マイナス評価を減らせ!転職面接での長所の見つけ方、短所の捉え方

スポンサーリンク
マイナスを減らす面接対策

こんにちは.

今回のテーマは”転職で面接を受ける際に、高確率で聞かれる長所と短所の答え方”についてです。

転職活動で初めて面接を受ける方は、これを読んで面接への準備を進めていただけると幸いです。

この記事の対象者

  • 初めて転職面接を受けるが何を聞かれるのか不安
  • 長所を探すのが下手で短所ばかり見つけてしまう

と言った不安を持った方。

そもそも長所と短所を聞かれる理由は?

転職の面接に限らず、アルバイトや新卒の面接でも聞かれるこの質問。

そもそも長所と短所から面接官の方は何を見たいと考えているのでしょうか。

それは応募者が

自分をどれだけ客観的に見ることができているのか?

という点です。

よりシンプルに、“自己分析をしっかり行うことができる人なのか?”と言い換えられます。

自分の成功、失敗体験からどういう傾向があり、どのような行動ができるのかということが 分析されていると、

面接官から見ても、「仕事を任せたら計画的に責任を持って行動できる人だ」と判断できるわけです。

あなたが長所、短所を答えにくい理由とは?

長所、短所を答えにくい理由を分けて考えていきたいと思います。

長所について

この理由については、ありきたりな長所となってしまうと言うことが挙げられます。

例えば、「過去に参加したプロジェクトでスケジュール通りに納品することができた。」ということを長所としたとします。

これを簡潔に文章で述べると”スケジュール管理能力が高い”ということになりますが、 これでは少なくとも同じプロジェクトに参加していた人全員が持つ長所となってしまいます。

このように、

  • 長所を挙げて簡潔に表現すると他の人も持っていそうなありきたりな長所となってしまう
  • 面接で言う材料となるのか不安
  • 長所が見つからないと感じる

というサイクルになっているかと思います。

短所について

これはやはり、「短所を話すことで面接官にマイナスな印象を与えてしまうのでは?」、と思ってしまうことが大きいのではないでしょうか。

実際に締め切りを守ることが苦手だとしても、「時間にルーズなところが短所です。」は社会人として失格なので 言ってはいけないでしょう。

このように自分の短所を考えた時に面接官にマイナスな印象を与えるものは、なかなか短所としてあげにくいです。

ただ、先ほども書いたように面接官はその人の短所が何かを知りたいのではなく(知りたくないわけでもないでしょうが)

その短所とどのように向き合っているのかを知りたいということを覚えておきましょう。

長所、短所をどのように見つけると良い?

さて、それではどのように見つけると良いか。

答えは最初にある客観的な分析です。

長所の場合、主観的なエピソードである

「過去に参加したプロジェクトでスケジュール通りに納品することができた。」

に対して、

  1. なぜスケジュール通りにできたのか。を分析→その長所をどのように発揮したのか
  2. 同じプロジェクトの参加者に自分の分析をしてもらう。→同じプロジェクトにいた人には自分はどのように映っていたのか

というアプローチを取ることで主観的な要素を排除して自分の行動、性質を見ることができます。

そのため、より客観的な自分の長所を知ることができ、自信を持って長所だということにつながります。

また、ストーリーを交えて自分の分析をすることで自分の内面を知ると同時に面接の時に説得力を持って説明することができるようになります。

ぜひ、積極的に自分の長所を見つける作業をしてみてください。

短所の場合、上述のように短所をどのように受け止めて向き合っているのかということについて分かってもらえるように話すと良いでしょう。

「時間にルーズ」

  • 意識を改め、面接に早めに来るようにした。
  • ToDoリストの有効活用方を調査して実践している

「感情的になりがち」

  • 感情が高ぶったら落ち着くために一度深呼吸をする習慣をつけるように努力している

など

短所の部分をどのように捉えて付き合おうとしているかを見せることが重要です。

まとめ

今回は面接で聞かれる長所と短所の考え方、答え方についてまとめました。

こちらの記事が皆さんの転職活動に貢献できることを祈っています

タイトルとURLをコピーしました