【ヘッドハンティング】転職エージェントとは違うの?メリットは何?

スポンサーリンク
職種関連

転職を考えてネットで調べ物をしたり人から話を聞いたりしていると、ヘッドハンティングという言葉を耳にする機会がありませんか?

珍しい言葉ではないので聞いたことがある人は多いでしょう。
では、そのヘッドハンティングについて詳しく知っている人はどのくらいいるのでしょうか?

ヘッドハンティング とは何かを知ることによってあなたの転職活動に幅を持たせることができる可能性があります。

今回の記事では、

  • ヘッドハンティング とは何か?
  • 転職エージェントとはどう違うのか、
  • ヘッドハンティング のメリットやデメリット
  • どうすればヘッドハンティングされることができるのか

などについて詳しく解説していきます。
この記事を参考にして、転職活動に関する知見を広めていきましょう。

ヘッドハンティングとは?

まずはじめに、ヘッドハンティングとは何かを説明します。

ヘッドハンティングとは、ヘッドハンターがクライアントが求める優秀な人材をネットや人脈など様々な情報を駆使して探し出し、その人材が現在働いている会社から引き抜いて転職させる方法です。

イメージがしやすい言葉で説明すると、ヘッドハンティングとはスカウトのようなものです。
スカウトマンが優秀な人材を探してスカウトする、この一連の流れを転職業界ではヘッドハンティング と呼びます。

転職エージェントとの違い

ヘッドハンティングと転職エージェントを利用した転職には大きな違いがあります。

転職エージェントを利用する場合、転職をしたい人が転職サイトに登録し、その人に見合った会社をエージェントが見つけて紹介します。

つまり、転職エージェントを利用している人は転職を求めて能動的に活動しているということになります。

一方で、ヘッドハンティングは転職サイトに登録している人だけでなく、すべてのビジネスマンを対象に行われていることなのでいわば受動的な転職ということになります。

ヘッドハンティングのメリット

普通に転職することに比べ、ヘッドハンティングをされることにはいくつかのメリットがあります。

まず最初に大前提の話として、ヘッドハンティングを通して転職した場合はほとんどの確率で収入や待遇が良くなります。
ヘッドハンティングは他の会社で働いている優秀な人材をどうにかして自分の会社に雇い入れたい場合に用いられる手法です。

もしあなたの元にヘッドハンターが来て、現在の収入や待遇を下回る条件を提示してきたらどうでしょうか?今より良い条件を提示されない限り転職をする気にはなりませんよね?給料や待遇のアップはヘッドハンティングだからこそのメリットといえるでしょう。

待遇アップの1つとして、転職先で役職者としてのポストが用意されていることも珍しくはありません。

ヘッドハンティングのデメリット

ヘッドハンティングをされる事にはメリットだけでなくデメリットもあります。

いちばん大きなデメリットは、プレッシャーがかかる事でしょう。

ヘッドハンティングをされた場合、転職先の会社からは仕事ができる優秀な人材として扱われます。もちろんヘッドハンティングされるほどですので優秀な人材という事で間違いはないのですが、過度な期待をされるとそれがプレッシャーになり、思わぬミスやストレスの蓄積につながることがあります。

実際にヘッドハンティングされて入った会社で期待されていたほどの能力が発揮できず、負い目を感じてしまう人も少なくありません。

また、稀ですがヘッドハンティング詐欺というものも存在します。
ヘッドハンティング詐欺とは、甘い言葉をチラつかせた後に手数料や保証金と称して高額なお金をだまし取る手口の詐欺です。ヘッドハンティングで良い条件を提示された場合でも、まず1度しっかりと信頼できる情報なのかどうかを確認するようにしましょう。

ヘッドハンティングされるためには?

ヘッドハンティングをされるためには、どうすればよいのでしょうか?

まず大前提として、優秀な人材である必要があります。仕事をする上での能力が高くないと、わざわざ他の会社から引き抜いてまで雇いたいとは思いません。

そして、優秀なだけではなく希少価値が高い事もヘッドハンティングをされる上でとても大事な要素になります。優秀な人材であることを大前提とし、その上でできる人が少ない専門職や管理職などの知識と技術を併せ持っていれば、ヘッドハンティングをされる可能性は高くなります。仕事の能力だけでなく、仕事に対する姿勢も非常に重要な項目です。

ずっと指示を待っているような人材よりも自発的に行動ができる人材の方が重宝されることは言うまでもありません。

現在の職場でしっかりと実績や成果を上げて良い意味で目立つことができるとヘッドハンティング をされる可能性は上がるでしょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?

ヘッドハンティングとは何か、転職エージェントとどう違うのか、などの疑問は解決したでしょうか?ヘッドハンティングをされて転職した場合は、転職エージェントを利用した場合よりも良い収入や待遇を受けることができます。

自分が優秀で希少価値もある人材だと思うなら、社内外問わず人脈を広げてみたりSNSなどを用いて自分の能力を発信してみることもおすすめです。

オススメの転職サイト

転職エージェントの方との交流をしっかり行うことは転職を進めていく過程で非常に重要です。
二つ転職サイトを紹介するので、転職エージェントの利用を検討していただけると幸いです。

doda

doda(デューダ)はパーソルキャリアが展開する転職サイトです。
求人情報が多く転職活動を始める上でとりあえず登録しておきたいサイトの一つです。

「私の転職エピソード」「「自己PR」発掘診断」という転職で悩みやすいことがらに焦点を当てたコラムもあり、転職したい人の強い味方になってくれます。

より詳しい情報はこちらの記事から!!

リクナビNEXT

5/1現在でITエンジニア(システム開発・SE・インフラ)関連の求人が9375件と多く、IT業界への転職を検討している方は是非利用をしてほしい転職サイトです。

タイトルとURLをコピーしました