コーダーの仕事は辛い?向いている人の条件は?

スポンサーリンク
コーダー

コーダーはWebコンテンツをつくるときにHTMLやCSS、JavaScriptなどの言語を使ってWebページをつくるエンジニアのことを指します。

フロントエンドのコーディングを担当するコーダーですが転職する上で「仕事の辛いこと」や反対に「コーダーに向いている人」の条件は確認しておきたいと思います。

あとむ
あとむ

実際のところ、コーダー、Webデザイナーなどのフロントエンドに携わる(かつ、ディレクションではなく手を動かす人)の仕事の垣根は曖昧になっているので、Webデザイナー志望の方も参考になるかと思います。

コーダーのお仕事は?

一度先にコーダーのお仕事内容をおさらいしましょう。

コーダーはWebページのコーディングを行います。
テキストでの説明が多いとわかりにくいので図を用意しました。WebページはHTML,CSS,JavaScriptでできています。

上の図でコーダーが扱う主要な言語についてはイメージがついたでしょうか?

このうち、JavaScriptだけはネイティブなJavaScript以外にもJavaScriptを使いやすくした派生言語が複数あります。未経験の方がコーダーの求人情報見を見ていると慣れない言語が出てくると思うので、その都度調べていく方が今後のためになると思いますよ。

とはいえ、大雑把に言えばこれら3つの言語を使ってWebページを作成していきます。

Webデザイナーの方がボタンなどや画像の配置、色合いなどの検討をする傍ら、実装していくのがコーダーです。

コーダーの辛いところ

転職で不安

コーダーの仕事で辛いところをあげると

  • 認識ズレが原因の手戻り
  • スキルアップが難しい

というのがあります。順番に説明してきましょう

認識ズレの手戻り

クライアントから完成イメージをもらっても、細部に詳しい指定が無いという場合があります。

実装を進めてテストアップしてからクライアントとの認識にズレが生じていることに気づく、となると二度手間になってその分作業全体に遅れが生じることがあります。

これは最悪ですよね。

加えて、そのまま元々の納期から変わらない、ということになるとコーダーには大きく負担がかかる状態になります。

直接クライアントと話すのはWebディレクターなどのチームをまとめるポジションの人までのことが多いので、なかなかコーダーががんばって改善しにくい問題でもあります。

スキルアップが難しい

HTML、CSS、JavaScriptを使うという話は上でしましたが、中でもJavaScriptは様々なライブラリやフレームワークが日々アップデートされています。

例えば、実用的なところで言うと

  • AngularJS:Webアプリケーションフレームワーク
  • NuxtJS:Vue.jsのフレームワーク

ちょっと面白いところだと

  • Ongaq JS:音楽をプログラミングできるライブラリ
  • srt.js:YouTubeの映像と連動したマッシュアップを簡単に作れるライブラリ

このようにさまざまなライブラリがあるなか、仕事に関連する物しか基本的に手に触れることがないので、「積極的に最新情報をキャッチアップしていかないと気付いたら時代に取り残されている」、ということがありえます。

ITの世界は日進月歩ですし「コーダーとして働ける知識は持っているからいいや」というスタンスの人は、あまり向いていないと言えます。

向いている人ってどんなひと?

それでは、上記のような辛い部分を踏まえてコーダーに向いている人はどんな人なのでしょうか?

簡単に三点述べると

  • 相手の求めるものをシンプルに作れる人
  • 新しい物好きな人
  • 視野が広いひと

相手の求めるものをシンプルに作れる人

相手の求めるもの(完成イメージ)をその通りにシンプルに作るためには

  • 相手の求めるものを判断するためにコミュニケーションを取れる
  • 無駄なことを嫌う

ということが求められます。

コーダーというとパソコンに向かっている時間がほとんどで、ガリガリコードを書いているようなイメージがありますが、しっかり齟齬のないコミュニケーションが求められます。

また、無駄な(遠回りな処理を挟むなど)コーディングをすることで、他の人からみたときのコードの可読性が下がってしまったり予期せぬエラーを発生させる元になります。

無駄なコーディングをしないことはそれだけその言語に精通している必要があるのですぐできることではありませんが、学習を続けていけば徐々にできるようになっていきます。

新しいもの好きな人

ITの分野は日進月歩の発展です。

上でも書いている通りJavaScriptだけをとっても様々なライブラリや開発フレームワークがあり、日々新しいものが生まれたりアップデートされている状態です。

新しいもの好きな人であれば興味を持って新しく生まれた技術をキャッチアップすることができます。

まとめ情報がQiitaで上がる頃にはすでに誰かが調べきっている後なので、それより早い方が良いですね。

いやいや仕事でやるよりも興味を持って調べている人の方が強いのは明白です。

視野が広い人

自己スキルの向上のためには新しい情報を日々取得するだけでは難しいと言えるでしょう。

視野を広くとって、「普段自分では使わない情報」や、「そもそも担当と違う分野(たとえばバックエンド技術)」の最新情報などを取得するのが望ましいです。

また、自分で発信することをすれば実績としてスキルアップ、キャリアのアップにも繋がっていくと考えられます。

まとめ

今回の記事では「コーダー」として活躍する時の辛い点や、反対に向いている人はどんな人なのか?ということをまとめました。

今一度需要なところだけまとめると

辛いところ

  • 認識ズレの手戻り → きちんとコミュニケーションを取れずに手戻りが起きる
  • スキルアップが難しい → 自分の仕事に関係する技術だけしか使わないと時代に取り残される。キャリアアップも難しくなるかも

向いている人の特徴

  • 相手の求めるものをシンプルに作れる人 → 無駄なく要求されたものを作成することができる
  • 新しい物好きな人 → 日々生まれる新しい技術に目を向けることができる
  • 視野が広いひと → システムの他の動作にも理解が深くなりキャリアアップにつながる

という感じです。

コーダーはプログラミングを行う専門職、とはいえコーディング以外にもコミュニケーションスキルだったりキャリアアップのためにフロントエンド以外の理解も進める必要があります。

コーディングスキルを学ぶためには

さて、そもそもコーダーとして働くためにはフロントエンド開発技術を持っている必要があります。

転職でWeb系に行きたい場合にお勧めの方法はオンライン完結のスクールで技術を磨くことです。ここでは二つサイトをお勧めします。

Udemy

Udemyは動画完結のプログラミングスクールです。

コーダーに必要なフロントエンド技術は大量にコンテンツがあります。

他にも、プログラミングにかかわらずMicroSoft系のアプリケーションの使い方やAdobe関連ツールの使い方、コミュニケーションやプレゼンのやり方なども学ぶことができます。

動画は買い切りで、一度購入してしまえば何度でも学習できます。
自分のレベルに合ったものを無駄なく学習することができるので、プログラミングスクールに通うより金銭的にも時間的にもコストが非常に少なくすみます!!

もっと詳しい内容はこちらの記事でまとめていますので是非ご覧ください。

CodeCamp

CodeCampもオンライン完結のスクールですが、こちらは動画学習ではなくオンラインの家庭教師、という感じです。
与えられる教材で学習して、課題をこなし、現役エンジニアの講師の方とマンツーマン授業を受けるという感じで進行していきます。

Udemyと比べていい点は、わからないことをすぐ聞くことができる点学習スケジュールを自分で管理しなくていい点です。

こちらは無料体験があるので、とりあえず無料体験で雰囲気を掴んでから検討したい方にぴったりです。

もっと詳しい内容はこちらの記事でまとめているので是非ご覧ください

タイトルとURLをコピーしました