ファイナンシャルプランナーはどんな業界で働くのか?

スキル関連

転職で有利になるためにファイナンシャルプランナーの資格を取得した(または検討している)けど、

「実際にどのような業界で働くことができるのか」
「どの業種ならこの資格を活かすことができるのだろうか?」

と具体的な転職先についてよく分かっていない方はいませんか?

ファイナンシャルプランナーに限らず、資格と紐づく転職先の概要を理解しておく事はとても大切です。今回の記事ではファイナンシャルプランナーとして働くことができる業界、業種を数点ピックアップして解説していきます。

あとむ
あとむ

是非この記事を参考にして、自分に合っている転職先を考えてみてください。

FPが働く業界はどんな業界か

まず最初に、ファイナンシャルプランナーが働くことができる業界についてお話しします。

ファイナンシャルプランナーはお金に関する相談を受けて資産設計や提案を行い、その相談料としてお金をもらうお仕事です。

いわばお金に関するスペシャリストのファイナンシャルプランナーは、金融機関において必要とされる事が多いです

例を出すと

  • 保険会社
  • 証券会社
  • 銀行
  • 不動産  などです。

金融系の会社だと、ファイナンシャルプランナーとしてお金に関する知識をたくさん使えます。
金融系の会社ではほとんどの確率でファイナンシャルプランナーが雇われており、需要が多くあります。

つまり、ファイナンシャルプランナーは活躍できるフィールドが広く転職しやすいと言えるでしょう。

各業界の説明

それではここからファイナンシャルプランナーが活躍することのできる業界をいくつか紹介します。

どの業界でも似たような仕事内容が多いのですが、細かい部分を見てみると、それぞれの仕事内容には少し違いがあります。

あらかじめ自分にあった業界を見つけておいた方が転職成功までの道筋を立てやすいので、まずは業界ごとの特徴と違いを知っていきましょう。

保険会社

1つめに紹介するのは、保険会社です。

保険会社で働くファイナンシャルプランナーは、自社の保険に加入してもらうための営業や現在加入している保険の価格が適正なのかなどの疑問を持った方との相談やアドバイスなどが仕事内容になります。

お金に関する知識をしっかりとつけておくことはもちろんのこと、この業界では営業力も必要になってくるので、成果を出すために学ばなければいけない課題は少し多めかもしれません。

証券会社

次に紹介する業界は証券会社です。

証券会社での主な仕事内容は企業や財団法人などのクライアントからの資金調達の提案や、資産運用のアドバイスなどです。

この業界は他の業界と違ってより専門的な知識が必要になるのでファイナンシャルプランナーの資格を取得する家庭の勉強のみでは学べない知識が必要になります。

また、保険会社のクライアントが個人だったことに対して、証券会社の場合クライアントが法人などの大きな組織になるため仕事の規模が大きくなります。

責任感を伴う分大きなやり甲斐を感じられるのがこの業界の特徴です。

銀行

3つめに紹介するのは銀行です。

銀行での仕事には、資産運用のアドバイスに加えて、お金の借入や返済についてのアドバイスや、金融関連の商品の売り込みなどがあります。

金融商品とは投資信託などのことで、資金の出資者を募り株式や債券などで資産運用を行い資金を増やして出資者に還元する行為の提案などを行います。

借入や返済のアドバイス時には利息や借入額、収入などを計算してどのくらいならお金を借りられるか」や「どのくらいのペースで返済すれば最も効率が良いか」などをシミュレーションします。

不動産

最後に紹介するのは不動産業界です。

不動産業界で働くファイナンシャルプランナーは家を買う際の住宅ローンの相談や住宅にかかる税金の制度などについてのアドバイス、一定の生活水準を保ちながら住宅ローンを返済していくサポートなどを行います。

人間の生活と住宅は密接な関係にあり、その問題の手助けをする重要な役割が不動産業界で働くファイナンシャルプランナーの特徴です。

不動産業界で働く場合は、顧客に合わせた提案やニーズに沿ったアドバイスなど相手の意思を汲み取り最善の提案をする力が求められます。

まとめ

いかがだったでしょうか?

それぞれの業界の仕事内容の違いをざっくりと理解することはできたでしょうか?
上記で説明した業界以外にも、様々な業界でファイナンシャルプランナーは必要とされています。

また、ファイナンシャルプランナーの資格は3級と2級に分かれているのですが、基本的に転職に有利になるのは2級からと言われています。3級を持っていることにももちろん意味はあるのですが、3級を取得した後も勉強を続け2級まで取得するようにした方が良いでしょう。

3級だけを持っていた場合に転職した後で2級の取得を命じられる例も多くあるので、事前に2級までを取得しておくことが転職成功の大きなポイントになると思います。

勉強のためには?

このブログでよくお勧めしているUdemyはファイナンスについても学習することが可能です。

  • 動画で学習を完結させられる
  • 講師への質問ができる
  • 必要な情報を必要な分取得できる

というメリットがあります。

転職活動で忙しい方もスキマ時間で勉強できるので非常にお勧めですよ!

オススメの転職サイト

FPがどんな企業で有用とされているかご自分の目で求人情報をみることでモチベーションの維持につながります。
二つ転職サイトを紹介するので、転職エージェントの利用を検討していただけると幸いです。

doda

doda(デューダ)はパーソルキャリアが展開する転職サイトです。
求人情報が多く転職活動を始める上でとりあえず登録しておきたいサイトの一つです。

「私の転職エピソード」「「自己PR」発掘診断」という転職で悩みやすいことがらに焦点を当てたコラムもあり、転職したい人の強い味方になってくれます。

より詳しい情報はこちらの記事から!!

リクナビNEXT

5/1現在でITエンジニア(システム開発・SE・インフラ)関連の求人が9375件と多く、IT業界への転職を検討している方は是非利用をしてほしい転職サイトです。

タイトルとURLをコピーしました