転職面接はスーツがマスト?失敗しない服装選び

スポンサーリンク
面接対策

こんにちは。

今回のテーマは”転職活動の際にどんな服装で行えば良いのか?”についてです。

面接の場面ではなるべく自分の魅力を相手に伝えたいですよね?

そのために自己PRや自分の経歴を魅力的に伝える努力をみなさん行うと思いますが、服装のことも非常に重要です。

面接官があなたがどんな人なのか、第一印象を決定づけるのは服装です。準備不足で不必要なマイナス評価を受けないように気をつけましょう。

この記事の対象者

  • 転職の面接が控えているが、どんな服装で行けば良いのかわからない。。
  • スーツで面接をうける予定だが、服装マナーに不安がある。。

といった悩みを抱えている方。

そもそも何着ていくと良い?

面接での服装は履歴書を除くと面接官への第一印象です。

そのため、服装に手を抜くことは面接の出来不出来を大きく左右する要素だと言えるでしょう。

新卒で面接を受ける際にはスーツでの面接をみなさん経験したと思いますが、 転職での面接に関しても同じようにスーツが基本的な服装になります。

面接でスーツを着用する際のマナーについて

面接でスーツを着る際には、相手からの印象を考慮していくつかの注意点があります。

清潔感を持つ

相手からの好印象を得るためには清潔感のある服装である必要があります。

これは言わずもがなですが、「服にシワがついたまま」、「ネクタイが緩んだまま」など目に見える形で スーツの形が悪ければ相手から見ると「この人はだらしないな」と思われてしまいます。

面接の際には以下の点に気をつけておくと良いでしょう。(特に簡単に直せる点を列挙しています)

  • ネクタイがきちんとしまっているか
  • シャツはアイロンがかけられているか
  • ジャケットのポケットが片方だけ中に入っていないか
  • ジャケットのボタンが取れていないか
  • パンツの折れ目がなくなっていないか
  • 靴がよく磨かれているか

TPOをわきまえたスーツを着用する

スーツといってもジャケットの形やタックなどで様々な種類があります。 ビジネスマナーを守って選ぶようにしましょう。

男性の場合

  • ジャケット:レギュラーカットを選択
  • シャツ:白、淡い色でレギュラーカラーをおすすめします。(ボタンダウンはNG)
  • パンツ:上下で色を揃える
  • ネクタイ:無地、シンプルな柄のものを選ぶ
  • 靴:革靴。よく手入れをしておきましょう。(東急ハンズなどで2000円前後でケア商品が一色手に入ります。)

女性の場合

  • ジャケット:女性の場合カラー、スタイル共に選択肢が多くありますが転職面接に関して言えばジャケット着用が安心です。 その際、スカートタイプにするかパンツタイプにするかあると思いますが、こちらはどちらでも問題ありません。
  • シャツ:男性と同じく白か淡い色で、ボタンを外した時に胸元が開き過ぎないものがベター
  • ストッキング・タイツ:ナチュラルタイツをおすすめします。

共通

  • カバン:床に置いた時に自立するものを選択。新卒面接の時にも同様のことを注意していたかと思います。
  • 時計:デジタルは避けた方が良いかと思います。スマートウォッチも認知度は上がってきていますが、使わない方が無難です。(IT系なら話題作りになる可能性もありそうですが。。。)
  • メガネ:ブルーライトカットは使わない方が無難です。また、フレームも細身でメタルの方がビジネスシーンには適しています。

カジュアルな服装でOKです。ほんと?

転職面接に限った話ではないですが、面接時の服装について企業側からカジュアルな服装でOKと言われる場合があります。

この場合スーツを着ていくのかどうか、面接を受ける側からすれば非常に迷うところですが、いわゆるビジネスカジュアルの服装をしていけば問題ないでしょう。

ジャケット、パンツを着用し靴も革靴などでコーディネートしておけば無難です。

また、企業の方とすでに前職の関係で面識があれば、前もって聞いてしまうのも手でしょう。

リクルートスーツは避ける?

転職時に関しては、リクルートスーツは避けた方が良いとされております。 理由ですが、リクルートスーツは新卒採用での定番であるため、どうしても印象としては 「フレッシュだが頼りない」と言う印象を与えてしまうからです。

新卒での就職以降、普段の業務でスーツを着用しなかったと言う方でしたら、リクルートスーツしか持っていない可能性も高いので新しく買う必要が出てくるでしょう。

その場合にお勧めするスーツですが、グレーやネイビー(紺)のものを選ぶと良いでしょう。

この二色は特に定番のものになりますので、面接で少なくともマイナスの印象を与えることは避けられます。

また、リクルートスーツのように黒一色ではないので、その点でも安心です。

まとめ

今回の記事では転職面接の際にどんな服装をしていけば良いのかと言う点についてまとめました。

ぜひ面接の前にこれらの情報を参照して、面接官に良い第一印象をつけてください。

タイトルとURLをコピーしました