未経験者が知っておきたいコーダーに向かない人の特徴とは?

スポンサーリンク
転職悩み

転職でコーダー職に未経験からなろうとする人も多いと思います。

コーダー自体人気のある職業ですし、さらにテレワークで働けたり、手にスキルを持てば最悪会社が倒産などの機に追い込まれたとしても余裕を持って対処することができますよね。

さて未経験の方だとコーダーに向いている人、向いていない人というのが気になるのではないでしょうか?

コロナ禍の影響で、全体的に求人は前より下がりましたし転職で求職している方が増えているので安易にコーダーとして転職することを決めるのは危険だと感じているでしょう。

この記事ではコーダーとして向いていない人について紹介していきます。
コーダーの基本的な情報、どんな仕事をするのか?などの情報は以下の記事にあるのでまだ読んでいない方は是非こちらも見てくださいね!!

向いていない人の特徴は?

手に一つ職あれば良いという人

プログラミングスキル、という言葉からプログラミングは「一回学んで修めればそれで食べていける」という感覚をお持ちの方もいるようです。

基本的な文法についてはもちろんそうそう変わることがないので一度しっかり勉強すれば、改めて勉強し直すということはなかなかないでしょう。

ただ、ITの世界は日進月歩なので新しい仕様の変更や、プログラミング言語のバージョンが変わったことによるより良い記述方法が生まれたりします

たとえばjQueryというライブラリがありますが以前まで主流だったものの、現在はより書きやすい勉強コストが低いvuejsなどのライブラリが出てきたのでだんだんjQueryは主流から外れてきていたりします。(オワコン言われがちです)

なので、「手に一つ職あれば良い」というスタンスの人はだんだんついていけなくなるのでコーダーとしては向いていないポイントの一つと言えるでしょう

学習自体が苦手な人

初心者の状態からコーディングスキルについて勉強したりする場合、プログラミングスクールに通ったりしますが、一度独り立ちした後は自分でスケジュールを管理して学習を進めていく必要があります。

もちろんその時点で転職していたり、あるいはフリーランスで案件受注をしているでしょうからひたすら学習している時代よりも勉強時間の確保がずっと難しくなります

そのような状況下で自己研鑽のために学習ができないとどんどん時代の流れに取り残されてしまいます。

学習自体が苦手な人といのもコーダーとしては向いていないポイントの一つと言えるでしょう。

煩雑な作業が苦手な人

コーディングの作業はもちろんコードと向き合う仕事になりますが、大規模な物に携わるほどどんどんコードの内容は煩雑になっていきます。

さらに、自分一人で全て作らない場合もありその場合は他人が書いたコードを解読しながら動作確認をしていく必要があります。

あとむ
あとむ

僕だけじゃないと思いたいですが、他人の書いたコードを読むのはめちゃくちゃしんどいです。

しんどい理由は自分が思っている実装方法と変わったりするからなのですが、そのような煩雑な作業にストレスがたまる場合には結構きついと思います。

また、それ以外にも例えば異なるブラウザごとで表示の仕方を合わせないといけなかったりただコーディングするよりも煩雑になっていく作業はたくさんあります。

まとめ

今回の記事ではコーダーに向かない人の特徴についてまとめていきました。

今回の記事の内容の反対の特徴を持つ人、例えば「貪欲に情報収集して自己研鑽できる人」というのはコーダに非常に適していると思います。

転職のモチベーションとして高い給料を求めている方は、やはり技術がないといけない業界なのでしっかり自分で勉強してスキルアップを継続できると良いと思います。

スキルアップのためには?

転職でWeb系に行きたい場合にお勧めの方法はオンライン完結のスクールで技術を磨くことです。ここでは二つサイトをお勧めします。

Udemyは動画完結のプログラミングスクールです。

コーダーに必要なフロントエンド技術は大量にコンテンツがあります。

動画完結なので忙しくなってからでもスキマ時間で学習を継続することができますし、動画は買い切りで、一度購入してしまえば何度でも学習できるのであとで復習したくなってもすぐできますよ!

もっと詳しい内容はこちらの記事でまとめていますので是非ご覧ください。

タイトルとURLをコピーしました