事務系転職に求められるスキルは?資格勉強の必要はある?

スポンサーリンク
事務作業スキル関連

こんにちは。

今回のテーマは”事務系転職に求められるスキル”についてです。

今までの仕事から、事務系へ転職したいと考えている方もいると思います。しかし、いざ転職しようと思うと不安な気持ちになるでしょう。

ある程度ワードやエクセルなどが使えるのであれば問題なく就職自体はできるでしょうが今回は、事務系へ自信を持って転職したい!という時に求められるスキルについてまとめていきます。

この記事の対象者

  • 事務系へ転職したいが、何をしたらよいかわからない
  • 今あんまりパソコン得意じゃ無いんだけど営業はしたく無い。。

と言った悩みを持った方。

事務系への転職で求められるスキル 

MOS

Microsoft Office Specialistの略です。

事務系に転職したいのであればまず、この資格を取りましょう。

「MOS」とはMicrosoft Officeの、Word・Excel・PowerPointなどのスキルがあることを、証明できる資格です。

それぞれのソフトウェアごとに、資格を習得します。Word、Excelには、エキスパートと呼ばれるさらに高度な技術を必要とする試験があります。この試験自体はWord、Excel、PowerPoint以外に、Access、Outlookに関する試験もあります。

ですが、事務系で転職する際は、Word、Excel、PowerPointの資格を、まず習得しましょう。残りの二つは、余裕があれば取得するという形でも問題ありません。

「MOS」を取得することにより、パソコンを使い作業を行うことができるという、事実が証明できます。作業効率が重要な事務系においてはオフィスソフトを自由に使えることは必須といえるスキルです。

この資格があることにより、ほかの人よりスムーズに仕事ができる人という、評価を得ることができます。これが、転職の際に大きなアドバンテージになります。

秘書検定

事務系と「秘書検定」この2つに関係があるのか。そう思う方もいると思います。しかし、この「秘書検定」は、ビジネスマナーを学ぶことができます。また、この資格を持っていることで、ビジネスマナーを知っていることを、証明できます。3級、2級、準1級、1級とあります。

事務系へ転職する際は、2級の取得を目指しましょう。2級を持っていれば、事務系の仕事は問題ないです。

事務系は幅広い業務をこなす職業です。そのため、多くのビジネスシーンに遭遇します。その際にビジネスマナーを、知らなければ対応できません。また、企業側もビジネスマナーを知っている人材を求めます。持っていると大きなプラス材料になります。

また、冠婚葬祭の知識も身につきます。仕事以外でも、役に立つ資格です。ビジネスマナーを知っていると、自信をもって仕事に取り組めます。また、日常の様々なシーンで使えるので、取得することをおすすめします。

スキルの習得方法

「MOS」の取得方法

試験時間は50分。また臨時試験という制度があるので、TOEICのように一月前には申し込まないといけないということもなく、「転職活動を始めてからすぐ取りたい!」という方でも安心です。

この資格の取得方法は、もともとパソコンが得意という方は、独学でも取得できます。

独学の場合テキストを中心に、学習することになります。

おすすめのテキストの例としては、「よくわかるマスターMOS」(FOM出版)です。初心者向けに作られていて、わかりやすいです。

また、1冊で試験範囲をすべてカバーできます。参考書で迷っているなら、このテキストを買ってみるとよいです。ちなみに、パソコンのソフト以前の操作に自信がない、厳しいと思ったら、パソコン教室に通いましょう。

初心者は、パソコン教室に通うことをおすすめします。

講師の方が丁寧に教えてくれて、質問もできるので安心して学習できます。教室で習うことで多くの人が3ヶ月から半年以内に、取得できます。

試験時間は50分です。受験した方の話だと、時間は残すイメージで解いたほうが良いそうです。試験時間を40分程度と考えて問題を、進めましょう。残りの時間は、見直しに使いましょう。入力ミスは思っているよりもあります。ただ時間は短いと感じる方が多いので、早めに解く意識は必ず持ちましょう。 

「秘書検定」の取得方法

テキストでの学習が基本となります。

テキストのほかに問題集だけの参考書も、あるとよいです。この2つを買うことを、おすすめします。

おすすめのテキストは、「秘書検定集中講義2級」早稲田教育出版です。集中講義編、実問題集編の2冊を買うとよいです。

60時間ほど勉強すれば、取得できると言われています。

また転職をする方ということで、ある程度ビジネスシーンの知識はあると思います。その場合すでに知っている知識の問題も、出題されます。

1から勉強する必要がないので、比較的取りやすいでしょう。問題集をとにかく解くことが、合格のコツです。学校で勉強するものではないので、テスト形式(出題形式)に慣れることが合格への近道と言えるでしょう。

テキストで知識を覚えたら、問題演習をしましょう。テスト2週間前から問題演習に移れると理想的です。また、2級の試験時間は130分です。時間には余裕があるので、落ち着いて試験問題を解きましょう。

まとめ

今回は事務系転職に使える資格についてまとめました。

必ずしも必要な資格というわけではないですが、より自分のキャリアをあげたいという方は取っておいて損はない資格かと思います。

タイトルとURLをコピーしました