【Web系転職】センスとかないけどWebデザイナーになれる?

スポンサーリンク
Webデザイナー

Webデザイナーに転職しようとしている方々の中で、

イマイチ自分の芸術センスに自信がない。。

から転職に踏み切ることができない。

という方は多くいるかと思います。

デザイナーというワードのせいで、センスがなければ綺麗なWebページを作ることができないという風に考えてしまうのは非常に同感です。

結論として、私は

センスはあればいいけど、ないから困るということはない。

と考えてます。
ここではその理由と、Webデザイナーに求められるセンスの鍛え方についてまとめていきます。

Webデザイナーに求められる”センス”って何?

そもそもの話ですが、なんとなく使っているこの”センス“とは何なのでしょう。

みなさんが考えるWebデザイナーに求められているセンスとはこういったものではないでしょうか?

  • Webページを鮮やかに彩る。(色の選び方から組み合わせまで何でもかっこいい、美しい)
  • シンプルでクリーンなフォント設定と文章配置で魅せる。(Appleのページのように)
  • 思わず目を引くような画像を作る。

上のような観点だと、「自分のセンスがないから無理!!」と感じるのもよくわかる気がします。

学生の時に美術で悪い点を取っていた記憶が蘇りますね。


さて、それに対して実際に求められているセンスというのは下のようなものです。

  • 無駄のないコーディングをする(コーディングスキル)
  • ユーザの視点に立って使いやすいのか考えられる

つまるところ、

求められているものを体現して行った結果、鮮やかにWebページを彩ったり、効果的に伝えるためにクリーンな表現がされている

という感じです。

特に二点目の「ユーザの視点に立って使いやすいのか考えられる」というのは非常に重要です。

めちゃくちゃ綺麗なWebページでもユーザからみて使い難かったら意味がないですよね?

Webページのユーザが操作する部分をユーザインタフェースと言いますが、Webデザイナーに求めらているのは芸術センスではなく

わかりやすいユーザインタフェースを作る能力です。

Webデザイナーに求められるものはどうやって培う?

Webデザイナーに求められているものが、「わかりやすいユーザインタフェース」を作成することだということを紹介しました。

とりあえずここまででWebデザイナーになりたい時に「昔から芸術センスがなくてな。。」と悩まなくて済むようになりましたね。

では「わかりやすいユーザインタフェース」を作成する力はどうやって培うといいでしょう?

ペルソナの設定

ペルソナという言葉をご存知でしょうか?

Webページを作る際に、そのWebページを見る人物の具体的な架空の人物像のことです。

客観的なデータを元に作られ、非常に具体的に作られます。

ペルソナの人物がどんなワード、どんな見せ方だとページに留まってくれるのかという観点で設計することでユーザが使いやすいインタフェースを作ることができるようになります。

サイトの設計パターンを知る

サイト構成のことをサイトストラクチャと言います。

ほとんどのWebサイトではページごとがリンクで結びついており、構造化されています。

普段ユーザとして使うにはあまり意識しない点ですが、Webページの設計パターンはいくつかあります。

たとえば、AmazonのページとWikipediaのページでは情報へのアクセスの仕方が違いますよね?
(前者はファセット分類型、後者はWeb型構造と言います。)

サイト設計パターンを自分の知識として落とし込んでおくことはWebデザイナーとして仕事をするために必要なことです。

配色の研究をする

一番芸術センスに関係ありそうな色使いについても、実は勉強すればカバーすることができます。

色はモノの感じ方に非常に影響を与えるので、必ず勉強してロジカルに色を扱えるようになることが必要です。

色は色相・彩度・明度で表すことができます。

色相:赤・青・黄色などの目で見えるような色合いの違い。
彩度:文字の通り色の鮮やかさの度合い
明度:色の明るさの度合い

色相の観点である色とその反対に位置する色(補色)を合わせると、お互いが鮮やかさを強調するようになり、目がチカチカするような作用がおきます。
(これをハレーションと呼びます。上の図だと赤の隣が緑だとチカチカします)

こういった問題も色相の知識を持っておけば事前に回避することができますし、適度に強調したい色の設定ができるようになります。

コーディングのスキル

要件を満たすために、ある程度コーディングのスキルは必要です。

ここのスキルレベルが低いと、

頭ではユーザにとっていいデザインが浮かんでいるのに実現できない

という非常にもったいない状況に陥る可能性が大きいです。

せっかく勉強したことが無駄になってしまうので、Webデザイナーになると決めたときからコツコツ勉強しておくと良いでしょう。

プログラミングの勉強のコツは

  • とにかく手を動かすこと(初学者は本を読んで勉強した気になりがちです)
  • 周りのできる人に詰まったら聞くこと

なので、オンラインセミナーなど活用して是非プログラミングレベルを上げて行ってください!!

結論

結論として、Webデザイナーに求められるのは芸術のセンスではなく「ユーザが使いやすいものを作るための目線や知識」です。

むしろ今までセンスが必要と思っていた「見やすい配置」、「綺麗な配色」などはきちんとロジックがあり勉強でカバーできるものです。

「自分はセンスがないから。。」と思って気が引けている方は、心配の必要は全くありません。

自分の理想の生活を掴むためにまずは勉強してみましょう!!

タイトルとURLをコピーしました