転職で給与交渉を行いたい方へ!成功のポイントは?

スポンサーリンク
スキル関連

こんにちは。

今回の記事のテーマは”転職面接での給与交渉”です。 今いる会社を辞めて他の会社に行く以上、新しい会社では今より給料をよくしてもらいたい!という 望みが皆さんあるかと思います。

そこで、今回の記事では実際のケースを交えながら給与交渉をする際のポイントをお伝えしたいと思います。

この記事の対象者

  • 給与交渉をしたいが、どうやったらいいのかわからない
  • メールで交渉するか、実際にあって交渉するべきか迷っている

といった悩みを抱えている方。

そもそも給与がアップしている人はどれくらいいるの?

転職する以上、給与がアップしてほしいというのは皆さん同じかと思いますが、 実際に転職によって給与がアップするのでしょうか?

転職サイトdodaが自社のサービスを使って調べたデータを参考として紹介します。

面接の時に給与交渉していいのか

上のデータで給与を交渉しなくてもそもそも評価制度が年功から実力主義に変わるだけで 給与があがるという話をしましたが、そもそも給与交渉をすること自体は良いのでしょうか?

答えはYESです。

給与交渉自体は、転職のタイミングでなくても企業に入ってからも権利としてあります。
では実際に給与交渉をする場合、どのタイミングでどのような方法で行うと良いのでしょうか。

給与交渉をするタイミングは?

まず、給与交渉を行うタイミングについてですが、いくつか考えられます。

  • 一次面接時
  • 二次(最終)面接以降
  • その他

多くの場合、二次面接以降での交渉となるようです。

二次面接で交渉をした例(Aさん)

この方は最終面接の場で直接交渉を行い、給与アップを実現しました。 最終面接の場を選んだのは、人事部長と社長が採用面接に出席していたということで 後から時間をおいて交渉をすすめるより話が早いからという理由でした。

その他の例

この方は社長に時間のある日程を伺って、酒の席での交渉を行ったとのことです。

転職後の企業とのミスマッチを防ぎたいという認識は企業側も持っているため、転職面接での交渉は むしろ前向きな扱いを受けるようです。 また、スキル等が高い評価を受けていて「ぜひ来てほしい」という状況になってから交渉を始めたという堅実な例もありました。

交渉時に印象が悪くならない方法

では実際に交渉時に印象が悪くならないようにするにはどうしたら良いのでしょうか?
ポイントは交渉金額に現実味を持たせることです。

給与水準を知る

面接を受ける会社の給与相場などを事前に調べるべきです。 交渉を受ける側からすれば、給与相場から大きく外れている場合には「きちんと会社の情報を調べてきていないのかな」という印象につながります。

市場価値を過大評価しないようにする

自分の実績や、現在持っているスキルをきちんと整理しその上で自分の希望する金額を伝えましょう。

企業から見たあなたの能力とあなたが提示する金額がかけ離れていれば「自己分析ができていない」、「自分を過大評価している」という認識になってしまいます。

また、企業からすればあなたの市場価値を考えて給与交渉の判断にするため、 自信を持って基本給、残業時間、ボーナスなどの項目それぞれに希望金額を伝えましょう。

それでも給与交渉に不安な方は?

給与交渉を行いたい時にどういったタイミングで、どんなことを気をつけて交渉したらよいかを まとめました。 ただ、それでも給与交渉をするのに気が引ける。。。と言う方は転職エージェントを通して行いましょう。

転職エージェントを通すことで自分では一切交渉をしなくて良いのと、エージェントの方はすでに慣れているためマイナスイメージを面接官に与えるという不安も取り除くことができます。

タイトルとURLをコピーしました