転職先で活躍できるか不安な人へ

スポンサーリンク
転職で不安就活準備

こんにちは。

今回の記事のテーマは”転職先で活躍できるか不安な人へ向けた転職準備”についてです。

転職先が晴れて見つかり、新しい職場に行くことが決まっている方に心配なことは?と聞くと、多くの方が「転職先で活躍できるかどうか」を心配事として挙げる傾向にあります。

今日は転職先で活躍できるかどうかを心配している方に向けて、不安を解消できるような心構えをお伝えしていきます。

転職に向けた心構え

ここからは心構え、準備についてまとめていきます。ぜひご自分の環境と照らし合わせて読んでみてください。

その1:転職先で即活躍しようとは思わなくて大丈夫です。

中途採用は即戦力採用と言われることもあります。当然企業としては早期の戦力化を求めてはいます。

ただ、入社して即活躍してほしい!とは思っていないのが実情です。

活躍は焦らず、ゆっくりで問題ないのでご安心ください。ただ、入社前に準備をしておいた方がいいこと、入社してから意識しておいた方がいいことはあります。

その2:入社前にできる準備はしておきましょう。

転職先が決まったら、かならず入社までに学んでおいた方がいいことを確認しましょう。

採用面接時に「御社とのご縁を頂けた場合、どのようなことを学べば宜しいでしょうか」という逆質問をする方はとても多くいらっしゃいます。逆質問で入社までの準備として必要なことを聞けた場合は、きちんとその内容について準備し、学ぶようにしましょう。

例えば「PCスキルの基礎として関数の四則計算は使えるようになってほしい」「簿記2級程度の知識は身に着けてほしい」等

配属予定部署によって必要な準備はそれぞれですので、きちんと確認し、備えておくことで、入社後あなたが早く活躍できることでしょう。

その3:働くあなたのイメージトレーニングをしておきましょう。

たとえばあなたの採用ポジションが人事だったとします。人事といっても、給与計算を担当する人事、採用に携わる人事、ダイバーシティ・福利厚生に携わる人事など様々なお仕事や携わり方があります。

まずあなたの関わる仕事はどういう仕事なのかをきちんと入社先の企業に確認をしておきましょう。内定後であれば、直属の上長と面談をしてほしい、職場を見せてほしい等要望を出すことも可能です。

活躍のイメージを膨らませておくことで、入社後スムーズに仕事をすることが可能になります。入職後のイメージを膨らませることができるか否かであなたが新しい職場で早く活躍できるかどうかが変わってくるでしょう。

その4:最初の1か月は慣れるための期間だと捉えましょう。

入社してすぐに活躍することを目指すのではなく、最初の1か月は慣れるための期間と割り切りましょう。

転職エージェント勤務の方によると、入社1か月目の方に「入職されてからご状況はいかがですか?」と伺うと「思うように活躍できていないと思う」「能力が活かせていないと思う」「周りと比較して自分が劣っているように感じる」等様々な回答を頂くことがあるそうです。

転職をする人は誰しも新しい会社で活躍したい!貢献したい!と思うものです。入社してすぐにプレイヤーとして力を発揮したい!と思うこと自体はとても素敵なことなのですが、最初から完璧に仕事をこなせる人はいないと心得ておきましょう。

最初の1か月は、活躍するための期間ではなく、新しい職場にあなたが順応し、周りの同僚や上司にあなたを知ってもらうための期間です。

頑張りすぎて体調を崩してしまう方が多いのも入社1か月目の時期なので、体調を崩さずにまずは慣れる!ことを第一優先にしていきましょう。慣れてきたなと思えばそこからは徐々にどうすれば活躍できるかを考えていきましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。転職先で活躍できるかを不安に思う方はとても責任感が強く、まじめな方が多いように感じています。

ただ、転職先での活躍に焦りは禁物です。あなたが活き活きと活躍できるようにぜひ4つの心構えを確認しておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました