システムエンジニアが激務って本当??3つの理由とは?

スポンサーリンク
転職悩み

システムエンジニアってこんなイメージありませんか?

  • 激務
  • 職場がブラック(長時間労働のイメージがある)

その反面こんなイメージもあるかと思います。

  • 年収高め
  • 手に職あってかっこいい
  • インテリ感ある

「逃げ恥」のひらまささんはシステムエンジニアですが、インテリな感じありましたよね。

実際のところシステムエンジニアは対象としている仕事の内容によって激務です。
今回はその理由、転職の時に気をつけていきたいところを確認していきます。

なぜ激務なの?

なぜ激務になってしまうのか?

激務と判断する要素として「就業時間が不規則」、「そもそも業務量が多い」などがあると思います。システムエンジニアが激務になっていくにもいくつか要因があるので、まずそこから把握していきましょう。

ミッションクリティカルなシステムを対象としている

ミッションクリティカルとは、それがないと業務が立ち行かないような要素のことを表す言葉です。たとえば銀行のシステムや、電車などの社会的なインフラとなっているもののシステムなどをイメージしていただくとわかりやすいかと思います。

こういったシステムはそもそも障害が起きないように冗長化されているものですが、それでも何か起きたときの障害対応として人が待機していることがあります。

また、たとえばメンテナンスも普段利用者が多い日中に行うわけにいかないので深夜業務が発生したりします。

多重下請の構造がある

システムエンジニアという業種と切り離せないことなのですが、システムエンジニアのお仕事は多重下請の形を取っています。

簡単にいうと、クライアントの要求を聞いてシステムの要件定義などをする層や実際にコーディングをする層など一つの案件をとっても各作業工程で受ける会社が異なる場合があります。

この状態だと、上流工程で起きた仕様変更などが下流工程では大きな追加作業となるためなかなか作業が予定通りに進みにくいということが起こります。また、上流過程にいるならまだしも下請けに所属する場合には実際に手を動かすのでその分作業量が多くなった時の影響がダイレクトです。

もちろん、そういった齟齬がないようにチームリーダーやマネージャがいるのですが、それでも案件次第では厳しい業務内容になります。

コミュニケーションの齟齬

往々にしてシステムエンジニアの方とクライアントの方との間にはITリテラシーの差があります。

クライアントには「あれをしたい!」、「いまよりこうなったらいい!」という希望があり、それらをシステムに落とし込んで使えるようにする(システム実装する)というのがシステムエンジニアの仕事になります。

ITリテラシーの差が、この両者の間で認識の齟齬が生みます。

クライアントからすれば機能をちょっとあとから追加したい、となってもシステムエンジニア目線からすると「ちょっとの追加でも大きな手戻り」になるのでその分作業が遅れるということになります。

システムエンジニア転職で気をつけたいこと

転職に求める用件を明確にする

転職する前に自分がどういったモチベーションで転職したいのかしっかり把握しましょう。
特に、譲れないところはどこなのか?、という点は自分の中で見極めておく必要があります。

  • 給料のアップなのか?
  • 働く環境の改善なのか?
  • 福利厚生の充実なのか?
  • 余暇を充実させたいのか?

システムエンジニアの業務が激務になりがちであるということは上で述べた通りですが、それこそIT企業の黎明期がもっと過酷な環境だったため最近では「働き方改革」の名の下に労働環境の見直しがされている傾向があります。

そのため、「多少仕事量が多くても収入のアップを目指すのか?」、「収入アップはそこまでないけど仕事量を少なくするのか?」というように考えていく必要があります。

口コミをきちんと調べる

ハードワークになりがちなのはインフラ系、金融システム系、あたりですがもちろん一般的にハードワークになりがちな会社も調べれば出てきます。

面接で詳しくどれくらいの業務量なのか、など聞くこともできますが、Openworkなどのサービスを使って口コミを調べることをお勧めします。

ハードワークについていけないと精神的なプレッシャーも大きくなり、気づいたら病んでいたなんてことにもなりかねません。

せっかく転職するのでしたら口コミサイトの書き込みなどをしっかり調査して転職してから「こんなつもりじゃ。。」とならないようにしておきたいです。

まとめ

システムエンジニアが激務になる理由についてまとめていきました。

システムエンジニアの仕事の受け方が多重下請になっている以上、体制的にすでに仕事内容が膨れ上がりやすい環境と言えます。

一方で、近年では働き方改革の動きによって業務環境は改善されているところも多いので、積極的に働き方改革に取り組んでいる企業を選んで転職すれば激務にはなりにくい(なりにくいだけで金融などに派遣されたらしんどいかもですが)と言えるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました