ファイナンシャルプランナーとしてフリーランスで働くためには?

スポンサーリンク
転職悩み

多種多様な働き方が確立されている今の時代に、フリーランスという働き方が広まってきています?

フリーランスとは、会社や団体に所属せずに個人で活動し、仕事に応じてその都度クライアントと契約を結び働くワークスタイルのことを指します。
一般的な正社員やアルバイトといった働き方と違い、自由度が高いことが特徴です。また、フリーランスは役職や勤務年数ではなく個人の実力が重要視されるので、優秀な人はすぐに高い収入を得ることができます。

今回の記事では、ファイナンシャルプランナーでもフリーランスとして活動することができるのかと言った疑問をお持ちの方へ向けた記事となります。是非最後までお読みください。

あとむ
あとむ

「自由な生活がしたいけどファイナンシャルプランナーとしてフリーランスになれるのかどうかわからない、仕事内容や受注先はどこ?どのくらい稼げるの?」こう言った疑問を解決します。

ファイナンシャルプランナーはフリーランスで働けるのか

ファイナンシャルプランナーとしてフリーランスで働くことが可能なのかという疑問を持っている方もいると思います。

結論としては可能です。

就職経験や実務経験がなくいきなりフリーランスになった場合は、実績がなく実力の証明も難しいのでなかなか仕事を受注できない状況に陥る恐れがありますが、それでもコツコツと努力を積み重ねていけばフリーランスとして大成することは充分可能です。

実際にフリーランスとしてファイナンシャルプランナーをしている人は多くいて、会社員よりも高額な収入を得ている人も珍しくはありません。それでは、フリーランスとしてどのような仕事があるのかを解説していきます。

フリーランスとしてのファイナンシャルプランナーの仕事内容

まずはフリーランスのファイナンシャルプランナーとして、どのような仕事をすることができるの

かをご紹介します。自分にあった仕事を見定めて、フリーランスとしての立ち位置を確立していきましょう。

お金に関する相談

まず初めに紹介するのはお金に関する相談を受ける仕事です。

フリーランスのファイナンシャルプランナーとしては、このジャンルが1番メインの仕事です

具体的な内容としては、確定申告や資産運用から住宅購入や老後のライフプラン構築などありとあらゆるお金に関する悩み事の相談を受けて解決に導いてあげる仕事です。
ファイナンシャルプランナーはお金のプロでありお金に関する豊富な知識を持っているので、その知識を活かして悩みを解決することで相談料としてお金がもらえるというわけです。

相談内容は毎回異なり必要な知識も変わってきますが、その中で自分の得意なジャンルを見つけてそれに特化した相談役になると効率的に仕事を獲得することができるでしょう。

ファイナンシャルプランナーとしてセミナーを開く

独立したファイナンシャルプランナーの中には講演会やセミナーを開いて収入を得ている人たちもいます。

知識を活かして一般人向けのお金に関する講演会を開いたり、これからファイナンシャルプランナーになろうとしている人向けに教育セミナーを実施するなど内容は様々です。
セミナーや講演会といったものでお金を稼ぐとなると、ファイナンシャルプランナーとしての知識だけでなく集客能力や人脈、知名度も必要になります。

想像に難くないですが、フリーランスになってすぐの状態でセミナーを開いても参加しようとする人はごく少数なはずです。まずは実績と知名度を上げる行動を最優先に考えましょう。

具体的にはブログ、SNSで情報を発信したり、他の方のセミナーにゲストとして参加させていただくなどです。少しずつ基盤を固めて自分の力で集客ができるようになったと感じたら個人としてセミナーを開くと良いでしょう。

お金に関する記事の執筆

最後に紹介するのは、ファイナンシャルプランナーの知識と経験を活かしてお金に関する記事やコラムを執筆して収入を得る方法です。

いきなりコラムの連載契約を獲得するとなるとコネなどがないといけないしかなり難易度は高いですが、webメディアをクライアントとして記事執筆の依頼を受けることはそれほど難しくはありません。例えば、クラウドワークスやランサーズなどのクラウドソーシングサービスを利用すればネットで様々な内容のライティング案件を探すことができます。

遺産相続やローン関連の話や固定費の節約方法など、お金に関するジャンルの記事執筆はたくさんあるので、ファイナンシャルプランナーとして記事執筆で稼ぐことは充分可能です。

このような仕事をする場合は、知識に加えて文章力も必要となりますが、文章を書くことが得意な方にはおすすめの方法です。

年収の目安

続いては、ファイナンシャルプランナーとしてフリーランスで働いている方の年収についてです。一般的に、正社員として働いているファイナンシャルプランナーの平均年収は300万円~と言われています。

フリーランスの場合は、それぞれの実力によって収入に大きな差が生まれるので一概には言えませんがうまくいけば割と簡単に正社員の平均年収を上回ることが可能です

特徴としては、フリーランスとして独立してからの期間が長い方が年収は高くなる傾向にあります。理由は前章でも述べたとおり、知名度や実績が収入に直結するからです。フリーランスを続けていくうちに人脈が広がったり実績が積み上がっていくので、活動を続ければ続けるほど仕事を得やすくなるのです。

独立してファイナンシャルプランナーをしている人の中では、年収1000万円を超えている方もいます。仕事を得ることができれば大きく稼げて、仕事を得られなければ稼げないのがフリーランスの世界です。

まとめ

自分の実力がそのまま収入に直結するので、フリーランスはとてもわかりやすい働き方だと思います。社員として安定を求めることも悪いことではありませんが、自分の実力に自信があり稼げると思う方ならフリーランスに挑戦することはとてもおすすめです。

何度も言いますが、フリーランスとして成功するには実績や知名度が不可欠です。何もない状態から始まるので、独立してすぐは厳しい状況が続くことの方が多いですが日々の積み重ねで少しずつ状況は良くなっていくでしょう。

フリーランスとして働くには

フリーランスとして働くことを考えると、フリーランス専用の仕事獲得のためのサービスに登録しておくことが不可欠です。

クラウドワークス

クラウドワークスは株式会社クラウドワークスが運営するクラウドソーシングサービスです。

会員登録無料で始めることができます。簡単な仕事ほど納期設定が短く単価も安い傾向にあり、反対に複雑な仕事ほど納期が長めに設定されており単価も高いです。

ランサーズ

ランサーズ株式会社が運営するクラウドソーシングサービスです。上の写真はメインページの画像なのですが、この時点で既に発注者と受注者の区別があるので登録の際にはきちんと確認しましょう。
クラウドワークスとは若干勝手が違うので気をつけましょう。

タイトルとURLをコピーしました