転職前に求められる一般常識とは?

スポンサーリンク
面接対策

こんにちは。

今回のテーマは”転職で求められる一般常識“です。

転職をする際や転職後、常識がわからないと恥をかくこともあるでしょう。ビジネスに打撃を与えてしまうようなことに繋がる可能性すらあります。

そこで今回は、一般常識についてまとめていきます。

あくまで一般常識がテーマですが、転職を考えている方、転職先で成功したいと考えている方はぜひ参考にしてください。

この記事の対象者

  • 一般常識にちょっと自信がない。
  • 学生時代学力に自信なかった

という悩みを持つ方。

なぜ一般常識が必要なの?

そもそも、一般常識はなぜ必要なのでしょうか。

この点についてまず整理していきます。

1.信頼度が下がってしまう

例えば、さほど難しくない漢字を間違えた文章を提出してしまったとします。相手からすると

「こんな簡単なことを間違えるなんて、学生時代あまり勉強してこなかったのだな」

というようにと考えます。

学生時代勉強していないのが悪いというより、みんなができることができないことに不信感を覚えるでしょう。

また、時事問題に関する知識がないと「この人はあまり新聞、ニュースを見ないのでは?」という印象を与えてしまいます。

こうした悪いイメージはその場で表面的に出なくても、そのあとの相手との関係性や、ひいては取引に影響してしまいます。

2.コミュニケーションが円滑にできなくなる

難しい業界知識ならいざ知らず、一般的な語彙、時事知識などがないとコミュニケーションに影響がでます。

相手が話したいトピックがあったとして、その知識をかけらも持っていないとなると会話のレベルを下げるか、そもそもそのトピックを話さないという風になるためです。

友人間では気にならなくても、ビジネスが関わると上記のような細かな部分がコミュニケーションに影響してくることは頭にとどめておきましょう。

転職前に求められる一般常識とは

では、転職前には、どのような一般常識があるとよいのでしょうか?

ここについて解説します。

転職の際に試験で出される一般常識は、国語、英語、数学、社会、理科、文化、時事問題などです。

主要5科目は、中学校レベルの知識があれば問題ありません。

国語は四字熟語、慣用句などが出題されます。

数学は割引の計算、確率、などが出題されます。

英語は、単語の意味、簡単な例文について出題されます。こちらもそこまでレベルの高い問題は、出ません。

理科は身近に起きる現象が出題されます。

社会は世界保健機構(WHO)などの組織を、中心に出題されます。文化、時事問題は、ニュースを中心に出題されます。時事問題に関しては、過去の出来事も出題されるので、確認しましょう。

その他、社会人としてのマナーである敬語(尊敬語、謙譲語、丁寧語)の問題も出題されます。

これらが、転職の試験で求められる一般常識です。

繰り返し問題を解いてできるようにしましょう。

また、挨拶、時間厳守など人として最低限のことは試験に出題されませんが大切です。

恥をかかないために今からできることとは?

時事問題とその他一般常識に分けて説明します。

時事問題

ニュースを見るのが早いです。勉強の仕方を強いていうなら、例えば”朝ニュースを見る習慣をつける“、”移動時間に新聞を読む“など自分で勉強する時間を最初から決めると良いでしょう。

当たり前ですが、時事問題は日々アップデートされる情報ですので、勉強する習慣を身につけなければ対応できません。

一般常識

問題を繰り返し解きましょう。

それが試験対策だけでなく、自分自身の教養になります。ビジネスシーンで使うことがある、

知識も多いので、問題を繰り返し解くことをおすすめします。他にはクイズ番組とかで知識を得るのもいいかと思います。

また、疑問に思ったことは、すぐ調べるようにしましょう。その場で解決する習慣があると良いです。

タイトルとURLをコピーしました