アプリエンジニアは稼げるの?年収はどれくらい?

スポンサーリンク
アプリエンジニア

今回はアプリエンジニアの年収の目安についてご紹介していきます。

アプリエンジニアはここではシステムではなく、例えばスマホアプリ(ネイティブアプリ)の開発する人を指しています。

転職先としてアプリエンジニアを検討する人も多いと思います。
今の環境と比べてどれくらい年収に変化があるのか確認しておきましょう。

実際どれくらい稼げるのか?

貯金額は

アプリエンジニアの年収はどれくらいなのでしょうか?

dodaの平均年収ランキング(2020/01/20時点)の内容を参照すると、アプリエンジニア/ネイティブアプリ*系エンジニアの年収平均は442万円でした。

技術系(IT/通信)全体の平均年収は457万円のため、若干平均年収より低い結果となりました。

*ネイティブアプリとは?
ネイティブアプリの例をあげると、スマートフォンにダウンロードしてインストールする使い方のアプリのことをいいます。

アプリエンジニアの年収

男女別の平均年収額はこちらです。

平均年収全体男性女性
金額442万円451万円393万円

次に年代別に年収をみていきます。

平均年収20代30代40代50代
金額370万円525万円 – 万円 – 万円

40代、50代のデータがないことから、アプリエンジニアの年齢は20 ~ 30代で固まっていることがわかります。キャリアパスを考えて40代に差し掛かる頃にはクライアントとの要件定義やマネジメントなど、次のキャリアに移行しているようですね。

フリーランスとサラリーマンの差は?

フリーランスのシステムエンジニアと、企業に勤務するシステムエンジニアとでは年収に差が出てくるのでしょうか?

フリーランス

フリーランスで働く場合、レバテックフリーランスで案件の単価をみてみると大体時給3,500円、こちらを月20日働いたとして月給に換算すると56万円程度になります。

各案件ごとに期間が変わりますが、同程度の案件を受け続けたとして56 * 12 で612万円になります。

案件の内容にもよりますが、最新技術を使った案件になると70 ~ 90万円くらいの案件もあります。
そういった案件は軒並み条件が「実務経験3年以上」とかなので未経験から始めると600万くらいが相場と思っておくと良いでしょう。

上でみたアプリケーションエンジニアの年収相場よりだいぶ高いですね。

フリーランスとして業務委託で契約する場合は上のようになりますが、他には自分でアプリケーションを作成して売ることもできます。

この場合、手数料を除けば頑張った分をそのまま収益につなげることが可能です。
その場合には一人で開発、サーバ管理、サーバへデプロイなどマネジメントする必要があるので負担が大きめです。

求められるスキル

アプリケーションエンジニアの場合、現場によって求められるスキルに幅があります。

Android関連のアプリ開発ならKotlin、iOSアプリ関連開発だとSwiftが求められます。他にアプリ環境の構築のためにDockerコンテナを使っていたり。。

というように、それらの技術の理解が求められるので、継続的に自分のスキルを磨く必要があります。

サラリーマン

アプリケーション界隈はそもそもエンジニア不足のため未経験からでも若手(30前半くらい)までは受け入れてくれる窓口が広めです。

サラリーマンとして転職する場合、案件ごとに必要な言語や技術が毎回変わるということも起こりにくいので、ある程度の期間勤めたらだんだん作業に慣れてくるでしょう。

それに加えてサラリーマンの良い点としては収入が安定することが挙げられます。フリーランスは収入の安定までが難しいので、家族がいて安定した収入を求める場合にはサラリーマンとして転職する方がオススメです。

いずれにせよ、IT分野は技術の進化が超スピードなので業務で使っているテクノロジー以外にも学習を継続的にしていく必要があります。

まとめ

今回はアプリエンジニアの年収についてまとめました。

  • 平均年収は442万円
  • 20~30歳代以降はマネジメントへキャリアアップ

さらに、「フリーランスで働く場合」と「サラリーマンで働く場合」のメリット、デメリットについてまとめました。

フリーランス
メリットデメリット
・案件の単価が高いので年収アップが見込める
・自分でアプリを作ってリリースすれば大変だけど
 収入は全部自分のものに
・そもそもいろんな技術を知らないと
 案件を受けにくい
・定期収入の確保が難しい
サラリーマン
メリットデメリット
・定期収入があるので生活が安定しやすい。
・フリーランスに比べると案件ごとに必要な
 技術が変わらないので楽。
・収入の天井が決まっているので、
 フリーランスに比べて年収をあげることは難しい

転職先の職業としてアプリエンジニアを考えている方は、まずはさまざまな転職サイトに登録してみて、求人情報から求められている技術情報をまとめて把握しておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました