Webデザイナーの仕事はなくなる?これからの展開は?

スポンサーリンク
Webディレクター

今回は若干衝撃的なタイトルですね。

転職活動をしていて情報収集をしていると、「Webデザイナーとしての仕事が今後必要なくなるんじゃないか」というデータをみたこともある人が多いかもしれません。

Webデザイナーとしての仕事はデザインに関するお仕事ですので、クリエイティブな面が大きい印象が強いと思います。

クリエイティブな仕事のWebデザイナーがなくなると言われる理由はなんなのか?

そのお話をまとめていきます

Webデザイナーの仕事がなくなる?

Webデザイナーの仕事というと、前述の通りクリエイティブな面の印象が強いと思います。

例えば、Webページのコーディングや配色の設定などは実装する人のセンスがクオリティに関わってくるでしょう。

ではどういった要因がWebデザイナーの仕事を減らしていくのでしょう。

AIの進出

実装の根本となるコーディングは個々のデザイナーの差が出るものとはいえ、ある種テンプレートとしてみることができるものです。

AIが発達することでこういったテンプレ式の作業はどんどん人からAIに代わっていきます
もちろん人間がしなくてもいいような仕事の代替としてAIがいるので、こういった進歩は望ましいのですがWebデザイナーとして仕事が取られていく可能性があるのも事実です

ちなみにWixが提供しているADI(Artificial Design Intelligence)は質問にしたがって嗜好性を伝えることで好みのWebページをリコメンドしてくれるAIです。

これは一面ですが、そういった面から今後AIにWebデザイナーの仕事は変わられるのではないかという懸念があります。

無料コンテンツの充実

上でも書いているWixなどは無料で利用が可能です。

企業レベルのWebコンテンツが必要な場合は話は変わってきますがそれ以外のレベルになると無料コンテンツでも簡単にWebサイトをカッコよく作ることが可能です。

そのため、Webページ作成コンテンツが充実していくにつれてWebデザイナーの求人案件が減っていくことも考えられます。

生き延びるためには?

AIが出てきたり、高性能なテンプレートが今後も出てくるような社会で生き延びるためにはどんな対策ができるでしょう?

AIにとって変わられない個性を持つ

AIは今後ほとんどの単純作業やテンプレート化できる作業を取って代わる存在になるでしょう。

紙でWebサイトの設計を描くだけでWebページのHTML, CSSなどを一からコーディングしてくれるAIも出てくることが予想されます。(僕が調査できていないだけですでにあるかもしれませんが)

そのような未来がきた時、Webデザイナーの実力としてAIに代わられないスキルはデザインそのものになってくると言えます。

日々よくできたポートフォリオやWebデザインを観察し、自分のデザインに取り込むことができないか勉強をしましょう。プログラミングスキルを持っていることを前提として、デザインスキルを磨いていくことが必要になるでしょう。

キャリア展開を早めに描いて実績を積む

他の展開としては、Webデザイナーとしての活動を進めていく過程で自分のキャリア展開を描いておきそれにそってキャリアアップをしていくというのがあります。

Webデザイナーとしてのキャリア展開としてはWebディレクター、UX/UIエンジニア、サーバサイドエンジニアなどがあります。

Webディレクター

Webコンテンツ制作全体の監督を行う立場。
コーダーやWebデザイナーなどをまとめてクライアントの要件を満たすコンテンツ作成の指揮を行う。

UI/UXエンジニア

UI/UXの知識を持ち、Webコンテンツがユーザにとって使い心地の良い物になるようにする役割。

マーケティングやサイト解析の知識が必要になる。

サーバサイドエンジニア

Webデザイナーが主に関係するのはユーザが直接目にするフロントエンドです。
ユーザがインプットした内容の処理を行うのはサーバサイドになります。(簡単な処理はjavascriptで実装している場合もよくあります。住み分けはチキンとされています。)

こちらの知識をつけることで、サーバサイドエンジニアとして活躍していく未来もあります。


これらの展開を見越して、いろんな分野に横断的に技術情報を得る努力が必要です。

たとえば、未経験からwebデザイナーとして働く展望を持っている方なら、まずはWebデザイン技術の習得が必要です。

学習と合わせてどういったUIだと使いやすいのかということを日頃から目を光らせておくなどの努力をしましょう。
Webデザインのオンラインスクールなどに登録するならそのUIのいい点を探して勉強すると効率がいいですね。

横断的に情報を得るには

横断的にIT関連情報を得るためには上で述べたような日頃からの努力は必須なのですが、より効率的にはオンラインスクールで学ぶことができます。

オンラインスクールではWebデザイン関連の技術を学ぶことができますが、それ以外にも様々な学習コンテンツがあります。

ここではUdemyをお勧めします。

Udemyのメリット

オンラインスクールはいろいろな種類があるものの、Udemyは特に多岐に学習コンテンツのカテゴリが存在します。

また、コンテンツも欲しい知識に関して買い切りで購入できるので使いやすいです。
その他の詳しいメリットに関してはこちらの記事でまとめているので確認してください。

まとめ

今回はWebデザイナーの仕事がなくなるのか?という点についてまとめました。

Webデザイナーの仕事がなくなる、ということはないですが、今後質の良いコンテンツが埋めるWebデザイナーが生き残るというのは確実です。

  • AIにとって代わられない個性を持つ
  • キャリア展開を描いて早めにキャリアアップをする

ということをしっかり考えておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました