SIerに転職!メリットは?

スポンサーリンク
Sier転職とメリットスキル関連

今回のテーマはSIerへの転職です。

転職先の業種としてSIerというのは魅力的な選択かと思います。

今回はSIerとして転職するときのメリットや、向いている人について紹介していきたいと思います。

また、そもそもSIerという業種自体、聞いたこともないという方もいるかもしれません。

今回は今までSIerという言葉を聞いたことがなかった方にもわかりやすい説明でSIerの良いところ、辛いところについてお話ししていきます。

この記事でわかること

  • 簡単にいうとSIerってなに?
  • SIer業界の雰囲気
  • SIer入って得すること

SIerとは?

まずは用語の説明からしていきます!

SIerとは、簡単にいうと「システム構築や導入などを仕事にする会社」です。

詳細にいうと、企業が困っている問題を究明し、それを解決するシステムを提案、構築、導入する仕事をします。

イメージとしては下の絵のような感じになります。

SIerは自社で開発する場合もありますが、大きな会社になってくるとお客様との要件定義の窓口という性格が強くなります。

こういう場合、お客様の要望は大元のSIerが聞いてソリューションを提案し、実際に作業するのは下請けの企業になるという場合があります。

これをSIerのピラミッド構造と言います。

実際の開発はプログラミング開発担当の会社におろしたり、お客様の要望が既存のツールをチューニングするだけで満たせそうならソフトウェアの会社におろしたり。。というようになっております。

ちなみにSIerはSystem Integratorの略です。直訳するとシステムの統合という意味があります。

SIerという用語自体はIT界隈だとよく言われるますが、一般的にはSI企業などと呼ばれることが多いかと思います。

SIer業界で特徴的なのは企業間でも、作業内容にしたがってピラミッド構造になっていることがあげられます。

ここで、後の説明のためにシステム構築の流れをシンプルに説明します。

SIer業界のピラミッド構造

システム構築は

(上流)要件定義→設計→プログラミング作業(下流)

という形になっています。

要件定義

企業の要望

現状、紙でやり取りしている作業があるが、業務効率化のためにタブレットで操作できるようにしたい!
というような要望を持つ

その要件に対して、SIerはソリューションを提案、改善できるポイントとその対価を企業と交渉していく。

設計

どんなプログラミング言語で実装、サーバの規模はどのくらいか(ハードウェア)、ミドルウェアは何を使うか。。などを検討

プログラミング作業

手を動かして実際に実装をする。

デバッグしたり、テストをして要件を満たしたプログラムができているか検査する。

納品

できたシステムを依頼主の会社に納品します。

この上流過程である要件定義を担当するのが「大手SIer」で、そのあとの作業を「中堅のSIer」→「より規模が小さめのSIer」というように下請け構造になっています。

SIerの仕事内容についてイメージがついたでしょうか?

SIerに勤めると得するポイント

ここからはSIerに勤めて得するポイントについてお話ししていきたいと思います。

複数のプロジェクトに関われるチャンスがある!

システムの構築をするためにプロジェクトという単位で仕事を管理します。

一つプロジェクトが終わればまたあたらしい要件、要望のシステム構築のプロジェクトに配属されます。

プロジェクトごとに求められる内容が違うので、向学心のある方やIT技術が好きな方はたくさん経験を積める点が良いと言えるでしょう。

未経験でも入社することができる

SIer以外でプログラミングをやる場合、例えば自社開発などが挙げられます。

自社開発をしている企業の場合には、すでにプログラミングスキルを持っていることを前提として転職面接がされるのでそもそも敷居が高いです。

反対にSIer企業だと未経験者のための研修が用意されていたり、大手だと頻繁に勉強会を開くような土壌が出来上がっていたりと

未経験でも入って頑張りさえすればなんとかなるかも。。

という環境になっていることが多いです。

福利厚生に力が入っていることが多い

IT業界全体としての特徴ですが、かつてはブラック企業と言っていいくらい残業や仕事の量が多かったという傾向があります。

これは日本がITに力をいれていて、”IT技術はとてもお金になった”という背景がありますが、その反動で今は労働状況の改善に取り組む会社が比較的多いです。

例えば有給取得率をあげる、残業時間を減らすなどはいろんな会社で行われているでしょう。

そのため、昔のIT業界を知っていて気が引けていた方も、調べてみると福利厚生が意外と充実しているということに気づくかと思います。(もちろん企業間の差はあります)

SIerに勤めるに当たって気をつけたいところ

次はSIerに転職する際に気をつけたいところをまとめていきたいと思います。

システム開発工程で仕事の内容がガラッと変わる

システム開発、導入がメインの仕事であることは理解していただけたかと思いますが、SIer業界は入る企業の規模によってほとんど仕事が決まっているという特徴があります。

ピラミッド構造であるという特徴のため、すべての工程をやっている企業はあまりありません。

そのため、例えば「プログラミングスキルを使えるところに転職したい」と思ってSIer企業に転職するとしても、

大手に勤めてしまうとプログラムを書くより、要件定義やお客様の業務分析のために会議をすることが多くなることが予想できます。

また、「自分のプログラムが人の役にたつ」という実感が湧きにくいということもあるでしょう。

このように自分のしたい仕事とミスマッチしてしまうとまた転職をする羽目になるかもしれません。

まとめ

今回はSIer企業に勤めるということのメリットとデメリットについて説明しました。

新しい技術が生まれるたびにそれを利用したシステム構築が求められるため、業界全体としてはこれからも長く続くものだと言えるでしょう。

パソコンとか苦手だし。。という方でも営業として要件定義をするという働き方もあるので、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか?

こちらではIT特化の転職支援サービスとしてレバテックをオススメしております。

求人情報の紹介や、履歴書の添削、給与交渉などの基本的なことはもちろん、

キャリアアドバイザーの方は技術的なワードにも対応できるため、あなたの技術力を正しく見積もって転職支援をしてくれます。

【レバテックキャリア】

IT関連の転職を検討している方はぜひ登録してみてください!

タイトルとURLをコピーしました