システムエンジニアのキャリアパスってどんな感じ?

スポンサーリンク
システムエンジニア

今回はシステムエンジニアのキャリアパスについてまとめていきます。

現職がシステムエンジニアで転職を考えている方や、現職は全然関係ない職業だがシステムエンジニアへの転職を考えている方に是非読んでいただきたいです。

システムエンジニアの仕事内容

先に簡単にシステムエンジニアの仕事内容を説明します。
未経験からシステムエンジニアに転職しようと考えている方は確認しておきましょう。

システムエンジニアの仕事は、クライアントの要望をヒアリングしソリューションとしてシステムを設計、作成、運用後の保守などをすることです。

プログラミングの作業は専門の企業に任せることも多いため、パソコンに長い間向かってプログラムを書くというよりもチーム内で設計の会議をしたり、クライアントと対面する機会が多いです。

システムエンジニアのキャリアパス

システムエンジニアのキャリアパスとして考えられる職種には以下があります。

  • ITコンサルタント
  • プロジェクトマネージャ
  • フリーランスシステムエンジニア

それでは順番に「どんな職業」で、「システムエンジニアとはどんな違いがあるのか」確認していきましょう。

ITコンサルタント

どんな職業?

クライアントにヒアリングを行って、企業が抱える問題点を明らかにし、システム開発の提案を行ったり、システムの要件定義、システムの最適化などを行う。
プロジェクトの管理・推進の業務も行う。

すでにクライアントの企業が導入しているシステムがあればその状況を踏まえてシステム導入の提案などを行ったり、クライアントの経営改善を一緒に考えるという感じです。

システムエンジニアとの違いは?

上の「どんな職業?」の欄をみて、

システムエンジニアの項目とほぼ同じ説明じゃない?

と思った方も多いかと思います。
実際のところ、システムエンジニアとITコンサルタントの業務面での垣根というのは若干曖昧です。

しいて言えば

  • ITコンサルタントはクライアントの経営課題の解決が目的
  • システムエンジニアはクライアントの「こういうシステムが欲しい」を聞いて開発

という点が異なります。

そのため、クライアントの要望の通り道としてはITコンサルタント→システムエンジニアという形になります。よりITコンサルタントの方が抽象度の高い作業を行っているイメージですね。

ただし、クライアントやシステムエンジニアが所属する会社の規模によってITコンサルタントの役割はシステムエンジニアが担うこともあるため、垣根が曖昧になっていることも事実です。

プロジェクトマネージャ

どんな職業?

プロジェクトマネージャはプロジェクト全体の管理を行います。

システムの開発はプロジェクトとして、チームを組んで行います。
チームの編成、プロジェクトの進捗、予算、品質担保などの管理を行い、プロジェクトが成功するように全体のマネジメントを行うのがプロジェクトマネージャです。

システムエンジニアとの違いは?

こちらはITコンサルタントとの違いほど難しくないです。

上で説明した通り、ITコンサルタントがクライアントの経営状況を改善するためのシステムに必要な要素を固めます。

その後、プロジェクトマネージャがシステム構造の設計や規模と予算、必要な人員と工数を決めていきます。必要人員が決まったら人材を確保してチームを編成してシステム開発を行っていきます。

システムエンジニアは設計、詳細設計、実装、マネジメントを行うのですが、それらの活動をマネジメントするのがプロジェクトマネージャという感じです。

場合によってはプロジェクトマネージャは複数のプロジェクトを掛け持ちしてマネジメントすることがあります。

そのため、システムエンジニアとしての下地があってできる仕事でしょう。

フリーランス

どんな職業?

フリーランスの場合には求人情報を確認して応募、その後採用してもらうと案件受注ができます。

フリーランスではあるものの、システムに関する情報などは機密性が高いことが多いので在宅やカフェで働くというのは難しいです。

VPNをL2TPでつなぐなどの方法が取られることもあるかもしれませんが、基本的には常駐で業務をこなすことになるでしょう。

システムエンジニアとの違いは?

特にありませんが、一部サラリーマンとして働く場合との違いがあります。

  • チームが案件受注のたびに変わるので人間関係に悩みにくい
  • 案件の単価が高いので年収が上がりやすい
  • 嫌いな、苦手な案件については自分で受けないように選択できる

大きな違いとしては今あげた3点でしょう。

普通に企業に勤めた場合、チームは基本的に見知った顔の人ばかりになるのでその中で人間関係が悪くなったりすると解決が難しいことが多いです。

フリーランスの場合にはそういった人間関係に根本的に悩まなくて済むメリットがあります。
また総じて案件の単価が高いです(50万円 ~ )

サラリーマンと違って月給で働くわけではないので自分の実力と頑張り次第で収入をがんがんあげていくことが可能です。

キャリアアップのために必要なもの

3つのキャリアパスを提案しましたが、キャリアアップのためにはどんなスキルを持っているといいのでしょうか?

コミュニケーション力

システムエンジニアからのキャリアパスについてはいずれも業務内容の抽象度があがるためコミュニケーション力が求められます。

特に、クライアントが抱える問題点をしっかり洗い出すためにはコミュニケーション力が必要です。

マネジメント力

システムエンジニアよりもチームのマネジメントを行う機会が増えるため、マネジメント力が必要です。

プロジェクト全体を見渡して、問題が大きくなる前に潰すという作業をしていかなければならないです。

システムエンジニアとして働くよりも責任が大きくなるため、現在の職業がシステムエンジニアの方は自分の仕事以外にもプロジェクトマネージャがどのようにタスクを処理しているのかということを見ておくといいでしょう。

資格

資格はかならず必要ということはありませんが(実績の方が重要です)、あるに越したことはないので計画的に取っておくといいでしょう。

基本・応用情報処理技術者試験

基本情報と応用情報の二つは基本的なIT知識について出題される試験なので、こちらの試験をパスしておくと一定水準の知識を持っていることの客観的な指標となります。

比較的簡単な試験なので1月ほど計画的にがんばれば合格できるかと思います。

IT系の転職を考えている方ならとりあえず取っておいて損はないです。

プロジェクトマネージャ試験

上で紹介した情報処理技術者試験の一つです。高度情報処理技術者試験に分類されます。

組織運営や、プロジェクトの立案、その他プロジェクトマネージャの業務に関係する出題がされます。基本・応用情報に比べると難易度が段違いなのでしっかり準備する必要があります。

ちなみに合格率は基本情報:25.7%、応用情報:22.3%、プロジェクトマネージャ:14.1%というふうにガクッと落ちます。

まとめ

システムエンジニアからのキャリアパスについて紹介しました。

これから転職でキャリアアップを考えている方はどのようなスキルが求められるのか把握し、自分に足りないものがなにかしっかり見極めましょう。

タイトルとURLをコピーしました