転職で内定辞退はあり?伝え方のポイント

スポンサーリンク
転職辞退面接対策

こんにちは。

今回の記事のテーマは “転職で内定辞退をする時の対処”についてです。

転職活動を行う時にほとんどの方は複数の会社を並行して受けているのではないでしょうか。

そうするとどうしても「第一志望の会社に内定出たからこっちに行きたいんだけど、他にも内定が出てしまっている」、「内定がとりあえず一社もらえたけど、本命はまだ選考中だから今すぐ返事はちょっと。。」と言ったことが出てくるかと思います。

そう言った場合に内定を辞退したり、返事を伸ばしたりしても良いのでしょうか?今回はそう言った悩みを解決していきたいと思います。

この記事の対象者

  • 内定を複数もらってしまって断りの連絡を入れる必要が出てしまった
  • 今すぐは内定の返事をしたくないが相手に失礼な気がしてできていない

と言った悩みを持った方。

内定辞退はしても良いのか?

さて、内定辞退をしても良いのか?ということですが

この答えはYESです。

内定を受けるのも辞退するのもどちらも権利としてみなさんが持っているものです。

会社の方も面接の最中に他に受けている会社があるか聞いてきたりするので、ある程度辞退も計算に入れて面接をしている側面があります。

内定辞退を伝えるには

ここからは、内定辞退を伝えるにあたり最低限マナーとして守っておきたいことについてまとめていきます。

内定辞退を行う自体は大丈夫ですが、相手企業も戦力を得ると思って採用しているので迷惑をかけることには変わりありません。せめてお互いに気持ちよく終われるように、マナーを覚えておきましょう。

連絡は電話で行う面接のやりとりとかは基本メールで行なっているかと思いますが、内定辞退は比較的緊急度の高い内容ですし、何より相手に誠意が伝わるため電話で行うべきです。

ちなみに転職エージェントを使っている場合には、面接などもエージェント経由で取り付けているので辞退もエージェントを通して行いましょう。

辞退の連絡をする際には

内定辞退にも「似たような待遇の会社を複数受けたから」、「本命が受かったから」などの理由があるかと思います。

連絡をする時には以上のような理由を直接述べなくてもよく、辞退をする事実だけ伝えると良いでしょう。この時、内定通知をもらっていることにお礼を言うことを忘れないようにしましょう。

連絡まで時間をもらう場合

内定辞退を行うのと別に、本命の会社の合否が出るまで内定を受けるのを待ってほしいという場面もあるかと思います。そう言った場合には、内定を受ける返事をするまで猶予をもらえるように連絡しましょう。

ここで気をつけておきたいポイントは、期限をつけて連絡をすることです。「〇〇まで返事を保留させてください」という形で返事することで、待つ側も目安がつくのでそれまでの行動を決めやすいです。

まとめ

今回は転職で内定辞退をする場合についてまとめました。

色々ポイントを書きましたが、大事なポイントは「相手の都合を考慮して行動する」というところです。

辞退や返事の保留などはどちらも相手に迷惑をかけることになってしまうので、最低限相手への連絡の方法などはマナーを守り、お互いにいい関係で終われるように気をつけましょう。

タイトルとURLをコピーしました