退職する時の注意点は?円満退職のすすめ!

スポンサーリンク
異業種転職転職悩み

こんにちは。

今回の記事のテーマは「転職する決意ができたが、円満退職ができるか不安。。」という場合の円満退職をする方法ついてです。

転職の際には、今いる会社の皆さんに気持ちよく送り出して欲しいものですよね。
どのようなことに注意すれば円満に退職することができるのでしょうか?

最後の方にはなるべく会社の人とか関わらない様に退職する方法についてもまとめています。

この記事を読んでもらいたい方!

  • 円満退職をしたいけどどうしたらいいのか。。
  • 職場の関係に悩んで転職するので、なるべく関わりを少なく退職したい

といった悩みを持った方。

目次

  • 会社のルールに則って退職を行う
  • 仕事の引き継ぎを完璧にする
  • お世話になった人への挨拶をする

会社のルールに則って退職を行う

退職する時のルールとして、「最初に言うべき人は誰」で、「どこにいけば退職願いの資料がもらえる」などの情報が社内にあるはずです。  

まずそちらを自分でよく読み、則って退職準備を進めることで周りにも余計な迷惑をかけずにすみます。

また、退職金やその他の会社員である間に有効な福利厚生などを知るチャンスにもなるので自分のためにも「会社のルールに則って退職を行う」ことが非常に大事です。

仕事の引き継ぎを完璧に

あなたが今いる部署から抜ける以上、多くの場合後任の人員が確保されるでしょう。

そのため、現在行なっている作業を引き継ぎする必要があります。

この引き継ぎがきちんとできていれば、あなたが抜けた後も企業の仕事を滞らせる原因とならずにすみ、円満退職につながるでしょう。

逆に言えば、引き継ぎができていない場合だと周りの方からの印象が悪くなりますので、円満退職のためにはとても重要なポイントと言えます。


ここで、引き継ぎのポイントについてまとめてみましょう。

引き継ぎのポイント

1.資料作成の際に誰でもわかる資料を心がける  

社会人として当たり前のスキルではあるものの、退職間際は身辺整理で忙しいため見落としがちです。

なるべくコストの少ない方法で資料作成するのが良いでしょう。

引き継ぎ書に関してある程度企業内でフォーマットがあるかと思います。

もちろんそれに準拠して書いおくことで後継の方から見てもわかりやすい文章にすることはできます。

さらに一歩進み「このくらいの単語なら誰でも知っているだろう」といった自分の思い込みが作成した資料の中に隠れていないか確認してみましょう。

それによって、後から資料を読んだ人がわからなくて作業手順を調べたりまとめ直すというような時間のロスを減らすことができます。

2.自分で管理していたデータは誰でもわかるように名前付け、階層付けを行う。

個人での作業中はファイル名をある程度適当につけても管理することができますが、後から見るとわからないという状況になりがちです。  

例  
企業名_会議資料_草案  
→企業名_会議資料_確定  
→企業名_会議資料_追加  
→企業名_会議資料_確定2

ご自分で作業しているため確定2が追加の後なのはわかりますが、後からパッと見ると追加をいつしたのかわかりません。
後継の人が見てもわかるように整理する必要があります。


企業名_会議資料_草案20200115 
→企業名_会議資料_確定 20200116 
→企業名_会議資料_追加20200117  
→企業名_会議資料_確定2_20200118

引き継ぎ先の確保ができていないなどの理由で引き継ぎするための期間があまり取れないケースも考えられます。

そのため、転職を検討し始めた段階から、ある程度自分の仕事の内容について資料をまとめておくとよいでしょう。

お世話になった人への挨拶を前もって行う

これは社会人でしたら当たり前のことになるかと思いますが、お世話になった方には退職を早めに伝え前もって時間をとってお礼をしておくべきでしょう。

転職先との転職元の関係に影響を与えないように心がける

転職希望先と転職元の会社が取引がある場合などは、より神経質になる点かと思います。

転職先からすれば、受け入れする準備はできるが無理やり引き抜いたという印象を持たれてしまってはいけないからです。

そのため、円満退職したことを前提として受け入れるというように採用の前に言い含められるということもあるようです。

上記の項目を守って、円満退社を実現しましょう !!

人間関係が気になって退職する場合には。。

今回の記事では円満退職をテーマにまとめてきましたが職場の人とどうしてもソリが合わないという場合もあるでしょう。

そのような場合、退職までの間に関係を改めて気持ちよく送り出してもらうというのは難しいかもしれません。 (そもそも人間関係が悪くて転職を考えた場合はなおさら)

また、上司との関係がうまくいっていない場合、そもそも転職が言いづらいという場合もあるでしょう。 その場合には退職代行サービスを有効活用するという手があります。

退職代行サービスとは?

これは名前の通り、退職しづらい。。という方のために、退職に関連する手続きの代行してくれるサービスとなっております。

退職届提出や、貸与品の返却その他会社の人と顔を合わせて行う作業を代行してくれるものになっております。 そのため、「会社の人とあんまり顔を合わせたくない」という方にはぴったりのサービスです。

退職サービスを利用する
タイトルとURLをコピーしました