転職で論文が必要?対処方法は?

スポンサーリンク
転職で論文面接対策

こんにちは。

今回のテーマは”転職で論文が求められる場合”についてです。

転職採用試験で、会社によっては小論文作成を求められる場合があります。

複雑なテーマで作成を求められることも無いようですが、いきなり試験として書くとなればうまくできるのか緊張してしまう分野かと思います。

今回は準備するときのポイントについて説明していきたいと思います。

この記事の対象者

  • 小論文が試験に出される会社を受けている(受ける予定)

と言った悩みを持った方。

転職の際に論文の試験はある?

転職試験に論文が出題されることは会社によってはあります。

近年は増加傾向にあるので、自分が受ける企業にも、論文試験があるかリサーチしておく必要があるでしょう。

では、なぜ論文が試験に出題されるのでしょうか。理由としては、その人の論理的な思考能力を測るためです。

小論文は作文と異なり、自分の意見を論理的に述べるということが必要不可欠です。そのためにはテーマに関する事柄の理解力も必要になり、それらを踏まえて文の構成を考えなければいけません。

また、文章を構成する際に使う単語から、その人の語彙力を測ることができます。

また、文章を書くという行動は人により個性がでます。よい文章のために相手に伝わるように書かなければいけません。相手に自分の主張を伝える能力は、その人のコミュニケーション能力とつながります。

このように、論文を書くことによって論理的思考力、コミュニケーション能力、語彙力などを測ることができます。多くの能力が1回の試験でわかることから、転職試験で論文が増加傾向にあります。

また、近年書籍を読む機会が減り、文章力の低下が叫ばれているのも理由の1つです。転職試験でも論文は大切なものとなっているので、準備をしましょう。対策すれば、難しいものではありません。

論文を書く前の準備について

論文を書く前に必ず準備をしましょう

出題される論文は、600~1000文字程度で文字数としては少ないです。しかし、いざ書こうとすると書けないものです。そこで準備が重要になります。

具体的に何をしたらよいかまとめていきます。

論文のテーマは、以下のようなものがあります。

過去の体験
今まで一番うれしかったこと、頑張ったことなど。

今後の展望
今後どう言ったキャリアを積んでいくのか、など

受ける企業について
つく予定の仕事内容について、今後の会社の展開について、など

時事問題について
時事問題について自分の考えを述べる、など

どの問題にも共通するのは、自分自身を分析すれば、書くことができます。
まず、今までの人生を振り返りましょう。その際に、あのころどんなことがあったのか、などを具体的に思い出していきましょう。

自己分析については下の記事に詳しく書いてあります。

振り返ってみると、一番頑張ったこと、うれしかったことなどは分かります。また、影響を受けた人物なども思い出せます。自分史を年表でさかのぼると、ニュースもわかります。

これまでの人生を振り返ることは、自分自身を分析することにつながります。論文試験では、自分のことを伝える力が試されます。そのため、自己分析ができていることが大きな武器になります。

次に試験に出そうな問題について、800文字程度でまとめる練習をします。

時間は30分以内に書けるようにしましょう。いろんなテーマについて繰り返し練習することで、文章力が身につきます。このスキルが自信になり、本番もリラックスして臨めます。準備については、これで問題ありません。 

書き方のポイント

書き方のポイントは、文字数が少ないので何を言いたいのかを強調する必要があります。

初めに自分が書く出来事を伝えます。

そこから、出来事の詳細を書きます。

最後にその出来事から得た教訓などを、書くとよいです。

出来事、本文、まとめの順で書きましょう。より大枠で捉えるなら問題提起→主張→主張の根拠という流れで書いていることになります。

テーマに関するポイントとしては、あらかじめテーマごとに書く出来事を決めておいたほうがよいです。試験は時間がたっぷりあるわけではなく、短時間で文章内容を整理して伝えなくてはいけません。

何について書くか悩んでいる時間は、無駄になってしまいます。

論文に集中するためにも、書く出来事は決めておきましょう。書く出来事を決めておくことで、心に余裕をもって試験に臨めます。練習の際も文の構成を考えながら書きましょう。

緊張感に飲まれにくくなるので、メンタルコントロールのためにもおすすめです。

また、本番はその構成を変えないで書きましょう。練習通り書くことで、本来の力を発揮できます。 

まとめ

今回は小論文を書くときの準備、ポイントについてまとめました。ぜひ、ご自分の転職試験に活用してください。

タイトルとURLをコピーしました