コンサルタント職に適した転職サイト3選

スポンサーリンク
転職サイト紹介

こんにちは。

今回のテーマは”コンサルタント転職に適した転職サイト”についてです。

収入の多い職種としてコンサルタントが頭に浮かぶ人も多いでしょう。

転職の理由が給与のレベルアップという場合には、一度は検討する職種なのではないでしょうか。

コンサルタントに転職する場合に、どんな転職エージェントを使うと効率よく動けるのでしょうか?

今回はコンサルタント職への転職にお勧めな転職サイト3つを紹介します。

この記事の対象者

  • コンサル系の転職を望んでいる
  • いろんな職種の転職サイトを見てみたい

といった悩みを持った方。

コンサルタント職に転職する際に使うべきエージェントの特徴

そもそもコンサルタント職に就くためにはどんなエージェントを利用すると良いでしょうか?

一般的な転職の場合は職種の幅が広く、いろいろな求人を見せてくれるある意味デバートのような総合型エージェント(リクナビ、マイナビ等)の利用をお勧めします。

しかし今回はコンサルタントになりたいという明確な目標があるため、当然「コンサルタント業界を熟知しているエージェント」を使いたいものです。

どんな求人を保有しているかも重要です。

コンサルタント業界においてBIG4と言われる大手4社

  • デロイトトーマツコンサルティング
  • PwCコンサルティング
  • KPMGコンサルティング
  • EYアドバイザリー・アンド・コンサルティング

の求人を持っているかどうかは確認をしましょう。

コンサルタント職への専門的な知識を持ち、求人をしっかりと保有しているエージェントであればぜひ使うべきです。

コンサルタントの転職にお勧めのエージェント3選

実際に今回は3つのエージェントを紹介します。

1:ムービンストラテジックキャリアConsultant転職

ポイント:コンサルタント業界出身のアドバイザーがあなたの転職をサポートしてくれます。

会社の採用温度感や本当のところ、求められる能力について等細かく把握した能力の高いエージェントのサポートを受けることができます。

そのため、転職活動を行う中で出てくる悩みをスムーズに解決することもできるでしょう。

面接対策も手厚く、決定実績も豊富です。

各コンサルティング業界の情報やランキングも確認可能です。

初めてのコンサルタント業界への転職の場合、周辺情報を確認しながら活動することもできるのはこのエージェントの強みです。

2:JACリクルートメント

元々イギリス発祥の外資系転職エージェントということもあるため、外資系企業への転職に強いです。

求人数も豊富なので、様々なコンサルティング企業の求人を見ることができます。

ハイクラス向けの転職サイトということもあり、年収レンジの高い求人も多いです。

加えて求人はポジションやある程度の年収が明確に記載されているので、求職者からすると使いやすいと感じる部分も多いでしょう。

JAC Recruitment(ジェイ エイ シー リクルートメント)

3:ランスタッド

こちらも外資系転職エージェントです。

ハイクラス転職の場合、公開求人の80%が年収800万円以上と年収レンジも高いです。

内資、外資ともに豊富な求人数を保有しているため、あなたにあったコンサルティング企業の提案を受けることも可能でしょう。

ランスタッドの特徴としてはエージェントの国籍も多種多様な所。

コンサルティング業界は外資系企業が多いので、あなたが受ける会社の雰囲気や求められるコミュニケーションの方法についてのアドバイスも的確に受けることができるでしょう。

世界最大級の外資系転職エージェントの強みを利用することであなたの転職活動もスムーズに進むかもしれません。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回はコンサルタント職への転職におすすめのエージェントを3つ紹介させていただきました。

コンサルタント職への転職の場合、エージェント自身がどれだけ業界のことを理解できているか、あなた自身との相性、あなたのアピールをどれだけ上手にしてくれるかなどの要素も重要です。

可能であればエージェントと対面で会ってみて、信頼できるかどうか確認をしていきましょう。

エージェントの利用の際は比較検討をするためにも2社程度使っても良いでしょう。

タイトルとURLをコピーしました