転職は身元保証人がいないと不利なの?頼む人がいないときは?

スポンサーリンク
転職悩み

こんにちは。

今回の記事のテーマは”身元保証人がいないと転職が不利になるか“についての記事となります。

結論から言えば、身元保証人の情報が必要になるのは転職活動が終わってからなのですが、 準備を早めにしておくに越したことはないので現在転職活動中のあなたもしっかり覚えていってください。

この記事の対象者

  • 「身元保証人?なにそれ?」と少し焦りを感じている
  • 転職で関わってくるのは知っているが詳しく知りたい!

という悩みを持った方。

そもそも身元保証人って?

身元保証人は大学に入学するときなどにも求められた経験があるのではないでしょうか。

身元保証人の役割は主に「その人が何か所属する企業に損害を与えたという場合にその補填をすること」です。

他には採用された時にその人が従業員として足りるのかを保証するという役割があります。

二個目の要素について例を挙げると、「雇われた人が無断欠勤を繰り返すというような行動をした場合に連絡が行く」というのがわかりやすいかと思います。

身元保証人に該当する条件とは

よく身元保証人になるのは親族の方かと思いますが、どんな条件で身元保証人を探すと良いでしょう?

※実際には会社内に規定がありそれに沿って皆さんも身元保証人を探すことになるため、ここでは事前準備のイメージとしてみていただけると良いかと思います。

一般的なのが、親族の方(父母、叔父叔母)などがあるかと思います。

おそらく、自分の経済状況などを一番話しやすいですし、転職に対して前向きに捉えていただけているなら身元保証人についても提案しやすいでしょう。

大まかな基準としては

  • 独立した経済状況
  • 就業する本人と関係があることが確認できる

以上を満たすことが出来れば身元保証人として機能します。

そのため友人でも問題なく身元保証人として登録することが可能です。

もちろん、両者の合意の上でできることなので、その点は慎重に検討する必要があります。

また、身元保証人になるにも相応のリスクがあるので、身元保証人になっていただいた方にはもちろんお礼をなどをするのがベターですね。

どれくらいの期間必要なの?

さて、身元保証人ですがどれくらいの期間が必要になるのでしょうか。

実は「どれくらいの期間」というより、そもそも身元保証契約に上限があります。

これは5年までとなっており、それ以降も必要になる場合には都度契約のし直しが必要となっております。

そのため、あと5年以内で還暦という方に保証人になってもらうと次の契約のタイミングでほかの方を探さないといけないという場合も考えられるので注意しましょう。

身元保証人用意できないかも。。絶対必要なの?

身元保証人はほとんどの場合必ず求められますが、用意ができそうもないような場合にはどうしたらいいのでしょう。

そう言った場合には、できるだけ自分の周りの人間関係を洗い出し、それでも無理であれば、人事に相談するというのが一番いい解決方法になります。

人事からの心証もありますので、「ちょっと考えたけど思いつかないから相談しよう」というようにはせず、努力した上で見つからなかったことを強調するべきです。

そのために、きちんと情報を整理しておく方が良いです。

まとめ

今回は転職の際に身元保証人がいないと不利なのか?という点についてまとめました。

記事のタイトルに答えれば、身元保証人がいないことは不利です。

ただ、その場合でもどうしようもない訳ではなく、「家族に相談する→それでもいなくてどうしようもない場合には人事に相談する」など、対応する方法はあるので諦めない様にしましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました