金融業界への転職に望ましい資格やスキルは?

スポンサーリンク
スキル関連

こんにちは。

今回の記事のテーマは”金融業界への転職に必要なスキル、資格とは?”です。

金融業界へ転職をしたいという風に考えても、どんな資格が必要かわからないという疑問があルカと思います。

転職活動をしていると、資格を習得する時間がないのではと考える方もいるでしょう。

今回は、金融業界への転職に望ましい資格、取得方法、勉強時間の確保、この3点を中心に書きます

この記事の対象者

  • 金融業界に転職するための資格について知りたい
  • 転職先として金融業界に興味があるが、今の仕事が全く金融業界ではない

といった悩みを持った方。

金融業界への転職に望ましい資格

ここでは、特に持っていると望ましい資格を、2つ紹介します。

1つ目は、「証券外務員」です。

「証券外務員」とは、金融機関で金融商品の取引を行うために、必要な資格です。

金融商品とは、預金、株式、保険、などのことです。そのため、これらの金融商品を取り扱う、銀行、証券会社、保険会社に転職する際は、必須といえます。また、外務員(いわゆる営業マン)の仕事をするにも必要です。金融庁に「証券外務員」として登録するための条件であるからです。

この資格がないと、営業活動や、商品説明を行うことができません。「証券外務員」は、金融業界で使う商品を取り扱うため、その商品を普及させるために必要な資格といえます。以上のことから「証券外務員」は、金融業界へ転職するなら、持っていなければいけない、資格と言われています。

金融業界の会社では、取得が義務付けられているところもあります。転職してからでも取得は可能ですが、持っているべき資格であるので、先に取っておきましょう。金融業界へ転職すると決めたのであればこの資格から取ることを、おすすめします。

2つ目は、「日商簿記検定」です。

「日商簿記検定」とは企業の経営活動を記録、計算、整理して、経営成績と財政状態を明らかにする技能を、測る試験です。企業の経理、財務部門で働くための基礎知識を証明するために、役立つ資格です。金融業界に転職する際、多くの企業へ自分の能力を証明できます。

「日商簿記検定」は、知名度があるため、実力の証明に役立つ資格といえます。転職する際の大きなアピールポイントになるので、必要な資格です。この検定で身につく能力は、企業の経営成績、財政状態を見抜く力です。この能力は、金融業界の業務に直結するので、取得すべき資格です。多くの分野で役立つ資格ですので、とりあえず「日商簿記検定」の勉強をするというのもよいと思います。

2つの資格の取得方法まとめ!

証券外務員」については、難易度はそこまで高くありません。1種と2種がありますが、

金融業界に転職して上を目指すのであれば、1種を取得するようにしましょう。まずは、「証券外務員」のテキストを、買うようにしましょう。テキストは、自分が見やすいと思ったものが良いです。範囲は広いですが、配点には偏りがあります。

最短で合格を目指すのであれば、配点の高い分野の問題演習を重点的にやるのが良いです。しかし、スキルとして身に着けるのであれば、しっかりテキストを読んで、問題を解きましょう。また、試験時間は、160分ですが、時間には余裕があります。落ち着いて解きましょう。ネットに模試があるので、それを必ず試験前に受けるようにしましょう。本番の緊張感にも対応できると思います。

やはり、問題に慣れることが重要です。勉強法はこのような形で問題ないと思います。

「日商簿記検定」については、初級、3級、2級、1級があります。履歴書などに書きアピールするには、2級より上が望ましいです。2級を持っていれば問題ないので、2級の取得の仕方について書きます。

2級は、商業簿記、工業簿記の2つがあります。

試験時間は、120分です。2つの簿記を1つの試験で行うので難しいです。また、解答が終わるのも、試験時間ギリギリになることが多いです。時間はあまりないので、早く解くことが求められます。

そのため、問題演習は数多くやるようにしましょう。過去問題集や、練習問題集を解けるだけ、解くようにしましょう。テキストは、バイブルとなるものを、1冊買えば十分です。内容を理解したら、とにかく問題演習です。簿記はなれることが大切です。また、電卓を打つ練習もしたほうが良いです。試験時間に余裕がないので、電卓を打つスピードも、求められます。

問題演習をしながらキーを見ないで電卓を打てるようにしましょう。問題演習をある程度こなせるようになったら、模試や過去問を解きましょう。これもとにかく数をこなしましょう。

テキストをインプット、問題集でその知識をアウトプット、これを繰り返し行います。模試で本番をイメージしましょう。解くスピードも、問題をこなすうちに上がります。

忙しい中で勉強時間を確保するポイント5選

  • 朝1時間早く出社する。

これは、通勤ラッシュも回避できて朝の時間を、有効に使えるのでおすすめです。私も早く学校に行き勉強をしていました。朝着いてから、すぐは集中力もあるので勉強もはかどります。

また、いつもと違う時間に出社すると新たな発見もあるかもしれません。

  • アプリを活用する

今の時代、資格取得のためのアプリは、たくさんあります。通勤時間にアプリを開くだけで、勉強ができます。

ゲーム感覚で勉強できるので、気分転換にもなります。いつもの勉強が集中できないときは、試してみましょう。

  • 夜寝る前 30分の有効活用

寝る前は、スマホを見ているという人が多いと思います。しかし、スマホは次々と話題を提供してくれるので、時間が過ぎてしまいます。その寝る前の時間を有効に使いましょう。

  • お昼休みに、勉強する。

お昼ご飯を食べた後に勉強すると、午後の仕事へ集中できると思います。また、眠くならないようにお昼ご飯を食べるようになるので、規則正しい生活ができます。

  • 休日に図書館に行く

休日図書館の開館時刻に合わせていくようにしましょう。休みの日も早起きの習慣が身に付きます。とても集中できる場所です。新たな本にも出会えるので、行ってみてはいかがですか。

まとめ

今回は金融業界に勤めるときに必要な資格やスキルについて情報をまとめました。

金融業界への転職を考えている方は情報集めの足がかりとして見ていただけると良いかと思います!

タイトルとURLをコピーしました