システムエンジニアは稼げるの?年収の相場をチェック!

スポンサーリンク
お金の話

今回はシステムエンジニア(SE)の年収の目安についてご紹介していきます。

システムエンジニアは人気の職業ですし、転職先の職業として考えている人も多いかと思います。
年収の平均はどれくらいなのか、今のご自分の状況と比べてよくなるのか確認していきましょう。

実際どれくらい稼げるのか?

システムエンジニアの年収はどれくらいなのでしょうか。

dodaの平均年収ランキング(2020/01/20時点)の内容を参照すると、システムエンジニアの年収平均は422万円でした。

システムエンジニアは技術系(IT/通信)に分類されるのですが、そちらの平均年収は457万円でした。

そのため、システム開発系やSEなどの開発職などよりコンサル系が年収が高いという結果になっています。

システムエンジニアの年収

男女別の平均年収額はこちらです。

平均年収全体男性女性
金額422万円437万円381万円

次に年代別に年収をみていきましょう。

平均年収20代30代40代50代
金額366万円486万円548万円596万円

システムエンジニアの仕事は要件定義、設計、実装、運用保守という流れですが上流工程で作業する年齢の方が収入が高いようですね。

後述しますが、ITコンサルタントの平均年収が611万円であることを考えると、50代までSEとして活躍するより早めにキャリアシフトしていくことを考える方が良いでしょう。

ITコンサルタントの年収

システムエンジニアのキャリアパスの一つ、ITコンサルタントの年収についても確認しておきましょう。

平均年収全体男性女性
金額611万円644万円500万円

IT業界はかなり男女の年収差が大きいです。
やはりマネジメントや、経営戦略に関わる分年収が高いようです。

平均年収20代30代40代50代
金額463万円675万円821万円874万円

20代が大きく平均を下げていますが、通してみるとかなり平均年収が高い傾向にあります。
IT系企業はスタートアップをのぞけば勤続年数が長い方が年収が高い傾向にあるためこのような形になると予想されます。

PM(プロジェクトマネージャ)や品質コンサルタントなどの職業の方がここの分類に当てはまります。

プロジェクトマネージャーの年収

プロジェクトマネージャーもシステムエンジニアのキャリアパスとして有力な職業です。プロジェクトマネージャーは主にプロジェクトの管理・推進が業務内容です。
dodaで調査している全167職種の中でも9位の高収入です。

平均年収全体男性女性
金額656万円673万円535万円

プロジェクトマネージャとして働くには相応の経験が必要なので、平均年収自体は高いものの若い世代の年収額はあまり当てにならないかもしれません。

平均年収20代30代40代50代
金額472万円658万円742万円824万円

20代の転職でプロジェクトマネージャを目指す方は、まずはプロジェクトを何度も成功させる経験を積める環境にいくことが重要です。

フリーランスとサラリーマンの差は?

フリーランスのシステムエンジニアと、企業に勤務するシステムエンジニアとでは年収に差が出てくるのでしょうか?

フリーランスで働く場合、一般的に年収は600万程度のようです。
サラリーマンと比べるとだいぶ年収が高いですね。

求人案件をみていると、月単価での収入が50万程度くらいから募集されています。
単純計算で50 * 12 = 600万程度となりますね。中には70万、80万という案件もあるため、実力がある方がその辺りの求人を受けているのでしょう。

フリーランス

常駐勤務がおおい

フリーランスで働く、と聞くとカフェや自分の家で働いているイメージをするかもしれませんがフリーランスのシステムエンジニアは基本的に常駐勤務です。

というのも、基本的にシステムエンジニアの仕事はシステム開発の上流過程になるためカフェや家でプログラムを書く仕事ではなくチームで仕事をすることが多いためです。

反面、仕事を選ぶことができるのでチームで嫌な経験を持ったとしても次の案件の時には別のチームを組めるなどのメリットもあります。
仮に常駐中に上司にあたる人がパラハラ気味の人でもプロジェクトさえ終われば根本的に解決できる、というのはなかなか働き方としていい条件です。

サラリーマン

フリーランスより収入が安定することがメリットとしてあげられます。

上で紹介したようにサラリーマンの年収とフリーランスのシステムエンジニアの年収では大きな差がありますが、案件がなかったとしても会社が収入を保証してくれるというのは大きなメリットですよね。

システムエンジニア系の仕事は、インターネット黎明期などの一昔前は非常にブラックな環境の企業が多く、その反動で最近は働き方改革に積極的な企業が多いです

つまり、残業をガンガンしてお金を稼ぐみたいなことは今後しづらくなっていくので年収を上げるためには不向きです。

反面、フリーランスの欄でメリットとしてあげたように、サラリーマンで企業所属になるとチームでの活動でなにか不満が出ても改善が難しいというデメリットがあります。

まとめ

今回はシステムエンジニアの年収についてまとめました。

  • 平均年収は422万円
  • マネジメントや経営に関わるITコンサルタントの方が年収が高いためキャリアアップが重要

さらに、「フリーランスで働く場合」と「サラリーマンで働く場合」のメリット、デメリットについてまとめました。

フリーランス
メリットデメリット
・案件の単価が高いので年収アップが見込める
・チームが毎回変わるので、人間関係の悩みが減る
・企業に常駐するタイプの案件が多いため
 カフェや在宅を希望するなら不向き
・定期収入の確保が難しい
サラリーマン
メリットデメリット
・定期収入があるので生活が安定しやすい。・チームに馴染めなかったりしても案件ごとに解体する
 とは限らないため、人間関係に悩むかも
・収入の天井が決まっているので、
 フリーランスに比べて年収をあげることは難しい

転職先の職業としてシステムエンジニアを考えている方は、さまざまな転職サイトに登録して多くの求人情報をみてみるところから始めると良いでしょう。

案件をみた結果、「フリーランスでもやっていけそうだな」と思えたらいっそフリーランスとして活動するのも良いかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました