転職先はホワイトに限る?特徴まとめ

スポンサーリンク
スキル関連

こんにちは。

今回のテーマは”転職先はホワイト企業にしたい”という内容です。

これから転職をする、もしくは考えている方は次の就職先がどのような職場か、大変気になることでしょう。
どうせ転職するなら、今より待遇の良い所に転職したいですよね。

ここでは「待遇の良いところ」を「転職先がホワイトかどうか」という指標に変えて、見分ける方法について記載していきます。

この記事の対象者

  • 今の企業がブラックだから転職したいけどまたブラックはしんどい
  • どうせなら待遇が良いところに転職したいな

という悩みを持った方。

ホワイト企業って?

色々定義があるかと思いますが、ここでは以下のような特徴を持っている企業をさしています。

  1. 年収が業界内で高め
  2. 残業が少ない
  3. 離職率が低い
  4. 福利厚生が充実している
  5. 有給休暇の取得率が高い
  6. 休日が取れている
  7. 教育制度がしっかりしている
  8. 女性に優しい制度がある

8つ特徴をあげています。

それでは順番に解説をしていきたいと思います。

1.年収が業界内で高め

日々生活するためには、お金が必要なのは言うまでもありませんが、給与が他の企業より高いというのはホワイト企業の特徴としてあげても良いでしょう。

より具体的に言えば、「仕事の量に適した金額設定がされている」というのが大事なポイントです。

「不当に業務量に比べて低い給料でないこと」と言い換えても良いでしょう。

そういった企業は効率よくお金を稼ぐノウハウが蓄積されていたり、一度築いた労働基盤が揺るがないものであったりと、その企業ならではの取り組みがあるのです。

2.残業時間が少ない

ホワイト企業は、従業員が働きすぎて体調不良を起こすことを良しとしておりません。

労働時間がしっかり管理されているため、従業員一人一人が労働時間内に帰宅する、ということを推奨しているのです。

また、タイムカードなどで労働時間をきっちり管理しているため、残業代もしっかり支払ってくれます。

上記のような土壌を作るには、企業全体として残業時間を減らすための取り組みがされていることが不可欠です。

企業全体で残業削減に取り組んでいるかを判断することが肝要です。

3.離職率が低い

離職率が低いということは、従業員の勤続年数が長いということになります。つまり、従業員が入社してから長い時間働いている=働きやすい企業といえるんです。

また、ホワイト企業は公表する必要のない離職率を公表していたりもします。

離職率が低いホワイト企業ですよ、とアピールする狙いもあるのでしょうね。

4.福利厚生が充実している

福利厚生には、雇用保険や健康保険などの法律によって加入が定められているもののほかにも、企業が任意で入る法定外福利厚生があります。

  • 住宅手当
  • 通勤手当
  • 社員食堂
  • 結婚・出産に伴うお祝い金 etc..

従業員のためにこれら制度の充実もホワイト企業の特徴と行って良いでしょう。

制度として社内だけにあるインセンティブ制度などが設けられている場合も福利厚生が充実していると言えます。

5.有給休暇の取得率が高い

そもそも有給休暇は働く従業員の権利。

にも関わらず、有給休暇が取れない人は数多くおります。

理由として、周りに迷惑をかけたくない、周りが休んでいないのに自分だけ休めない・・・など本当は休みたくても休めないというのが多くの理由です。

ホワイト企業では誰かが休んでも周りがそれをフォローする体制が整っている、休める体制があるため皆休みが取れ、自分も休みを取れる、というような企業風土が重要です。

このような好循環なルートが築かれるのは残業時間の項目でも書いたように企業全体で努力しているかが重要なので、転職活動の際にきちんと聞くようにすると良いでしょう。

6.完全週休二日制である

従業員の健康やプライベートの充実を考えているからできる制度ですね。

働くことも大事ですが、休むことも大事です。
長期的な目で従業員が健康に幸福に人生を謳歌できるよう、サポートしてくれます。

しっかりと休んでプライベートも充実すれば、仕事にもより良い意識で取り組むことができるし、ストレスなく働くこともできますよね。

7.従業員の研修・教育がしっかりしている

ホワイト企業は、お金をかけて従業員の成長を後押ししてくれることを惜しみません。

普通の企業であれば、従業員はどこかで不満をもって辞めてしまう可能性があるため、せっかく教育しても無駄になってしまうことがあり、研修・教育にお金をかけてたくないというのが多いです。

しかし、ホワイト企業は労働環境に満足しているため、離職率が低くなっています。

結果、研修・教育に力を入れれば入れた分だけ、従業員は成長し企業にその成長を仕事の成果として還元してくれるため、最終的には自社の成長にもつながっていくという好循環が生まれるのです。

従業員が研修・教育により大きくスキルアップすれば、業績も良くなりますので、さらに待遇も向上していくというサイクルとなり、ますますホワイト企業になっていきます。

8.女性に優しい制度がある

女性は子供を産む出産と、育てる育児という大きなライフイベントがありますね。(もちろん男性も育児に参加できる環境が整ってきている昨今、女性だけの問題ではないです)

ホワイト企業では産休・育休が取りやすい制度・環境が整っていることが挙げられます。

表面的には、産休・育休の制度が設置されているとしても、企業内の暗黙のルールで取得が難しいという会社は実はまだ日本では多いのが現実です。

しかし、ホワイト企業は取得率が一般企業と比較して非常に高く、ライフイベントを会社一丸となって支援していく社風が整っているのが特徴です。

例えば一人で育児に追われている女性でも、無理なく働け、休めるように時短勤務などの制度が整っているのがホワイト企業と言えます。

同様に、男性が育児休暇を取れるような制度があることも重要でしょう。

まとめ

おそらく全ての条件を満たす企業というのは、なかなかないのが現在の日本です。
ですが、少しでも多くの条件を満たす企業に入れれば、この先の人生で大きな自信になるのではないでしょうか。

ただ、転職しても、人間関係だったり仕事内容で合わなかったりと、いくらホワイト企業でも合わない人もいるかと思います。

そのためにも、転職する会社のことはしっかり調べて行動するようにしましょう!

タイトルとURLをコピーしました