後悔しないために!大手企業と中小企業どちらに転職するべきか?

スポンサーリンク
職種関連

転職をしようとしていると、色々な悩みが生まれると思います。

中でも大きな悩みの1つとして、転職先に大手企業を選ぶべきか中小企業を選ぶべきか決められないと言う人は多いのではないでしょうか?

転職をする際に自分に合った企業を選ぶことはとても大事なので悩んで当然の事なのですが、あまりに悩み過ぎても精神的に消耗してしまいます。

逆に言えば、自分に合っているのが大手企業なのか中小企業なのかをはっきりと決断できればこれからの行動の見通しがつきやすくなると言えます。

今回の記事では、

  • 大企業と中小企業の違い
  • それぞれの業務内容の特徴
  • 大手企業に向いている人、中小企業に向いている人

をわかりやすく解説していきます。

あとむ
あとむ

それぞれの特性を理解し、自分に合った転職先を見つけましょう。

大手企業と中小企業の差

まず最初に、大手企業と中小企業の違いを簡単に説明します。

皆さんはそれぞれの違いをはっきりと理解していますか?まずはそれらを理解しなければ、自分に合った企業がどちらなのかを見出すことはできません。

転職サイトで自分にあった求人を効率的に探すためにも、1度大手企業と中小企業の違いを確認してみましょう。

資本金と従業員の規模が違う

大企業と中小企業の違いとして、まずあげられるのは資本金(または投資金)と従業員の規模の違いです。

中小企業の定義は、中小企業基本法と言うもので定められているのですが、これは職種によってそれぞれの基準が異なっています。エンジニア業の場合、資本金(または投資金)が3億円以下で、従業員数が300人以下というのが中小企業の定義になります。

そして、この2つの規模が中小企業以上、つまり資本金(または投資金)が3億円以上で、従業員数が300人以上といのが大企業の定義です。

注意点として、大企業と中小企業の差に売上高や給料水準は関係がありませんつまり、売上が1兆円を超えている場合でも資本金が3億円以下ならそれは中小企業に分類されるし、仕事がいくら少なくても従業員が300人以上なら大企業に分類されるということです。

大企業・中小企業の特徴

では次に、大企業と中小企業それぞれの特徴について見ていきましょう。ざっくりとしたイメージでは、大企業は規模が大きいので仕事自体も必然的に大規模になることが多く、中小企業はそれほど大きな規模の仕事はなくとも従業員が少ないので様々なことを経験できるといった特徴があります。それでは、これらもさらに深掘りしていきます。

大企業の特徴

まずは大企業の特徴です。1つ目の特徴として、中小企業に比べ大企業は給料が多い傾向にあります。

これはあくまでも傾向なのであり、中小企業にも給料が良い会社はもちろんあるのですが、それぞれの給料の平均を比べた場合大企業と中小企業の間にはおよそ10割ほどの開きがあります。

またこの給料の差は、年齢が上がるにつれて大きくなっていく傾向にありますよね。

そして2つ目の特徴として、中小企業に比べて大企業は福利厚生などの保障制度や規則がしっかりしている会社が多いです。従業員が多く、ゆとりのある大企業は有給や育休などの希望が中小企業に比べて通りやすく、融通が利きます。

3つ目の特徴として仕事内容の面では、大企業はそれぞれの従業員に決まった役割を割り振って作業を仕組み化している会社が多いです
そのため、様々な仕事を経験し多くのスキルを身につけるというよりは、決められたポジションの中で同じ作業を繰り返すことが多くなる傾向にあります。

また、大きなプロジェクトを進める際には外注で他の企業やフリーランスを雇うことも多くあるので、ディレクションの仕事が増えてコーディングの業務は減ることが多いようです。

中小企業の特徴

次に、中小企業の特徴です。

一つ目の特徴として中小企業は大企業に比べて規模が小さいので、プロジェクトの多くの業務に携われることが多くある傾向にあります。

1つのプロジェクトの始まりから終わりまでを少人数で進めていくので、必然的に多くの経験と技術を得ることができるのです。

2つ目の特徴として従業員の数が少ない分経営者との距離が近いので直接意見を伝えたり助言をもらったりするチャンスも、大企業より多いといえるでしょう

従業員が少ないことのメリットはこれだけではなく、大企業では多数の従業員の陰に埋もれてしまう事が多いかも頑張りや実績も中小企業では評価されやすい傾向にあります。

しかし、規模が小さい分仕事量が多かったり納期までの日数が短かったりしてどうしても残業が増えてしまう事が多いようです。
残業の中で行う業務からもたくさんのことが学べ、全て知識や経験になるものの、あまりに残業が続くと疲れてしまうのでここは転職先選びの際に気をつけたいポイントです。

転職先選びの際のポイント

大企業と中小企業それぞれの違いをまとめると以下のようになります。

大手企業

  • 中小企業に比べて給料が高くなる傾向にあり、福利厚生もしっかりしている会社が多い。
  • 仕事内容は仕組み化されたものが多く、いろいろな業務を経験するというよりは同じ作業を繰り返す傾向にある。

中小企業

  • 規模が小さい分プロジェクトの多くの部分に関わることができ、多様な経験と技術を得ることができる。
  • 経営者と密に関わり、意見を伝えたり助言をもらえる可能性が高くなり、頑張りも評価されやすい傾向にある。
  • 規模が小さいがゆえに大企業に比べ残業が多くなりがちである。
あとむ
あとむ

自分で様々な仕事内容に携わってスキルアップの場を作りたいかたは中小、スタートアップの企業に転職することをおすすめします。

まとめ

いかがだったでしょうか?

それぞれの違いを踏まえた上で考えると、安定した環境でしっかりと収入を得たい安定志向の人は大企業に向いていて、様々な知識と経験を積み、どんどんスキルアップしていきたい上昇志向の人は中小企業に向いていると言えるでしょう。

安定した環境でキャリアアップを考える方は大手企業を狙って転職活動をしていくのが良いと思います。

自分に向いているのは大企業なのか中小企業なのか、答えは見えたでしょうか?冒頭でも伝えた通り、「企業が大手なのか中小なのか」と言う点は転職先の会社を選ぶ時の大事なポイントなので時間をかけてしっかりと考えるようにしましょう。

この記事が皆さんの役に立てば幸いです。

オススメの転職サイト

大手企業、中小企業どちらを選ぶべきか?という話でしたが、やはり実際には相手企業とやりとりしてみたら「中小を狙ってたけど大手に行きたい!」ということもあり得ます。

転職サイトを上手に使って自分のニーズにあった求人を探していきましょう!

doda

doda(デューダ)はパーソルキャリアが展開する転職サイトです。
求人情報が多く転職活動を始める上でとりあえず登録しておきたいサイトの一つです。

「私の転職エピソード」「「自己PR」発掘診断」という転職で悩みやすいことがらに焦点を当てたコラムもあり、転職したい人の強い味方になってくれます。

より詳しい情報はこちらの記事から!!

リクナビNEXT

株式会社リクルートホールディングスが展開する転職サイトです。

5/1現在でITエンジニア(システム開発・SE・インフラ)関連の求人が9375件と多く、IT業界への転職を検討している方は是非利用をしてほしい転職サイトです。

より詳しい情報はこちらの記事から!!

タイトルとURLをコピーしました