アプリ開発エンジニアに独学でなる方法(iPhoneアプリ編)

スポンサーリンク
アプリエンジニア

アプリ開発エンジニア、正確にはアプリケーションエンジニアと言います。

アプリケーションエンジニアはWebアプリケーションエンジニア、スマホなどのアプリを開発するアプリケーションエンジニアなど多岐に渡ります。

未経験から独学でアプリケーションエンジニアになるには最低限どんな知識を持っておく必要があるのかまとめていきます。

iPhoneアプリエンジニアになるために必要なこと

この記事を読んでいるあなたはいまどんなアプリケーションを作ることに興味があるのでしょうか?(タイトルがiPhoneって言ってるのでiPhoneかもしれませんが。。)

iPhoneアプリ?Androidアプリ?それともPCからアクセスするWebサービスアプリ?

規模感はどれくらいでしょうか?

個人開発で収益化したいのか、企業に勤めて開発をしたいのか?など

アプリケーションエンジニアとして活躍する分野によって求められるものが変わってきます。まずはその点について理解する必要があります。

iPhoneアプリを作るのに必要なもの

iPhoneアプリを作りたい場合、以下のスキルを最低限持っておく必要があります。

開発環境(IDE):Xcode、
プログラミング言語:Swift、Objective-Cなど
その他:Apple ID、クレジットカード

これらについて順に説明していきます。

Xcode

XcodeはiPhoneのアプリ開発をする上で使われる統合開発ツールです。

プログラムを書いたことがない、開発をしたことがない方は統合開発ツールと聞いても耳馴染みがないかもしれません。

プログラムを作成する時、最初はプログラムコードを書いて実行ボタンを押したら実行できる、という状況ではありません。

コードを書いたら機械が実行できるように機械語に翻訳(コンパイル)し、実行します。実行したら当然バグもでますし、長期間開発しているとバージョンの管理なんかも必要になってきます。

これらを手軽に行う環境が統合開発環境です。よく聞く単語なので「あーこれがあるとプログラミングが簡単になるのね」って認識してもらうと良いです。

XcodeはmacOSで動くという特徴があります。

プログラミング言語

Swift

SwiftはAppleのOS関係で動作するプログラミング言語です。

Objective-CもiPhoneアプリ開発に使われている言語なのですが、あなたが新しくiPhone開発したい場合にはSwiftを学ぶことをお勧めします。

というのも、Swiftの方が言語として新しく、将来性があるからです。

ちなみに、最近だとHTML、CSSだけで開発するという方法もあります。アプリケーションのリリースにはmacが必要なためあくまで手段の一つとして知っておくといいかと思います。

Windowsで開発できないの?

少し上の

XcodeはmacOSで動くという特徴があります。

を読んで、「あれ?Windowsは門前払い食らってんの?」と思った方もいるのではないでしょうか。

答えとしては「やろうと思えばWindowsでもできる」です。

開発自体はWindowsで可能ですが、以下のコストを考えないといけません。

  • Swift以外の言語を使う必要がある。
  • リリースがWindowsではできない

Swiftを使わなくても開発できるのですが、主流の言語で開発する方が圧倒的に楽です。

プログラミングをしているとよく想定と違う動作をするのですが、それを自分で解決できない時はStack Overflowなどの質問サイトで解決策を探ることになります。

その時にその言語を使っている人口が少ない場合、解決策を見つけるのに一苦労、最悪解決できないという状況になります。

2点目の「リリースができない」ですが、これは普通に致命的ですよね。

このようなデメリットを考えると本格的にiPhoneアプリ開発をするならmacOSを調達して開発するのが良いでしょう。

Apple ID、デベロッパプログラムへの登録

iPhoneのアプリを作る時には、必要はないのですがリリースする時に「Apple ID」と「Apple デベロッパプログラム」への登録が必要になります。

AppleIDはメールアドレスがあればすぐ取得できますが、二つ目の「Apple デベロッパプログラム」はクレジットカードが必要で、会費は年間11,800円ほど必要です。(もちろん為替レートで変わる。)

ちなみにiPhoneは最悪なくても大丈夫です。Xcodeの機能でiPhoneのデモをマルっと動かすことができるためです。

手を動かす

もろもろ準備ができたら手を動かして学んでいきましょう。

言語の学習

プログラミングを学ぶ時の鉄則ですが、本を読んでいても一向にできるようにはならないのでまずは手を動かすことをお勧めします。

Swiftを自分のPCに導入したり、IDEの使い方を学ぶ必要があります。

開発環境の作成は未経験の方は必ずといっていいほどつまづくので、書籍や動画を参照しながら作業するのがいいです。

このブログでは

UdemyやTech Academyなどのオンラインプログラミングスクールで学ぶことをお勧めします。

その理由をオンラインプログラミングスクールで学習するメリットと、書籍で学ぶデメリットの②点で説明します。

オンラインプログラミングスクールは情報が定期的に更新されるので、新しいOSでUIが変わったとか設定時に出てくる文言が変わったという情報の変化についていくことができます。

また、講師の方がついているので万が一詰まっても講師にできないところを相談して解決のヒントをくれるのが良いところです。

書籍で勉強しようとすると情報のリアルタイム性にはかけます。また、本を開きながらキーボードを打たないといけないので勉強のスピードが下がるのもよくない点です。(本を開くのも大変だhし、長い構文の動作を見たい時にコピペができない。)

簡単なアプリを作る

いきなり普段iPhoneにいれているようなゲームや地図アプリのような高性能なものを作るのは難しいので、非常に簡単なものからつくってとりあえずリリースしてみることをお勧めします。

その際に似たようなアプリを複数作るのではなく、技術的に異なるアプリケーションを作ることで効率的にスキルアップをすることができます。

リリースした実績があれば転職活動の際にも、自分のスキルの結晶としてアピール材料になるので小規模でしっかりしたものを作るのが良いです。

アプリ開発をサクサク進めるには。。?

少し上でも書きましたが、UdemyやTechAcademyなどのサイトに登録して講座受講するのが早いです。

講座の題材として一つアプリを作る場合もあるので、プログラミング学習をしながら効率的に学習することができます。

タイトルとURLをコピーしました