WebデザイナーならMac/Windows、おすすめはどっち?

スポンサーリンク
Webデザイナー

特別定額給付金で出る10万円の使い道をパソコンなどの設備に投資する人も多いでしょう。

とまあ、現在の時勢に関わらずWebデザイナーへの転職を考えた時に自分の持っているPC設備だと不安だから買い替えを検討するかと思います。

そんなときに

MacとWindowsってどっちがいいの?

と悩むのではないでしょうか。

今回の記事ではその両者のいい点と悪い点をくっきり説明していきます。

ちなみに、僕はごりごりにMac派です。

Mac/Windowそれぞれの特徴

そもそもMacとかWindowsというのは製品の名前というより、OSの違いで認識した方が読みやすいかもしれません。

OSとはOperating Systemの略で、ざっくりいうとシステムと人間が触るハードの部分の仲介をしている存在です。
それぞれMacOSとWindowsOSで違いがあります。

まずはMacの特徴から見ていきましょう。

Macの特徴

MacOSはUnixというシステムをベースに開発されています。

そのため、Unixで利用可能なコマンドはMacでも使うことができます。
サーバは基本的にUnix系なのでMacを普段から開発に使う人からするとサーバに接続した時も特に気を使うことなくシームレスに作業を続行することができます。

ついでに言うと標準でいくつかプログラミング言語の開発環境があるのでそういった点でも優秀です。

iPhoneのアプリを開発できます。

iPhoneアプリの開発に携わることもあるでしょう。実はiPhoneのアプリはMacじゃないとリリースができません。

また、開発の際にもXCodeというMacで利用可能なアプリがデファクトスタンダードになっています。

Macのみ動くアプリがある

MacでもWindowsでもLinuxでも。。というようにいろんなプラットフォームで動く仕様をクロスプラットフォームと言いますが、Macでのみ動くアプリケーションというのもあります。

MacはAppleのブランドが詰まっています。

スタイリッシュなデザイン、Appleの製品に対する姿勢がすぐ反映される(そのせいでキーボードが問題になってましたけど)、美しいディスプレイなどなど自分の仕事のモチベーションをあげるのに一役買ってくれます。

また、トラックパッドが非常に優秀です。

Windowsの特徴

Windowsはシェア率が高いという特徴があります。

ほとんどの企業のメインPCはWindowsだと思います。そのせいでメール、ビジネス文書などは基本的にMicrosoftのソフトで統一されているという状態でしょう。

Macで圧縮した書類をWindowsで普通に解凍すると文字化けしますが、仕事相手から送られてくる文書が毎回文字化けしてたらめちゃくちゃ迷惑ですよね。

これはWindowsを利用するメリットです。

Windowsは拡張性が高いという特徴があります。

WindowsのPCはいろんな会社で販売されているでしょう。そのため、Lenovo、Dynabook、Surfaceシリーズ、などの製品どれを買っても中身はWindows10ですよね。

つまりUSB端子やメモリの増設など拡張する余地が広いという特徴があります。

結局どちらがおすすめ?

さて、ここまであげたそれぞれのOSの特徴からメリット・デメリットをあげると以下のようになります。
上記で述べていない金額的な面なども追記しました。

Mac OS

メリットデメリット
・Unixベースなのでプログラミング、サーバ操作に親和性○
・iPhoneアプリの開発の時に楽
・Windowsがシェア大きいためクライアントとのやりとりがスムーズにいかない場面も。
・Windowsに比べると高い。

Windows

メリットデメリット
・拡張性高く、周辺機器も豊富
・基本Macより安い
・見やすいヒラギノフォントがない。
・コマンドがUnixと違うので別々に覚えないといけない。

という具合です。

結論を言うと上記のまとめから見るとMac(or Windows)でなければならない、ということはないのでどちらがお勧めとも言いにくいです。

そこで僕の意見100%で結論を述べますがMacがいいです。

標準的な目線からのMacのメリットデメリットは上で述べましたが、他に以下の点でWindowsよりMacが使いやすい点があります。

  • Macはターミナルが使いやすい→Windowsはコマンドプロンプトが使いにくい
  • デフォルトの文字コードの差でアプリデプロイ後にトラブルが起きたりする

Windowsのコマンドプロンプトはとにかく使いにくいです。
一応ターミナルアプリを使わなくてもSDKを使ったりするのであんまり気にしないかもしれませんが、新しい技術を自分の環境で試す時にUnix系コマンドを使えるMacは非常に便利です。(Windowsの場合には仮想環境を作らないといけないので面倒です。)

二つ目の文字コードの話ですが、Windowsで開発したプログラムをLinuxサーバ内で計算させようとした時改行コードが違うせいで正常にプログラムが動かなかったことがあります。

これ自体はもっとスマートな解決方法があり横着した自分が悪いのですが、開発環境のOSがWindowsとUnixを行き来するのはトラブルの元です。特に未経験から始める場合には何が問題なのかわかりにくいことが多いのでキツイ戦いになるでしょう。

まとめ

個人的な目線だとWebデザイナーとして活動するにはMacをお勧めします。

ただし、上記で述べたようにWindowsの方がクライアントとのデータのやりとりがスムーズだったりメリットも多いためご自分でしっかりメリットとデメリットを確認してから購入するのがいいでしょう。

設備に投資するのは非常に重要なことなのでしっかり考えて悔いのない設備投資をしましょう!!

タイトルとURLをコピーしました