転職活動を始めるタイミングは?退職後に行うべき3つの理由

スポンサーリンク
転職悩み

こんにちは。

今回の記事のテーマは “退職をしてから転職活動を行うべきなのか?”です。

「転職を考えていた方が、いよいよ本格的に行動に移す!」という時について メリット、デメリットをあげながら考えていきたいと思います。

この記事の対象者

  • 退職してから転職活動をするか迷っている。
  • 今の仕事がきつすぎて転職活動と並行は難しいかも。。

という悩みを持った方。

退職してから行うメリット

転職活動に専念することができる

働きながら転職というものは意外と難しいものです。

遠方への面接ですと会社を休んで、面接や試験を受けにいかないといけないですし、仕事が忙しくなる時期は転職のことを考えられなくなる日もあるでしょう。

しかし、退職してからだと転職活動一本に専念することができます

業務と並行していた時の焦りなどの負の感情をなくし、転職に専念することができます。
また、会社のことを考えなくて良いので、面接や試験の日程の調整も比較的スムーズに行うことができます。

業種への視野が広がる

専念することができた結果の副産物と言えますが、スケジュール的に余裕があるため、転職先を検討するために調査するための時間を取りやすくなります。

そのため、情報収拾をより幅広く行うことが可能になり自分の業種以外にも目を向けて検討することができるようになります。

現在の業種と同じ業種への転職を考えている方であっても、今後の人生プランを考える上で一度は知っておいて損はない情報を得られるでしょう。

職場の関係に左右されずに活動できる

最近は転職への世間の目もゆるやかになっていますが、会社の風土によってはまだまだ転職はよしとされていない風潮があります。

あとむ
あとむ

「転職してやっていけるのか?」、「ここで頑張れないのに次では頑張れない」みたいな常套句がありますよね

転職活動をしてるそぶりをわざわざ会社で出す必要はないですが、まわりに転職を考えていることを言いにくい環境で活動を続けていくのは結構大変です。

個人的には、転職活動をしたことがないのに転職のデメリットを言ってくる人なんかもいたりするので、環境が悪いです。

転職活動に集中するためにいっそ環境をガッツリ変えてしまいましょう。

退職してから行うデメリット

タイムリミットができるので焦って転職してしまう可能性がある

退職した段階で、次の転職先が決まるまでの間は貯金を切り崩しながら活動を行う必要があります。 転職活動にかかる期間は一般的に3~6ヶ月と言われております。

つまり転職活動の前提として、その期間を貯金で乗り切るだけの蓄えが必要となります。

ここでかかるお金はざっと以下のようなものがあります。

  • 日々の食事
  • 生活費(家賃、光熱費)
  • 交通費(転職イベント参加の場合、出してもらえる場合もあり)
  • 転職成功後、お給料が入るまでの期間の雑費

転職を早めに成功させようとして焦って転職してしまい、希望した転職の形と異なってしまったという事態になる可能性が出てきます。

貯金額が心もとない場合、業務と並行する負担を覚悟して退職せずに転職活動を行うのが良いでしょう。

また、勤続年数に応じて退職金がある程度出るかと思いますので会社の制度をしっかり事前に調べ計画を立ててから行動する必要があります。

時間管理を自分で行えずだらけてしまう

就業中は必ず朝は出勤時間までには起きるため、ある程度スケジュール管理を会社にされている状況でした。

しかし、退職した時点で朝起きてから夜寝るまでのスケジュール管理を自分で行う必要があります。

転職活動には

  • 転職イベント参加
  • 面接
  • スキルの充実のために勉強会参加 etc..

などやることがたくさんありますが、それらをどれくらい予定として詰め込むかは全て自分の采配になります。

時間管理に自信がある方は問題ないかと思いますが、そうでない方はだらけてしまって「転職活動が進まないのに預金残高だけが減っていく。。。」という状況にならないように気をつける必要があります。

退職せず、今の業務と並行して転職活動を行う場合、企業がある程度時間管理してくれてメリハリをつけることができます。

結局、転職活動は退職してから?

いままで挙げたメリット、デメリットをここで再確認します。

メリット

  • 転職活動に専念できる
  • 業種を幅広く見ることができる(転職情報の調査を時間をとって行える)
  • 職場の関係に左右されずに活動できる

デメリット

  • 金銭的なタイムリミットが生まれる
  • 時間管理を自分で全て行う必要がある

コネがない限り転職活動は情報戦になるので、転職関連情報はなるべく時間をとって、余裕を持って調べられる方が良いです。

これは他業種への転職を考えている方にも重要なことです。

次に、金銭的な話は生活にクリティカルに響くので、転職活動を退職してから行う場合は十分な金銭的な余裕を持って行う必要があると言えます。

以上の内容をまとめると

  • 貯蓄に余裕があり、今の業務が忙しくて転職活動に時間が十分に取れない方
  • 時間管理能力に自信があり、他業種への転職を考えていてスキルを磨こうと考えている方

などが退職してから転職を行う人に向いている条件と言えます!

就職活動を行うタイミングはかなり判断が難しい点かと思いますが、この記事を読んで 判断の参考にしてもらえたら幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました