損してる場合じゃない!転職するときの雇用保険、失業保険の関係は?

スポンサーリンク
異業種転職転職悩み

こんにちは。

今回の記事のテーマは”転職の時の雇用保険“についてです。

普段働いているときだと、給与明細くらいでしか意識しない雇用保険。。 。

雇用保険は非常に重要な要素なのですが、普段これといって意識することではないので忘れがちですし、 どんな契約だったのかあいまいになっていってしまいますよね

転職にはどういった関係があるのでしょうか?

この記事の対象者

  • なんとなくでしか雇用保険のことを知らない
  • 雇用保険が転職にどう効いてくるのか気になっている

という悩みを持った方。

知らないとヤバい?雇用保険って?

雇用保険とは、政府が管轄している保険制度です。

企業に所属する以上、強制的に入ることになります。 詳しい定義に関してはこちらにありますが、まとめて簡単にいうと

  • 失業した場合などの失業給付金をだす
  • 雇用安定のための事業を推進

のための制度のことを言います。
「仕事がなくなった時の備え」、「仕事がなくならないように備える」という二点が特徴です。

適用の条件には以下があります。

  • 1週間の労働時間が20時間以上
  • 継続して31日以上見込まれるもの     など

また、ご存知の方も多いでしょうが雇用保険自体は給料天引きで入金されることになります。

普段意識することはないでしょうが、みなさんが失業した時のためや失業を防ぐために適用されているという認識を持ってもらえると良いでしょう。

転職との関係性は?

さて、この雇用保険について、転職の場合にはどんな関わりがあるのでしょうか。

前の段落で書いた通り、雇用保険に入っている場合、失業した時に失業給付金を得ることができるようになります。

失業給付金のために必要

失業給付金は次の仕事が見つかるまでの間に、自分の活動資本となるので非常に重要です。

また、実際に仕事についてからも新しい会社で給与を得る間の期間の生活を支えてくれるものとなるので、 しっかり押さえておきましょう。

この失業給付金の申請の際には雇用保険に入っている証明が必要になります。

雇用保険に入っている方には証明書が作成され、それを雇用保険被保険者証と呼びます。

ただしこれは通常企業が保存しており、退職して初めてみなさんに渡されるものとなります。

そのため、退職してから渡されて「え、なにこれ?」とならないように気をつけましょう。

今回は雇用保険にフォーカスを当てた記事なので割愛しますが、失業給付金については下の記事で詳しく書いています!

転職先の企業へ提出するために必要

この雇用保険被保険証ですが、そもそもはハローワークから発行されております。

そのため、新しく転職が決まった企業についてもハローワークでの手続きが必要になります。

転職のタイミングで新しい企業からハローワークに申請をしてもらうために、雇用保険被保険証を提出しなければいけません。
もちろん、転職活動中は無くさないようにきちんと管理しましょう。


以上のことから、転職に関しては

  • 失業給付金の申請のために必要
  • 転職先企業に提出のために必要

です。

今準備しておくとお得なこと

転職活動をする前、今準備しておくと良いことはなんなのでしょうか。

転職活動をスムーズに進めるために、まずは

今自分が勤めている会社では雇用保険についてどういう風に扱っているか

を 調査するのが良いでしょう。

基本的な雇用保険の情報は上記にある通りですが、自分の会社はどこでどのように管理しているということがおそらく 社内規定で定められているはずなので確認しておいて損はありません。

また、確認するにしても社内ポータルサイトなどがあれば簡単ですが、そうじゃない場合情報の収集に時間がかかることが予想されます。

そのような事態も見越して早めに行動しておくと良いでしょう。

まとめ

今回の記事では雇用保険についてまとめました。 何度か失業給付金というワードが記事内に出ましたが、セットで把握しておくとよいでしょう。

また、失業給付金に焦点をあてて転職活動におけるフローの説明は下記の失業給付金の記事でしていますので、ぜひ参考にしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました