【Web転職】Webデザイナーの分類わかってる?あなたが目指すのはコーダー、フロントエンジニア?

スポンサーリンク
Webディレクター

一口にWebデザイナーと言っても実は細かく分類があります。

具体的に例をあげると

  • HTMLコーダー
  • マークアップエンジニア
  • フロントエンドエンジニア

などの分類があります。

それぞれどういった仕事内容なのかしっかり把握しておかないと求人に応募した時に、自分がやりたかった仕事内容と齟齬がでてくるなど、転職活動にロスが起きてしまいます。

職種の分類説明

HTMLコーダー

HTMLコーダーの仕事はHTMLやCSS、JavaScriptなどのプログラミング言語を駆使してクライアントの求めるWebページ作成要件を満たすように実装していくことです。

この業種の場合、求められるのはコーディング能力です。

コーディング能力が高いほど自由にWebページを設計することができるため、クライアントの要件が複雑であるほど優秀なコーディング能力が必要です。

また、コーディング技術は日進月歩するものですので、新しい情報をキャッチアップし続ける能力も必要です。

フロントエンドエンジニア

フロントエンドエンジニアの前に、フロントエンドと言う言葉を先に理解する必要があります。

フロントエンド(※)とはWebサイトを閲覧した時にユーザが直接見たり操作する部分のことをいいます。サーバなどのユーザ情報を操作する部分をバックエンドといい、ここを担当するエンジニアをバックエンドエンジニアといいます。

※似たような概念でUIという言葉もありますが、こちらはPCとデータのやりとりをするときの入力や表示形式などのことを指します。

というわけで、この部分の開発を行うエンジニアのことがフロントエンドエンジニアとなります。

ユーザが見る部分を実装するのでフロントエンドエンジニアは

  • HTMLなどのコーディング能力
  • Webページの動作の軽量化や高速化
  • SEO対策の知識

などが必要になります。

Webデザイナー

Webデザイナーの紹介をしてるのにWebデザイナーの項目があるのが不自然に見えるかもしれませんが、フロントエンドエンジニアを踏まえてWebデザイナーのお仕事の内容を説明します。

WebデザイナーはWebサイト上のコンテンツ(背景画像、ボタンの見た目、その他アイコン)などを作る仕事です。

これらのコンテンツはHTMLコーダーやフロントエンドエンジニアがコーディングをする時の素材として使われます。

Adobe PhotoshopAdobe Illustratorなどのアプリケーションを駆使して作業をします。
コーディングスキルを持っている方がWebコンテンツ全体の動きを考えながら仕事ができるので、Webデザイナーを目指す方はコーディングスキルも習得すると良いと思います。

また、色彩感覚とかの勉強も必要となるでしょう。

ここまでのまとめ

ここまでの内容をざっくりまとめると

  • HTMLコーダー:Webページのコーディングをおこなう
  • フロントエンドエンジニア:フロントエンド関連の知識を駆使してSEO対策なども行う
  • Webデザイナー:Webページの素材を作成する

Webデザイナーとしての仕事のメインは上のような内容になりますが、実際のところコーディングスキルを自分で持っていてコーディングも担当するWebデザイナーも多くいます。

Webページが「コーダー、フロントエンドエンジニア、Webデザイナーの協力で作成できるもの」ということを踏まえると、Webデザイナーもコーディングの知識がある程度あった方が都合がいいというわけです。

Webデザイナーとしてのキャリアパスは?

Webデザイナーとして転職した場合のキャリアパスについてもお仕事の内容を紹介していきます。

ここであげる職種はフロントエンドの作成に携わったままキャリアをあげる場合です。
フロントエンド以外の部分に興味が出てきてたとえばWebアプリ作成に転向したり、サーバー関連の知識を得てバックエンドエンジニアに転向していくことも考えられます。

UI/UXデザイナー

UIとUXというキーワードの説明をします。

UI:ユーザーインターフェースの略。
先に記述したように、PCとデータのやりとりをするときの入力や表示形式の仕組みのこと。
OSやアプリの新しいアップデートのたびに「UIが悪くなったな。。」とか感想が出たりするあれです。

UX:ユーザーエクスペリエンスの略。
製品やサービスを通してユーザが体験することすべてを表します。概念として幅広いのでここで説明し切るのは難しいのですが、Webページを使う時の使い心地とかって感じで受け取ってもらうといいかと思います。

UI/UXデザイナーはそれらの「ユーザ体験」を踏まえてユーザにとって良いWebページの構成を考えることが求められます。

そのためWebデザイナーに比べて、マーケティングやSEO関連の知識の重要度が高まります。

アクセスするデバイスの多様化や5Gの実現などを視野に入れると、ユーザの利便性が高まる設計が今までより求められることになります。

そのため、UI/UXデザイナーの需要は今後高まると考えられるでしょう。

Webディレクター

Webディレクタはプロジェクトの管理・指揮・監督をする立場です。そのままディレクターのイメージ通りのお仕事ですね。

Webコンテンツの制作現場の監督をし、デザイナーやコーダーの仕事のディレクションを行う責任が出てくるのでWebデザイナーとしての十分なキャリアの後、現場の状況をみることができる視点を養うことができると良いでしょう。
(Webコンテンツ制作関連スキルの知識も一通り必要です。)

また、スケジュール管理の難しさがWebデザイナーとした働く時の非じゃないのでスケジュール管理能力も必要です。

まとめ

今回はWebデザイナーの分類についてまとめました。

コーダーやフロントエンジニアなどWebデザイナー周りの分類は呼び方がコロコロ変わるため(そもそも分類が曖昧なのもありますが)、転職の際に求人を探すのも一苦労です。

この記事を使って知識を整理して、自分の望む働き方ができるように案件を探せるようになってください!

タイトルとURLをコピーしました