年末調整、転職したときに気をつけることは?

スポンサーリンク
お金の話

こんにちは。

今回の記事の”テーマは転職した時の年末調整について“です。

年末が近づいてくると気になり始める年末調整。

普段は会社の方でやってくれているはずなのであまり気にしていない方も多いのでは?と思います。

では、転職をした場合には年末調整に関して自分でやることがあるのでしょうか?

今回は年末調整の基本と、「転職が年内にできている場合」、「終わっていない場合」に分けて紹介していきます。

この記事の対象者

  • 年末調整にあたり基本知識を知りたい。
  • 転職して初めての年末調整、どういうフローになるのか。

という悩みを持っている方。

そもそも年末調整ってなんのためにあるの?

皆さんが働くと、労働の対価として所得を得ます。

所得には所得税という税金がかかっております。  

これを企業では一年の所得を見積もって、トータルの税額を計算して源泉徴収という形で徴収しています。

一年の業績についてボーナスなどの金額も変わりますし、最初の段階ではあくまで見積もりとして税額が決められるのですね。  

そのため、実際に受け取った所得分にかかる税額とは差異が出ます。

この差額を年末調整で清算し、企業が年末調整としてこの作業を行なってくれます。  

さらに控除についても覚えておく必要があります。

所得はもらった分すべてにかかるわけではなく、控除を差し引いた分の金額にかかります。

この控除の対象というのが、有名なところだと

  • 配偶者控除
  • 扶養控除
  • ふるさと納税
  • 難民キャンプなどの募金  

などがあります。

ふるさと納税などは積極的に行なっている方も多いのではないでしょうか?

これらの細かい控除に関する項目は企業の方で把握ができないので、 控除対象の項目に

“これだけ使ったから差し引いて税額決めてね!”

というように申請する必要があります。  

払いすぎた分の税金は清算後のお給料で払い戻されるようになります。  

転職した場合には何を気を付ければいいの?

では転職した場合について話していきます。

具体的に言えば、転職先に入社するのが前職を退職した時と同じ年の場合についてまず説明してきます。

この場合、転職先の会社で年末調整を受けることになります。

転職先の会社からすれば源泉徴収額がわからないと計算ができないので、転職の際に源泉徴収票を受け取って転職先の会社に提出する必要があります。

また、上の例と異なり、転職先が決まっていて新しいところに転職する際に年を跨ぐ場合。

退職した会社からも書類が一式で送られていると思いますので、「いざという時に源泉徴収票がない」ということもないかと思います。

もし「これから転職の予定で。。」という方は、きちんと前もって源泉徴収票を取るのを忘れないようにしましょう。

転職活動中でまだ定職についていない場合

転職活動のために退職して、まだ次の仕事につけていないという場合もあるかと思います。

そういった場合にはどうしたら良いのでしょうか?

この場合には確定申告を自分で行うことになります。

最初に話した通り、年末調整の目的は払いすぎた税金が発生した場合にそれを生産することです。

そのため、再就職がまだできていない場合には、年が明けてからご自分で確定申告をする必要があります。

ちなみに期間は2月16日~3月15日までと決まっているので、忘れずに出すようにしましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は年末調整についてまとめました。

普段は会社が全てやってくれるので、あまり細かいところまで意識はしていない方も今回の記事で理解を深めていただけると幸いです。

転職をする予定、既にしたという方もぜひ覚えておいてください!

タイトルとURLをコピーしました