文系(未経験)でもシステムエンジニアになれる?

スポンサーリンク
システムエンジニア

早速ですが、システムエンジニアというとPCに張り付いてカタカタコードを書いているイメージが強くないですか?

ついでに言うと新卒のシステムエンジニアの中でも理系の学部卒、院卒が多くて文系が少ないイメージです。

文系の方がシステムエンジニアに転職するには上のようなイメージが優先してちょっと気が引けることが多いかもしれません。

ですが、システムエンジニアは文系の方にもオススメの業種です。
その理由を説明していきたいと思います。

まず、「そもそもどんなことができるとSEとして活躍できるのか?」その点をクリアにして文系、未経験の方が活躍するために必要な要素をまとめていきましょう。

僕は文系でもシステムエンジニアとして活躍することは十分にできると思っています。

SEの仕事内容

システムエンジニアの仕事内容をざっくりまとめると以下です。

  • システム要件定義(クライアントのヒアリング)
  • 設計
  • 実装(プログラミングとかするのはここ)
  • 運用

実装に関しては外部発注もあるので、一概に言えませんが今回は実装も含めて行うようなところに転職するとして説明していきます。

理系の得意な点は?

上記の仕事について理系の得意な点はどこでしょうか?
先にお伝えしたいのが、情報系でなければIT関連知識においては理系と言っても文系とほとんど差がないということです。

さて、情報系の出身であればプログラミングを多かれ少なかれ経験している人がいるので、その点は得意でしょう。

プログラミングは一つの言語をある程度勉強したら、用途が似ている言語についてはある程度習得が早くなります。
理由は、プログラムの動作(繰り返し、条件分岐など)を理解しておけば、あとは言語ごとに文法を把握すれば同じようにプログラミングできるからです。

次点で言えば、設計部分についてもある程度得意と言えるかもしれません。
情報系であれば基本情報処理試験などを受けている場合が多く、その過程でどのようにシステムが設計されるか把握している方が多いでしょう。

文系SEが不利な点/対策

IT知識が足りない

未経験から始める場合、IT知識が不足することが考えられます。
システムエンジニアの仕事手順は上の方で話しましたが、IT知識がないとヒアリングの時点でクライアントの求める要件を理解できないということも考えられます。

その他チームで作業する時に周りのシステムエンジニアの会話の意味がわからないという場合もあります。

昔、勤めていた会社で文系出身のエンジニアの方と小一時間話した後に「オンプレとクラウドって何の関係あるの?」と聞かれてびっくりした経験があります。(当時クラウドとオンプレどちらでも展開できるサービスの話をしていた)


この対策としては、基本情報技術者処理試験(FE)の合格目指して勉強することです。基本的なIT知識について満遍なく出題されるため、資格取得目指して勉強するだけである程度知識がつきます。

プログラミング経験がない

プログラミング経験がないのも不利な点と言えるでしょう。

実際のところシステムエンジニアはプログラマほどプログラミングスキルを持っている必要はないのですが、「実装したい内容がどうやったら実装できるのか」、「そもそも技術的に可能なのか」、「実装するとしたらどれくらい期間がかかるのか」ということはざっくりでも見積もれる方がいいです。

そのため、プログラミング経験がある方が望ましいです。
ちなみに統計でR言語を使っていたりする方もいるかもしれません、あれも設計思想などがわかっていれば立派なプログラミング経験です。


プログラミングについては、まずは手を動かしてみることが重要です。

そのため、プログラミングスクールに通うか、動画での学習をオススメします。
Udemyだとあまりお金をかけずに学習を進められるのでオススメですよ。

自分でアプリケーションやシステムの構築経験があると転職の時にかなり有利と言えるでしょう。

パソコンの習熟度

パソコンでメインに使っているのがMicrosoftのオフィス関連アプリ、あとはGoogleで検索するだけ。という方も多いかと思います。

システムエンジニアとして働くには、他にツールを導入したり何かエラーが起きた時に対処することが求められます。


この点については、プログラミング学習をしている過程でどんどん身につくので問題ないかと思います。

つまるところ頑張り次第です。

文系でもシステムエンジニアになれるか?

結局のところシステムエンジニアの仕事で求められる能力は以下です

  • コミュニケーション能力
  • IT知識
  • 知識のアップデートが日常的にできる

ここを押さえておけばシステムエンジニアとして働くことができるでしょう。

コミュニケーション能力

システムエンジニアは顧客の改善したいことを適切にヒアリングして、それに対して適切なソリューションを提案することが求められます。

そのため、コミュニケーション能力と理解力が求められます。

文系の方がシステムエンジニアを目指す場合に、IT知識だったりプログラミング知識だったりいろいろ求められますがまずは最初にコミュニケーション能力について見直してみましょう。

IT知識

先ほどから何度か書いている通りに、IT知識はシステムエンジニアとして働く上で必須のものです。特にサーバ、データベースまわりの知識は意識して勉強しないと身につかない部分なので、気をつけましょう

基本情報処理の資格を取ればある程度安心できるのでまずはこの資格の取得を目指すといいと思います。

知識のアップデートが日常的にできる

これはIT業界に身をおく人がみんな持ってるものですが、知識のアップデートが日常的にできる方が良いです。

IT技術は日々進化するので、一個の技術にいつまでも固執して新しいものを取り入れられない人は向いていないでしょう。

まとめ

今回は文系(未経験)でもシステムエンジニアになることができるか?という観点でまとめました。

僕は文系でもシステムエンジニアとして活躍することは十分にできると思っています。
友人にも文系出身でシステムエンジニアとして働いている方はいますし、コミュニケーション能力の点で言えば文系の方が強い気もします。(ここは完全に個人の意見です。)

プログラミング未経験の方が手軽にスキルを手に入れるためにはUdemyがオススメです。

オンライン完結で学べるので忙しい方でもスキマ時間で学習を進められますし、費用もプログラミングスクールに通うより抑えられるので、必要最低限のスキルが欲しい場合にはコスパがいいです。

タイトルとURLをコピーしました