効果的な自己PRって何?業種別まとめ

スポンサーリンク
面接対策

こんにちは。

今回の記事のテーマは”効果的な自己PR“についてです。

自己PRは面接官に自分の印象を残すための重要な手段です。

そのため

「自分の強みは何か」

「どうすると自分の熱意や長所が相手に伝わるか」

というように、転職活動をする多くの人が悩むポイントなのではないでしょうか。

今回は一般的にな業務として営業、事務、技術職の方に内容を絞って自己PRの書き方をご紹介していきます。

ぜひ、 ご自分の自己PRと照らし合わせて改善点を見つけてみてください。

この記事の対象者

  • 自己PRが思いつかない
  • 自分の長所を伝えるのがうまくいってない(面接で手応えを感じない)

といった悩みを持った方。
自己PRが思いつかない方は下の記事も一緒にご覧ください。

前提

以下では各業種ごとに自己PRのポイントを話していきますが、全てに共通して大事なのは

自分が転職先の会社で働く姿を面接官に想像させること

です。 それでは順番に見ていきましょう。

  1. 営業の方は?
  2. 事務の方は?
  3. 技術の方は?

営業の方は?

業務に関連する資格は全て書く

売り上げに貢献できる、とイメージしてもらうために業務関連知識がどの程度自分で持っているのか伝えることは重要です。
そのため、資格については業務に関連するものは積極的に書いておくのが良いでしょう。

商材を売れるイメージを持ってもらう

これまでの営業成績など、実績をわかりやすく表現するものを用意しましょう。また

それまでの活動で得たノウハウがどのように次の現場で活かせるのか?

この点をクリアにして面接官に伝えることで、あなたが新しい環境で働く姿を想像させることに繋がります。

短期間で即戦力になる人材を欲していることを忘れないようにしましょう

事務の方は?

業界知識があれば積極的に伝える

事務、と一口に言っても経理なのか人事なのか、それとも営業が売ってきた商材の発注なのかで仕事の内容が変わってきます。

そこで、自分がすでに経験したことのあるものについては業界の知識があることをアピールしておくことが肝要です。

他に、経理志望であるが簿記などの資格がない場合には「資格勉強中」としておけば問題ないでしょう。

パソコンに関するスキルや資格があれば伝えておく

事務の方はワードやエクセルなどの技術があることを求められます。

ほとんどの会社では転職者に対して基本的な操作ができることを前提として面接をしているでしょうが、ここで 資格などを取得しているといったアピールポイントがあれば会社としても即戦力としてあなたが働くところが想像しやすいです。

技術の方は?

自分のスキルが見えるものを用意しておく

いわゆるポートフォリオと呼ばれるものです。

下の記事でも紹介していますが、簡単に「その人が何ができてどんなものを作ったことがあるのか」を相手に伝えることができるので作っておくことをお勧めします。

技術の方の自己PRとなると過去に携わった案件の内容などを伝えることになるかと思いますが、ポートフォリオを用意しておくと 案件の情報を聞くだけよりも、充実した面接時間となるでしょう。

今後のビジョンについても話しておく

技術の世界は日進月歩という表現がよく合います。

日々新しい技術の開発が試され10年もするとほとんどの面で改良された技術がスタンダードになるという変化がおきます。

そのため、転職先の会社としてもあなたが技術者として今後の展開をどのように考えていてどういったスキルを身に付けたいと思っているかということが気になるポイントとなってきます

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回はほとんどの方が該当する営業、事務、技術に関して自己PRのポイントを紹介しました。 面接の時によく聞かれる質問など、基本的な面接対策に関してはこちらの記事で紹介しているのでぜひご覧ください!

タイトルとURLをコピーしました