企業HPからヒントを得る!志望理由の作り方

スポンサーリンク
面接対策

こんにちは。

今回のテーマは”志望理由の作り方“です。

転職活動中いざ面接の依頼が来た際に、一番しっかりと考えなければいけないのがその会社の志望理由です。

よくないパターンとしては、どこの会社でも使えるような汎用的な志望理由を考えて使いまわすことです。

志望理由がきちんと作れているかどうかで面接の印象は大きく変わってくるでしょう。

今回は大切な志望動機を、企業のHPから得られる情報から考える方法を紹介します。

この記事の対象者

  • 志望理由を書くのに毎回時間がかかりすぎる。。

と言った悩みを持った方。

そもそも志望動機にはどんなことを書けばいいの?

志望動機を書くからには、きちんとあなた自身のことをアピールできるような内容にしたいですよね。

志望動機を書くにあたって、是非意識してほしいのは以下の3点です。

  1. 会社の理念に共感できるか
  2. 会社の方向性に共感できるか
  3. 事業内容に興味ややりがいを持てそうか

基本的には自分自身で1~3を一つひとつ検証することで、簡単に志望理由を作ることができます。

例えば「1:会社の理念に共感できるか」を検証し、あなたがその会社の理念に共感できた場合の作り方をみていきましょう!

例:

私は御社の理念である●●という部分に共感しました。なぜなら~~~~~~だからです。

御社の理念の元××という経験を活かして貢献していきたいと考え、御社を志望しました。

ポイントは、会社のどこに共感したのかをきちんと伝え、共感した理由についても添えることです。

理念について話すことは、会社のことをきちんと調べたアピールにもなります。

このように会社に対する共感ポイントや興味を持てるポイントを見つけられれば簡単に志望理由は作れてしまうのです。

ではこのような共感、興味ポイントをHPのどこを見れば見つけることができるのでしょうか。

基本的にHPで見るべき点は3つ!

企業のHPを開いたら必ず確認してほしい項目があります。

以下の3点は必ず確認しましょう。

  • 企業理念、社長の言葉(あいさつ)
  • 事業内容
  • (上場企業であれば)IR情報

【企業理念】

このページは必ずチェックしてください。

社長の言葉が企業理念とリンクしていることも多いので企業理念のページと社長の言葉のページは必ず目を通しておくと良いでしょう。

実際に入ってから企業理念に自分が合わないと感じ始めると、居心地がどうしても悪くなるので。

会社が大事にしている考えが垣間見ることができます。

理念に共感できた歳はぜひ一歩踏み込んで「なぜ共感できたのか」を考えるとよりスムーズに志望理由を作ることができるでしょう。

【事業内容】

これももちろん確認しておきましょう。

その会社が何を扱っていて、できればどういう特徴があるのかをつかんでおきましょう。

特徴がつかめれば

「御社のサービスには●●という特徴があり、★★という点で他社と比べて素晴らしいと考えました」

等、志望理由につなげることもできます。

【IR情報】

IR情報は基本的にはその会社の株主向けに作っているのですが、会社の過去の状態、現在の状態、未来の展望までわずか数ページで把握することができます。

これは利用しない手はないですよね。

会社の展望の

「どういうところに興味を持てたのか」

「自分自身のどういうスキルを今後に生かせそうだと思ったのか」

を考えることができれば、是非志望理由に盛り込んでいきましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

企業HPは志望理由作りのヒントの宝庫です。

必ず隅から隅まで確認するようにしましょう。

今回は志望理由作りについてお話ししましたが、HPを見ていて気になることがあればぜひ逆質問で企業にぶつけていきましょう

企業研究がしっかりとできている人を企業は採用したいと考えるはずです。

HPの情報を上手に使うことで、あなたの転職活動はよりスムーズに進むことでしょう。

タイトルとURLをコピーしました