フリーランスへの転職は難しい?未経験者がはじめにやることは?

スポンサーリンク
スキル関連

こんにちは。

今回の記事のテーマは”フリーランスへの転職”です。 フリーランスという言葉は近年いろいろなところで聞くようになり徐々にその働き方も社会の認識として定借してきている気がします。

なんとなく会社に出社しなくて良い分、自由そうな雰囲気があったり、実力主義で収入が変わるんだろうなという認識があるかと思います。

この記事の対象者

  • フリーランスという働き方に興味があるので詳しく知りたい
  • フリーランスで働こうと考えているが、お金のやりくりができるか不安

という悩みを持った方

フリーランスとは?

まず、フリーランスという言葉の意味を最初に整理します。

フリーランスは企業やその他団体に所属をせずに、仕事単位で契約する働き方をしている人のことを言います。 下の項目に上げるようなのが想像しやすいフリーランスの人でしょうか。

  • プログラマ
  • (web)デザイナー
  • ライター、写真家など

団体に所属しないので良くも悪くも労働環境を自分で決めることができます。 一般の会社員の方が働いている時間に働かなくても良く、さらに土日で必ず休みということもないので働き方としては非常に自由度が高いと言えます。

働き方が自由な分、自分で考えることが増えます。

どんな人がフリーランスに向いている?

ずばり、自己管理能力、タスク管理能力が秀でている人がフリーランスに向いていると言えます。

フリーランスは仕事を取ってくるところから納めるところまで自分でやる必要があります。(フリーランサー用のプラットフォームに登録しておけば省くことも可能)

フリーランスは信用情報がない?

フリーランスの方が気になる点としてその人個人の実力と信用情報が比例しないという問題があります。

これはやはり個人で仕事を行うため、納期にもし間に合わなかった時の損失をカバーできる保証がなかったり、その他何かあった時の保証がないため大きなリスクと取られることが理由でしょう。

実力があったとしても個人の方や小規模の企業へ仕事の発注を躊躇するというシーンはよくあり、信用情報の確保はフリーランスの方に取って非常に重要なポイントとなります。

フリーランスのお金事情

フリーランスで お仕事をする場合、以下のような流れになります。

  1. 仕事を受注
  2. 作業を行う
  3. 納品
  4. 企業側で検収作業
  5. 支払日に振り込みされる

5番目の項目を見るとわかると思いますが、仕事を受注しただけでは収入を即座に得られず検収が完了してから支払日を待ちます。 もちろん締め日の関係がありますので、仕事を受注してから当月中には振り込まれないことが多くなってしまいます。

このように、転職先としてフリーランスを考えている方は、作業とそれに対応した報酬が振り込まれるまでにギャップがあることを視野にいれて検討しなければいけません。

フリーランスへの転職でまずやることは?

フリーランスへ転職する場合、まずは何をすれば良いのでしょうか。

現状スキルがないものの、フリーランスのような自由な働き方がしたいという方は、ひとまず、どの分野で活動するかを検討することから始めると良いでしょう。

分野の目処がついている方は、次に自身の信用情報やキャッシュフローについて考える必要があります。

フリーランスの仕事をはじめて行うという方は仕事をやりきれるのかという不安などもあるかと思います。 そのためにも損害賠償保険に入るなどの手続きが必要になることもあるため、あらかじめ検討しておくと良いでしょう。

フリーナンスについて

ここではフリーナンスというサービスについてご案内します。 フリーナンスでカバーできることは以下です。

  • 損害賠償保険
  • 請求書を即日で振り込んでもらえる
  • 反社会勢力に関係がないことを証明してもらえる

特に、損害賠償保険が受けられることと請求書を買い取って即日で振り込んでくれる点については非常に力強いフリーランスの味方になってくれます。

現在フリーランスでの活動を検討している方はぜひフリーナンスに口座登録してみてください。

FREENANCEの無料口座開設はこちら

請求書の買取について

フリーナンスに登録すると請求書をフリーナンスに買い取ってもらうことができます。 これによって企業に請求書を送る→企業から振り込まれるというプロセスで起きる、作業と実際の収入が振り込まれるまでのギャップを解消することができます。

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回はフリーランスに転職しようと考えている方に向けて、特にきになるお金の面についてまとめました。 フリーランスへ転職しようとしている方の一助になれば幸いです。

タイトルとURLをコピーしました