未経験フリーランスエンジニアが案件を取るには?失敗しないために知りたい

スポンサーリンク
お金の話

脱サラしてフリーランスになったあと、一番心配なのは「仕事が取れない」ってなってしまうことだと思います。

あとむ
あとむ

未経験からエンジニアになるところまででも大変なのに、それを終わった後に仕事が取れないと食べていけないですからね。

フリーランスを目指しつつもエンジニアとしてどこか就職することは視野に入れておくとして、案件を取るためにはどんな努力をしたらいいのか?ということをまとめていきたいと思います。

そもそもフリーランスになる(目指す)前に把握しておきたいこと

フリーランスになる前に把握しておきたいのはそのメリットとデメリット(リスク)です。

リスクを把握してもメリットを取りたい!という方はしっかり学んでフリーランスエンジニアを目指すといいと思います。

メリット

メリットであげられることとしては「在宅・リモートで勤務がしやすい」、「収入に天井がない」、「働く時間を好きに設定できる」などが挙げられます。

在宅・リモートで勤務がしやすい

昨今のコロナの事情もあって、在宅・リモートの勤務形態を取りやすいです。
そもそもフリーランスエンジニアとなると「現場に必ずいないといけない」案件も他の業種に比べると少ないという特徴があります。

収入に天井がない

もちろん、本当にないわけではないですが普通に企業に就職するわけではないので、月給が固定にはなりません。

そのため、大きな案件に携わったり、複数案件をこなすことができればそれだけ収入の増加が見込めます。

働く時間を好きに設定できる

フリーランスは案件単位で仕事をするので働く時間を好きに設定することができます。

そもそも出勤しなくてもいい案件も多いので激混みの電車に乗らなくていいのもいいですよね。
僕は朝の有楽町線がめちゃくちゃ嫌いでした。混むので。

あとむ
あとむ

もちろん、コアタイムがある案件もありますけどね。

デメリット

デメリットとして考えられるのは「収入がなくなるかも」、「仕事の悩み」、「保険や税金などの管理」

収入がなくなるかも

この記事のテーマでもありますが、案件が取れないと収入がなくなります。

実績を積まないとなかなか案件を受注できないという背景もあり、生活を安定させるまでは結構厳しい世界です。

仕事の悩み

フリーランスになると会社勤務と違い、「仕事仲間」というのができにくいです。

そのため、仕事で悩んだり、逆に嬉しいことがあったとしても共感してもらえる人が近くにいないことになります。

保険や税金などの管理

保険や税金の管理は普段会社で一括管理してもらいますよね。給料天引きで保険料払っていたり、住民税も会社で天引きになっていると思います。

それらの管理をしっかり自分でしないといけないので、結構手間がかかります。

フリーランスで案件を得るために必要なこと

さて、それでは具体的に案件を得るためにやっていくことを確認していきましょう。

自分のスキルセットを把握する

案件ごとに必要な知識が変わってきますよね。

フリーランスエンジニアとして未経験から始めた人だと、Webデザイナーやコーダーの人はHTML、CSS、Javascriptなど、さらにDaaS系の知識を持っていたりするかと思います。

自分のスキルでどこまでできていて、どこからわからないのか?という点を明確にすることで分不相応な案件獲得に時間を費やすこともないですし、面接までこぎつけたら自分のどこが案件をこなすために有用なのかをアピールすることも簡単になります。

自分のスキルをアピールするものをつくる

簡単に言えば実績です。

実績がないとその人がどれくらいのことをどれくらいの時間でできるのかわかりませんよね。
案件を受け始めたら、どれくらいのクオリティのものを作ったのがアピールするために、やったことをしっかりあとで説明できるようにしましょう。

さて、未経験の場合にはポートフォリオをまずしっかり作りましょう。

ポートフォリオは自分の制作物をサイトにまとめたものです。自分のスキルでできることが成果物として採用担当の人に提出できるので、技術力のアピールには最適です。

こちらでポートフォリオの作り方を説明しているので一緒に読んでみてくださいね。

案件紹介サービスにがっつり登録

案件紹介サービスは結構たくさんあります。

普通に転職サービスで「フリーランス」で検索してフリーランス案件を探すのもOKですが、フリーランス案件紹介サービスにはマイナーなものも多いですし、いろいろ登録してみて自分に合うものを積極的に探していくことが重要です。

また、登録の前に「どんなふうに働きたいのか?」はしっかり決めておくといいと思います。
案件が決まってから「あれ、こういうことがしたかったんじゃないんだけどな」となるのは後々のモチベ低下にもつながり、実績を着実に作っていく妨げになります。

まとめ

フリーランスとして働くためにまず案件を取らないといけません。

案件を取るためにどのようなことを押さえないといけないのか?その点を今回はまとめていきました。

  • 自分のスキルセットを把握する
  • 自分のスキルをアピールするものをつくる
  • 案件紹介サービスにがっつり登録

この三点を押さえて、案件獲得にむけて自分を高めていきましょう。

フリーランス志望の方おすすめのサービス

FREENANCE(フリーナンス)

フリーナンスはフリーランスや個人事業主の方の保険サービスです。

詳しい記事はこちらをみていただきたいのですが、簡単に言えば

請求書を買い取ってくれるのでキャッシュフローを前倒しにできる
業務上の何か(機器の破壊、事故)があった場合に、保険金がでる

口座を開設して継続的に利用することで保険金の上限などをあげていくことができるので、今すぐ登録しちゃいましょう!!

タイトルとURLをコピーしました