転職面接での押さえとくべき質問事項

スポンサーリンク
就活準備

こんにちは。

今回の記事のテーマは”転職面接で押さえとく必要がある質問内容”です。
転職の面接に関して対策を進めようとすると、「どんな返答をすれば悪印象にならないのか」ということが気になると思います。

相手の印象を気にするあまり、あなたが伝えたいことを十分に伝えられなかったら非常にもったいないです。

この記事の対象者

  • 転職面接で質問される内容を事前に対策したい
  • どういう回答をすれば相手からの印象を下げずに自分の言いたいことが言えるかわからない

という悩みを持った方

転職面接で準備していく内容は?

転職面接を準備する時に、どんな内容を気にしたら良いのでしょうか?
いろんなパターンが考えられると思いますが、ここでは転職するという前提を考えて、転職者ならではの回答に困る可能性がある事項についてまとめていきたいと思います。

マネジメント経験に関する質問

第二新卒の方の面接ではあまりないかもしれませんが、ある程度年齢を重ねるとマネジメント経験についての質問を聞かれることが考えられます。 実際にマネジメント経験を前職で積んでいるかに限らず、聞かれた時のために準備をしておく必要があります。

経験がある方

経験がある場合には、具体的にどういったことができるのか(部下同士の交流を円滑化したなど)を答えられるように過去の経験を見直しておく必要があるでしょう。

返答の際にも自分の経験、ストーリーを交えて自分の主張を補強するのがオススメです。    

経験がない方  

経験があれば答えやすい質問ですが、経験がない場合にはどういうように答えるのが良いのでしょうか。  

まず、役職にはついていないもののマネジメントする側の方の補佐をした経験があればそれをアピールしましょう。その際に自分がどう立ち回りその結果どんな影響を与えることができたか伝えられると良いですね。

全くない場合には、企業が求める要素を汲み取ってマネジメントをどういうように行えるのか考えておくことで回答するようにしましょう。

退職理由に関する質問

転職活動をしているため、退職理由については企業から見ても非常に重要な要素です。

ここで前職の内容の批判や人物の批判をしてしまうと、「自社でも同じことになるのではないか。。」というように印象は良くありません。 そのため、前職をマイナスにせず転職をプラスの印象で捉えていることを伝えるべきです。  

つまり前職ではできなかった仕事があり、それが転職面接を受けている企業ではできるので転職活動をしているというように伝えると良いです。

仮に企業が倒産したとか自分に関係ない要素での転職だった場合にも、前向きに今までの経験を生かして転職活動をしているというように伝えましょう。

ブランク期間について

前職を辞めてからすぐ転職できる方もいれば、前職を辞めた理由が「体調を壊してしまったから」などでブランク期間をおいた場合、その期間どんなことをしていたか質問されるでしょう。  

ここで「転職活動を続けていたが特定のところに決まらなかった」、「特に理由はないが療養期間としていた」という返事をしてしまうと印象が悪くなります。

ブランク期間では、「応募企業を受けるためのスキルを磨いていた」、など自己研鑽の期間として当てていたことを説明しましょう。(実際に自己研鑽を行っていることが前提ですが)

こうすることでブランク期間をただ無為に過ごしていたわけではないことを説明できて、面接官から見てもプラスに捉えることができます。

未経験業界に行く場合に、業界研究をしているか

前職での業界と異なる業界で転職活動をしている場合、どれくらいその業界を研究しているか見られます。「〇〇業界についてご存知ですか?」などの感じで聞かれた時にどう答えるべきか

ここでよくないのが「研究自体できていない」という場合です。時間がなく、面接の前に研究できていない場合もあるかと思います。その場合でも「現在ネットや本を使って情報収集をコンスタントに行なっている」という形で返答するべきです。

たとえば資格取得が企業で求められているのであればそれらも勉強中であることを言い含めればプラスのアピールになります。

まとめ

今回の記事では転職面接で押さえておくべき質問事項についてまとめました。

これ以外にも押さえておくべき質問はあるかと思いますが、転職というわけで前職での活動を踏まえている質問内容を先に押さえていくと良いでしょう。

タイトルとURLをコピーしました