Webデザイナーの就職先ってどこ?

スポンサーリンク
Webデザイナー

Webデザイナーの方は実際どんな業界で活躍するのでしょうか?

現在、ほとんど全ての会社で自社Webページは持っているような時代ですし、もはやどの業界どの企業でもWeb技術は必須のものとなっております。

そのため、一口にWebデザイナーとして転職とは言ってもいろんな業界にニーズがあり、探してみると思いもよらないところから求人が出ていたりするものです。

「へー、こんなところから求人出ているんだ」では進歩がないので、どんな求人だったらどんな仕事をすることになるのか、ある程度想像できると良いです。

この記事では一般的な就職先とその特徴についてまとめています。

Webデザイナーの就職先

ざっくり分類するとWebデザイナーとしての就職先は以下に分類されます。

  • Web制作会社
  • Webサービス会社
  • 一般の企業
  • フリーランス(求人とは違いますが働き方として載せてます)

Web制作会社

Web制作会社とはお客さんからサイト制作を請負い、その更新管理を行う会社です。

具体的には株式会社LIG(東京台東区に本社を構える)やチームラボ株式会社などがあります。

個人的にLIGさんのページにはPythonのプログラミングの記事でたくさんお世話になってるのでいい印象が強いです笑

Web制作を専門に行っているため、たくさん案件をこなして自分の経験値を上げることもできる可能性があります。
(企業に勉強させてもらおうというスタンスはダメですよ!!あくまで自分の学んだことを実践するという意味です。)

Web制作会社にも個々に得意分野があるため、転職を検討している方は特徴をきちんと把握して自分の活躍したい分野で活動できそうか考える必要があります。

Webサービス業界

こちらは自分でサービスを作って提供する会社です。

具体的にはAmazon Japanや楽天などの会社が当たります。

大手であれば自社で持つサービスの幅も広いですし、業務内容としてもWebデザインに限らず様々な経験を積むことができるでしょう。

Webアプリケーション、スマホ向けアプリ作成の仕事などにも携われる場合もあります。

上記のような大手企業から、少人数で運営しているスタートアップまで幅広く多数の会社があるのも特徴です。

一般企業

一般企業にも自社のWebページ作成を外部に委託せずに、社内でデザイナーやエンジニアを抱えて制作チームを作っている場合があります。

一般企業になるといろんな業界の制作に携わることができます

また、Webデザイナーとして活動するためにも専任ではない可能性がでてくるので、その場合はフロントエンド以外(サーバー、デザインに直接関係しない箇所のプログラムの動作に対する理解、etc.)の知識が必要になります。

フリーランス

転職でWeb制作関連の会社に入らずにいきなりフリーランスになることもできます。

この場合、スキルを広範囲に持っていないと仕事を受注しにくくなるため、広範囲に勉強して実績を自分で積んでいく必要があります。

自分でしっかりと実力を持っていれば、場所や時間を問わずに働くことができるというのが非常に魅力的な部分です。

実績のない最初のうちは仕事の受注ができないため、収入が不安定になる可能性が高いという不安点はあります。

Webデザイナーの就職先の見つけ方

求人サイト

Webデザイナーの求人が多く載っているサイトがあるので、一般的な大手の求人に加えて注目すべき求人サイトがあります。

Webデザイナーの求人こちらの記事から確認してもらえるとよいでしょう。

スクールの支援

専門学校に入る、オンラインのプログラミングスクールに入る、などWebデザイナーの技術を身に付けるためにスクールに入ることは非常に有効な手段です。

加えて重要なポイントは

オン(オフ)ラインのスクールでは就職活動を支援してくれるところも多いです。

独自にコネクションがあったり、就職活動を初めてみてつまづいたことを一緒に解消してくれたりといいことづくしです。
積極的に利用していくことで転職活動を有利に進めていきましょう。

タイトルとURLをコピーしました