
LP制作80,000 ~ /ページ
ウェブデザイン50,000 ~ /ページ
ホームページ制作200,000 ~
デザインバナー作成5,000 ~
ロゴ作成20,000 ~
名刺作成20,000 ~
イラスト作成30,000 ~
チラシ・フライヤー作成30,000 ~
漫画制作40,000 ~

Web制作のコーディングになるとページ単位での報酬になっていることに注目です。自分が1ページどれくらいの速度でコーディングできるのか、デザインできるのかということを把握できれば、単価の相場に対して自分の仕事のクオリティが高いかどうかを考えることができます。


あくまで上の情報はクラウドソーシングでの受注の場合の単価です。

クラウドソーシングの単価設定は比較的安く見積もられているため、以下の仕事受注の場合には上の数字を基本にしないほうがいいと考えます。

自分のスキルに自信をつけ、価格設定を適切にできるようにしましょう。

どこでお仕事を受注できる?

副業でWebデザイナーをする場合にどこでお仕事を受注したら良いのでしょうか?この章ではこの疑問に答えていきます。

おおまかに以下の方法があると思います。

  • クラウドソーシング
  • 紹介
  • SNSで売り込む

以降はお手軽な順番で紹介をしていきます。まずはクラウドソーシングです。

クラウドソーシング

クラウドソーシングとは、中小企業(発注者)が外注化したい仕事をプロアマチュア含め公開して外注化することです。

副業として案件受注するために、クラウドソーシングサービスに登録をし、Webデザイナーに関係する業務を受注するという方法が考えられます。

複数の発注者が案件を提示しているので、自分のレベルにあった求人を探して無理なく案件受注することが大きなメリットです。

こちらの記事で、とりあえず登録するべきクラウドソーシングサービスについて紹介しているのでさくっと登録してしまうと良いと思います。

また、アカウント登録の際にプロフィールを登録するのですが、そちらの充実度は案件受注の際にダイレクトに関係してくるので、学習をこまめに進めてWebデザイナー関連の知識を増やしておくことをお勧めします。

他の記事でも書いていますが、ポートフォリオをつくるのが最優先です。

紹介

「友人に起業している人がいてサイト作成をしようとしている」、「友人でブログなどを作っているがイマイチ綺麗なブログができておらず悩んでいる」、みたいな話から案件に発展する可能性があります。

また、 若干ハードルは上がりますがWebデザインのスクールに通っている場合には講師の方のコネクションで案件受注ができる可能性があります。

上記のような紹介で案件を受注する場合、クラウドソーシングに比べると受注している先の顔が見えるので取引に安心感があるのがメリットです。

価格設定もある程度フランクに相談できるので、そういった点でも良いかもしれません。

SNSで売り込む

Twitter、インスタなどで売り込んでいくこともできます。

特にインスタでは一枚絵で目を引くことができればデザインとしての価値が高いと認められていることになりますし、タグを設定して数をこなせば人の目につくことは上二つの方法に比べると多くなります。

メリットとしては直接取引になるので、単価は高めになります。(仲介手数料など入らないため)

ただその代わりに報酬の未払いが発生した場合に自分の力でなんとかしないといけないため、そこはリスクと言えます。

加えて相手と値段感覚が合わない場合にも苦慮することが予想されるのでそもそも契約していい相手かどうか見定める目を養う必要があります。

まとめ

今回の記事では副業としてWebデザイナーをやることができるか?という疑問について回答をまとめました。

結局のところ「目標額がいくらなのか?」「なんのための副業なのか?」という点で副業としてWebデザイナーを成立させることができるのかどうか変わってくると思います。

月5万円程度でしたらクラウドソーシングで案件を1,2件受けてしっかり納品できれば可能な額ですし、それ以上を目指すとなるとしっかり時間を割く必要が出てくるので本業との相談になります。

今後の転職のために勉強をするというベースがあれば、ある程度時間的に無理をしてでもWebデザイナーとしての実績を積んでおいたほうが後々自分のためになります。

ご自身の転職スケジュールと相談していつから、どれくらいの頑張り度合いで始めるのがいいのか検討することをお勧めします。

タイトルとURLをコピーしました